クリスマスプレゼントに素敵な花束を!おすすめの選び方とは

クリスマスに花束をプレゼントしたり、してもらったりした経験がある人は意外にもあまり多くはないようです。でも、クリスマスに花束を贈るのはとても素敵なことですよね。クリスマスプレゼントはずっと残るものだけでなく、期間限定で楽しめる花束がおすすめです。

そこで今回は、クリスマスに花束を贈るべき理由や、クリスマスにぴったりな花束の選び方をご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ

  • クリスマスプレゼントに花束を贈ってみたい!でも選び方がわからない…という方
  • 花束を使ってクリスマスを演出するためのコツを知りたいという方
  • 相手に喜ばれるような花束の贈り方や選び方を押さえて、クリスマスを素敵な一日にしたい方

クリスマスに花束を贈るメリット

クリスマスに花束を贈るメリット
クリスマスは元々キリスト教徒によるヨーロッパの文化でしたが、今や世界中に広がる大イベントとなっていますよね。日本でもクリスマスを楽しみにしている人はとても多く、街も12月に入ればクリスマスツリーやイルミネーションが綺麗に飾られムードが出て盛り上がってきます。普段とは違った特別な雰囲気を感じられる時期ということで、外に出かけて夜景などを楽しむ人も多いですよね。

クリスマスはカップルで過ごすイベントというイメージも強いですが、家族や友人と家でゆっくり楽しむのもいいものです。そんな特別な日・クリスマスに花束を贈ることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

花束はクリスマスを盛り上げ演出するアイテム

花束を贈り贈られる機会というのは、日常生活ではなかなかありません。そのため特別なアイテムというイメージが強く、クリスマスという特別な日に贈ることで相乗効果をもたらすことが考えられます。

どのように花束がクリスマスを盛り上げたり演出したりするのか、もう少し詳しく見ていきましょう。

花束はクリスマスムードを盛り上げる

花束はクリスマスムードを盛り上げる
例えば、クリスマスにホームパーティーに招かれたときの手土産や、家族のために当日仕事帰りなどに買って帰るプレゼントとしても、花束はおすすめです。花があると部屋の中がとても明るくなりますので、テーブルなどに飾るだけで、クリスマスの雰囲気を盛り上げてくれますよ

選び方に関しては後ほど詳しくご紹介しますが、クリスマスらしさを感じられるような花束を飾ると、部屋の中が一気にクリスマスムードになります。

効果的な花束の飾り方

クリスマスムードを盛り上げるには、パーティーの中心となるダイニングテーブルに飾れる花束が理想的。コンパクトでありながら見栄えのするものをサッと生けて飾れば、料理やドリンクの邪魔になりにくくテーブルコーディネートにも違和感なく馴染むでしょう。

花束はロマンチックな雰囲気を演出する

花束はロマンチックな雰囲気を演出する
クリスマスは恋人同士で過ごしたいと思っている方も多いでしょう。その場合は、恋人に花束をプレゼントするのがおすすめです。特に男性から女性に花束を贈ることで、女性は愛情を感じ感激するものです。普段の生活ではなかなか花束をプレゼントされる機会なんてないので、とても喜んでもらえるでしょう。

恋人と過ごすクリスマスというだけでも気分が盛り上がりやすいため、花束を贈ることでさらにロマンチックな雰囲気が演出され忘れられない一日になるに違いありません。恋人から花束をプレゼントされることで、改めて大切にされていると実感できそうですよね。

サプライズプレゼントにも

クリスマスも仕事で忙しい、遠距離恋愛をしているなどの事情がありパートナーと会えない方もいるでしょう。そのような場合は、自宅に花束を届けてくれる通販を活用しサプライズプレゼントを贈るというのも素敵ですよね。離れていても花束を通してロマンチックなクリスマスムードを共有できそうです。

クリスマスプレゼントに素敵な花束を!おすすめの選び方とは

サプライズにもおすすめ!通販で購入できる花束のメリット

プロポーズにもぴったり!

プロポーズにもぴったり!
花束をサプライズのアイテムとして活用するなら、プロポーズにもぴったりですよね。例えば花束に指輪を仕込んで、クリスマスにプロポーズする男性は意外と多いのです。

プロポーズする予定がまだなくても、花束にアクセサリーなど別のプレゼントを隠して贈るなど、遊び心のある使い方をしてみてはいかがでしょう。このように、花束はクリスマスという日をより楽しむために様々な使い方ができるアイテムなのです。

仕込み過ぎには注意!

特にプロポーズは凝ろうと思えばいくらでも凝れてしまいます。でもあまりわかりづらくすると、サプライズが気付かれないまま終わってしまうことも…。花束に何かを仕込む場合も、あまりひねり過ぎずすぐに気付くくらいのわかりやすさを心がけるようにして下さいね。

クリスマスプレゼントに素敵な花束を!おすすめの選び方とは

プレゼントする前に知っておこう!女性に贈る花束の選び方とマナー

クリスマスらしい花束の選び方

クリスマスらしい花束の選び方
では、クリスマスに贈る花束はどのように選べばいいのでしょうか。ここからは上手な花束の選び方についてお伝えしていきます。クリスマスのための花束やブーケを作っている花屋さんもたくさんありますので、12月に入ったら店頭をチェックしてみるといいでしょう。

クリスマスシーズンによく見かけられるような定番の花が使われているもの、クリスマスカラーが入っているものが特に多いですね。また、花だけでなくモミなどの針葉樹や実が使われているものもあります。選び方のポイントについて、詳しく見ていきましょう。

クリスマスの定番の花とは?

クリスマスの定番の花とは?
クリスマスの花といえばポインセチアを思い浮かべる方が多いかもしれません。ですが、ポインセチアは厳密にいうと観葉植物なのです。赤い部分は花ではなく苞と呼ばれるもので、苞に囲まれた中心にある黄色い小さな部分が花なのです。

そもそもポインセチアは花束ではなく鉢植えとして販売されていることが一般的ですね。

クリスマスの花束に使われる定番の花といえば、バラが人気です

クリスマスの花といえば、赤いバラ

特に真っ赤なバラはクリスマスカラーでもありますし「情熱」や「愛情」といった花言葉を持つことから恋人へのプレゼントにもぴったりですね。赤いバラだけで作った花束は、恋人への愛情を伝える定番のプレゼントとなっています。

冬が開花期の切り花はあまり多くはないため、バラの他、通年流通するガーベラやカーネーション、カスミソウなどを組み合わせて華やかな花束に仕上げることが多いです。鉢植えで販売されるクリスマスローズも、上品な雰囲気で人気を集めていますね。

クリスマスカラーを意識する

クリスマスカラーを意識する
花束に使えるようなクリスマスらしい花は、あまり種類が多くはありません。ただし、バラやガーベラは色や形の種類が豊富なため使いやすく、組み合わせ方次第で様々なタイプの花束を作ることが可能です。その中でもクリスマス仕様の花束に仕上げるには、花の種類よりも色にこだわるのがポイント

特にクリスマスカラーである赤・緑・金の3色が入ることにより、ゴージャスでクリスマスらしい雰囲気が出るので意識して選ぶといいですね。

赤い花を中心に葉ものを使う

クリスマスカラーにこだわった花束の選び方は、赤い花を中心に色の濃いグリーンを取り入れると簡単です。他の色を使うとクリスマスカラーの存在感が薄れるため、白以外は避けた方が無難です。金色の花は自然界ではなかなかお目にかかれませんので、金色のリボンやラッピングを使うといいでしょう。

針葉樹や実を取り入れる

針葉樹や実を取り入れる
クリスマスリースにはモミなどの針葉樹や松ぼっくり、姫りんごなどを使います。これは魔除けや豊作祈願の意味が込められているのですが、モミや松ぼっくりが入ると一気にクリスマスらしい雰囲気が出ますよね。

このリースをヒントに、花束にも針葉樹や果実を使うというのもおすすめです。ミニブーケなど丈の短いコンパクトなタイプの花束なら、茎のない果実などもワイヤーなどを使って簡単に挿し込むことができますよ。

金色の松ぼっくりも!?

金色のスプレーで松ぼっくりを着色したものをキッチンブーケなどに使うと、クリスマスカラーが入ってゴージャスな印象に。このような遊び心のある花束も、クリスマスの楽しい雰囲気を盛り上げそうですよね。

ラッピングを工夫すれば様々な花を選べる

ラッピングを工夫すれば様々な花を選べる
花の種類をクリスマスらしいものにこだわるのもいいですが、相手の好きな花をクリスマスカラーのペーパーやリボンで包むだけでも雰囲気が出ます。プレゼントしたい花が特別にある場合は、あえてクリスマスらしさにはこだわらないのもアリではないでしょうか。

プレゼントは相手に喜んでもらえるかどうかが一番大切です。好きな花、喜ばれる花を優先に選び、クリスマスカラーでラッピングするといいでしょう

クリスマスプレゼントに花束を選ぶ際の注意点

クリスマスプレゼントに花束を選ぶ際の注意点
クリスマスムードを盛り上げたりロマンチックな演出をしてくれたりする花束ですが、ただ贈ればいいというわけではありません。選び方や渡し方を間違えると、せっかくのプレゼントが台無しになったり逆効果になってしまったりすることもあるのです。

そうならないためにも、次の2点には気を付けましょう。

花束は生ける必要がある

花束は見栄えもしますし特別感のあるアイテムですが、その一方でデメリットもあります。それは、「そのままでは飾れない」ということ。フラワーアレンジメントなら置くだけで飾れますが、花束は花瓶に生けないとしおれてしまいます。そのため、プレゼントする場合は生ける手間を相手に与えることを考えなければなりません

また、花瓶を持っていない、花の生け方がわからないという人は、花束を受け取った後どう扱えばいいかわからず困ってしまいます。例えばホームパーティーに持参するなら、渡して終わりではなく水切りをして生けるところまで自分で行えるといいかもしれませんね。切らずにそのまま生けて飾れるグラスブーケやキッチンブーケタイプを選ぶのもおすすめです。

サイズやタイミングにも配慮を
大きな花束はサプライズには感動的ですが、もらった後の管理が大変…。特に外出先で渡す場合はコンパクトなものの方がおすすめです。また、自宅で渡す場合は最初にプレゼントして一緒に飾るのがおすすめですが、外出先では持ち運びの負担を与えるため、終盤までは自分で管理しておくといいでしょう。
クリスマスプレゼントに素敵な花束を!おすすめの選び方とは

記念日には花のプレゼントを~彼女を笑顔にするための選び方と渡し方~

まとめ

クリスマスに花束をプレゼントするのはおしゃれなうえ、雰囲気づくりにも役立ちますね。クリスマスのイメージの強い植物やクリスマスカラーを使った花束を選ぶことで、特別なプレゼントになります。

ただし、相手に負担を与えないような選び方や贈り方を心がけることも忘れないようにしたいですね。注意点を踏まえつつ、クリスマスをより楽しむためのアイテムとして、ぜひ花束を活用して下さい。

この記事のまとめ

  • 花束は特別感のあるアイテムで空間を華やかにするため、クリスマスを盛り上げてくれる
  • 定番の赤いバラをはじめ、花材やラッピング材でクリスマスカラーを意識した花束を選ぶのがおすすめ
  • 花束にはお手入れが必要!相手に与える負担を想像し、花束のタイプやサイズの選び方、渡し方を考慮すべき

Related Articles

記念日にお祝いの花を贈るときのマナーとは?知っておきたいポイントをシーン別にご紹介

記念日にお祝いの花を贈るときのマナーとは?知っておきたいポイントをシーン別にご紹介

父の日に贈りたいフラワーギフト!おすすめの花束の選び方

父の日に贈りたいフラワーギフト!おすすめの花束の選び方

育てられる癒しのギフトはいかが?観葉植物の喜ばれる選び方

育てられる癒しのギフトはいかが?観葉植物の喜ばれる選び方

目次

ショップ掲載について

New Articles

暮らしvlog | 花のある暮らし/セリ鍋を作る

暮らしvlog | 花のある暮らし/セリ鍋を作る

仕事にも活かせる!プリザーブドフラワーに関する資格とは?

仕事にも活かせる!プリザーブドフラワーに関する資格とは?

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

Populer

1

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

2

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

3

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

4

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

5

ほんのひと手間で切り花が長持ち!あじさいの基本的なお手入れ方法をご紹介

ほんのひと手間で切り花が長持ち!あじさいの基本的なお手入れ方法をご紹介

6

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方