お祝いにはフラワーアレンジメントを!おすすめの理由とは

フラワーアレンジメントは、花のギフトの定番というくらい、様々なシーンで贈られています。中でも、お祝いのためのギフトとしてふさわしく、迷ったらフラワーアレンジメントを選べば間違いありません。ここでは、そんなフラワーアレンジメントがお祝いのギフトに人気の理由を探っていきましょう。これを読めば、フラワーアレンジメントの魅力を改めて感じられるはずです。

華やかな雰囲気がお祝いにぴったり

フラワーアレンジメントの最大の魅力は、パッと見た時に感じられる華やかさ・花の魅力を最大限に引き出された美しさです。フラワーコーディネーターやフラワーデザイナーの腕の見せ所でもありますが、どの角度から見ても花がきれいに見えるのがフラワーアレンジメントの魅力ですね。何もないところにポンと置いておくだけで、その場がパッと明るくなるような存在感。その華やかさがお祝いという大切なシーンを彩ってくれます。

花を贈る際に気になるのは花言葉ですが、フラワーアレンジメントは様々な花を集めて作られていますので、美しさが際立ち花言葉への懸念も薄れます。大きなものはより豪華に、小さなものは可愛らしく、お祝いする相手によって選べるのも魅力ですね。ギフトとして幅広く活用できるフラワーアレンジメントは、お祝いにも安心して贈ることができるアイテムです。

相手に手間をかけさせない

そして、もう一つ大きな魅力は、受け取った後にそのまま好きな所に置いておくだけで飾れるという手軽さです。とても見栄えのするギフトでありながら、受け取った後がラクというのもフラワーアレンジメントのメリットなのです。同じようにお祝いでよく贈られるものに花束がありますが、こちらは受け取った後花瓶に活ける必要がありますね。茎を短くカットして、しばらくの間水を入れ替える手間も生じます。

花の手入れが好きで扱いに慣れている人なら負担に感じることはないでしょうが、そうでないと煩わしく感じてしまう場合もあるでしょう。そういった意味ではフラワーアレンジメントは、贈る相手を選びません。花の扱いに慣れていなくても、花を楽しめるというのは嬉しいポイントです。

しばらく飾れてお祝いの余韻を楽しめる

季節によりますが、生花で作られたフラワーアレンジメントの場合、3日から1週間ほど飾ってキレイな状態を楽しむことができます。お祝いしてもらったその日だけでなく、しばらくの間余韻を楽しめるのも素敵ですね。また、フラワーアレンジメントには生花だけでなくプリザーブドフラワーで作られたものも多く、お祝いのギフトとしてはこちらを選ぶ人も少なくありません。その場合、水を吹きかけたりする必要もまったくなく、本当にただ置いておくだけで2~3年は楽しめます。その分値は張りますが、お祝いということで特別なギフトとして選ぶのもおすすめですよ。

大切な人への贈り物なので、より長く楽しんでもらえるものを選ぶのもおすすめです。生花のフラワーアレンジメントか、プリザーブドフラワーで作られたものにするか、予算も考慮しながら選んで下さいね。

まとめ

フラワーアレンジメントの魅力は、このように見た目の良さだけでなく利便性もあるというところに気付いていない人も意外と多いものです。花の扱いに慣れていない人は、自分で花を購入することもほとんどないでしょうから、ぜひお祝いでフラワーアレンジメントを贈って負担なく楽しんでもらいましょう。バリエーションも無限のフラワーアレンジメントをぜひ活用して下さいね。

Related Articles

お祝いに花を贈ろう!知っておきたい選び方や渡し方の注意点

お祝いに花を贈ろう!知っておきたい選び方や渡し方の注意点

父の日に贈りたいフラワーギフト!おすすめの花束の選び方

父の日に贈りたいフラワーギフト!おすすめの花束の選び方

育てられる癒しのギフトはいかが?観葉植物の喜ばれる選び方

育てられる癒しのギフトはいかが?観葉植物の喜ばれる選び方

目次

ショップ掲載について

New Articles

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

東京ミッドタウン日比谷「HIBIYA BLOSSOM 2021」のご紹介<br>2021年3月26日(金) 〜 4月18日(日)

東京ミッドタウン日比谷「HIBIYA BLOSSOM 2021」のご紹介
2021年3月26日(金) 〜 4月18日(日)

【30代女の暮らし】センスがなくてもだいじょうぶ。|暮らしのVlog|

【30代女の暮らし】センスがなくてもだいじょうぶ。|暮らしのVlog|

Populer

1

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

2

知らないと損!チューリップの切り花を長持ちさせるコツとは?

知らないと損!チューリップの切り花を長持ちさせるコツとは?

3

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

4

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

5

花屋での独立開業後の平均年収って一体どれくらい?

花屋での独立開業後の平均年収って一体どれくらい?

6

ポプリとサシェの違いとは?香りを楽しむアイテムの活用法

ポプリとサシェの違いとは?香りを楽しむアイテムの活用法