記念日に花束を贈る人が多いのはなぜ?選び方のコツとは

花のプレゼントは様々なシーンで選ばれていますが、特に記念日には花束を贈る人が多いです。記念日と一言で言っても、結婚記念日や誕生日、開店・開業記念日など種類はいろいろありますよね。大切な人の記念日を祝う時に花束がよく選ばれるのはどうしてなのでしょうか。ここでは、花束が記念日の贈り物として人気を集める理由を探っていきます。

花束の特別感が記念日にぴったり

まず、花束自体を日常的に購入する人はあまりいないですよね。特別なシーンで購入する人がほとんどなのではないでしょうか。それも、自分のためよりも誰かに贈るためということが多いでしょう。このように、花束というアイテムは特別な時にプレゼントするものという認識を多くの人から持たれています。これが、記念日に花束を贈ろうとすることに繋がっているのでしょう。

そして、花束はパッと見た時にとても華やかで、たくさんの花が集まっている姿に豪華さも感じられます。この見た目の美しさもプレゼントにはふさわしく、特に記念日という大切な日を祝う時に活躍します。最近は利便性も高く人気のフラワーアレンジメントの勢いに押されがちな面もありますが、それでもあえて茎を長く残した花束のボリューム感は、記念日を祝うのにふさわしく喜ばれるアイテムと言えるでしょう。

バリエーションの豊富さが魅力

花束を選ぶ時は、花屋の店頭に並んでいるものを選ぶこともできますが、オーダーすることによって、より記念日のプレゼントにぴったりなものを手にすることができます。花一輪から選んで好きなように組み合わせ、その場で作ってもらうことができるからです。中心にしたい花やテーマカラー、雰囲気などを伝えることで、贈る相手に合う世界で一つだけの花束ができるのも大きな魅力ですね。決まったものを購入するのではなく、その人のために作られた花束を贈ることで、より一層特別なプレゼントになるでしょう。

もちろんフラワーアレンジメントも同様にオーダーすることができますが、花束はより手軽に素早く作ってもらうことができます。他のプレゼントと一緒に贈ろうと急に思い立っても、パパッと作ってもらえるので、とても選びやすいですね。

記念日に贈る花の選び方

では、記念日に花束を贈る際にはどのような花を選べばいいのでしょうか。基本的には相手の好きな花や色があれば、それを中心に作るといいでしょう。ただし、花の中には贈り物としてはあまりふさわしくないものもあるので、注意が必要です。花言葉に詳しい相手に贈る場合は、よくない意味の花言葉を持つ花は避けた方がベターでしょう。例えば、バラは赤は情熱や愛という意味の花言葉が有名ですが、同じバラでも黄色は嫉妬という意味になってしまいます。色によって花言葉が異なる花も少なくないので、気を付けて下さい。

ただし、花屋で花束をオーダーする場合は、スタッフに花言葉も踏まえて花を一緒に選んでもらえます。それにあまりよくない花言葉を持つ花も、他の花と一緒に花束にしてしまえば意味合いが薄れるので、心配な人は数種類の花を織り交ぜた花束を選ぶといいでしょう。

まとめ

花束は、記念日という特別な日をより素敵な一日にするアイテムと言えます。受け取った後、花瓶に挿す手間などはありますが、花の扱いに慣れている相手なら、そのひと手間も幸せを感じられるひとときになるでしょう。贈る相手の雰囲気に合わせて花言葉なども意識しながら、ぜひ記念日には花束を贈ってみて下さい。

Related Articles

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

贈る相手を意識して。大切な人に贈る花束の選び方

贈る相手を意識して。大切な人に贈る花束の選び方

どの色をプレゼントする?ガーベラの色別の花言葉と素敵な贈り方

どの色をプレゼントする?ガーベラの色別の花言葉と素敵な贈り方

目次

ショップ掲載について

New Articles

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

東京ミッドタウン日比谷「HIBIYA BLOSSOM 2021」のご紹介<br>2021年3月26日(金) 〜 4月18日(日)

東京ミッドタウン日比谷「HIBIYA BLOSSOM 2021」のご紹介
2021年3月26日(金) 〜 4月18日(日)

【30代女の暮らし】センスがなくてもだいじょうぶ。|暮らしのVlog|

【30代女の暮らし】センスがなくてもだいじょうぶ。|暮らしのVlog|

Populer

1

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

2

知らないと損!チューリップの切り花を長持ちさせるコツとは?

知らないと損!チューリップの切り花を長持ちさせるコツとは?

3

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

4

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

5

花屋での独立開業後の平均年収って一体どれくらい?

花屋での独立開業後の平均年収って一体どれくらい?

6

ポプリとサシェの違いとは?香りを楽しむアイテムの活用法

ポプリとサシェの違いとは?香りを楽しむアイテムの活用法