初心者でも楽しめるハーバリウムの基本の作り方!インテリアやギフトにもおすすめ

お部屋のインテリアフラワーとしても人気の高いハーバリウム。透明感があり色鮮やかなハーバリウムはディスプレイ用としてはもちろん、ちょっとした贈り物としても注目のアイテムですよね。花屋さんや雑貨屋さんなどでもよく見かけるアイテムですが、実は手作りすることも可能です!

そこで今回は、初心者でも簡単にできるハーバリウムの基本の作り方をご紹介します。自分だけのオリジナルのハーバリウムを作ってみたいという方は、ぜひ参考にして下さいね。

この記事はこんな人におすすめ

  • ハーバリウムを手作りしてみたい方
  • ハンドメイドが好きな方
  • 花を使ったアイテムをプレゼントしたい方

ハーバリウムとは?

ハーバリウムとは?
ハーバリウムとは、プリザーブドフラワーやドライフラワーなどを透明な密閉容器の中に入れ、専用のオイルに浸したもののことをいいます

「ハーバリウム(Herbarium)」は、植物学の研究を目的とした「植物標本」や、それぞれの植物を保管する「植物標本室」を指す言葉です。今でこそ鑑賞用として用いられることの多いハーバリウムですが、元々は植物の様々な研究をするために、大量の植物サンプルを貯蔵しておくための空間の名称でもありました。

現在ハーバリウムは、インテリアフラワーの主流アイテムの一つです。美しく視覚的な華やさも持ち合わせたハーバリウムは、ギフトとしても人気を集めていますよ。

ハーバリウムの魅力

ハーバリウムの魅力
ハーバリウムの最大の魅力は、花やグリーンなどの植物の瑞々しさや発色の美しさをそのまま閉じ込めることができ、さらに長い期間楽しむことができるという点ではないでしょうか。普段から花を飾る習慣がない方でも、ハーバリウムであれば切り花のような毎日のお手入れ(水替えなど)が不要なため、気軽に飾れます。好きな場所に置いておくだけで、空間を簡単に彩ることができるのも大きなメリットですね。

ハーバリウムのサイズやボトルデザインも最近では豊富に揃っているので、空間や好みに合わせたハーバリウムを多くの種類の中から選ぶことができます。また、使われる花の色合いによって様々なイメージを作り出すことができるのも、魅力の一つといえるでしょう

オイルがポイント!
ハーバリウムに使用されているオイルは、一般的な油とは異なり透明度や粘度が高いです。
そのため、花をより綺麗に見せてくれるうえ花の位置がずれにくく、それでいて傾けたり優しく揺らしたりすると優雅に花が舞う様子も楽しめます。
また発火もしにくく、化粧品の材料としても使用されるものなので、皮膚などに万が一オイルがついてしまっても安心・安全です。
初心者でも楽しめるハーバリウムの基本の作り方!インテリアやギフトにもおすすめ

花をプレゼントする時の注意点とは?選び方や渡し方のポイント

ハーバリウムに使用される花材はどんなもの?

ハーバリウムに使用される花材はどんなもの?
ハーバリウムはドライフラワーやプリザーブドフラワー、造花などを使用して作ることができます。使用する花材によって仕上がりの雰囲気は大きく変わります。より本物の花らしさを演出したい場合には、ドライフラワーやプリザーブドフラワーを用いたハーバリウムがおすすめです

また、ハーバリウムをギフトにする場合には予算に合わせた花材選びも大切。プリザーブドフラワーなどは本物らしさを演出できる一方で花材自体の価格も高いため、ハーバリウムの価格も上がってきます。予算を抑えたいという場合には、造花を使ったハーバリウムを選ぶのもよいでしょう。

造花を使用したハーバリウムの場合、花材の褪色や劣化などがないため花材自体の「寿命」が存在しません。そのため、ハーバリウムの中でもより長く飾ることが可能になりますよ。また、容器に入れた時に花が崩れにくいというメリットもあります

ハーバリウムに生花は使用できる?

ハーバリウムに生花は使用できる?
ハーバリウムに適している花材は、プリザーブドフラワーやドライフラワーなど水分を抜いて乾燥させた花や、造花に限られます。そのため、水分を含んでいる生花はハーバリウムでは使用することができません。仮にプリザーブドフラワーやドライフラワーであっても、十分に乾燥されていないものや、しけってしまったものを使用するのはNG。カビが発生しやすくなったり腐敗してしまうので、注意しましょう。

ハーバリウムに使用される主な花材

  • プリザーブドフラワー
  • ドライフラワー
  • アーティフィシャルフラワー(造花)

ハーバリウムの作り方

ハーバリウムの作り方
ここからは、ハーバリウムの基本的な作り方についてお伝えしていきましょう。花材などハーバリウムを作るために必要な材料や準備物などもご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。お好みの花材を用いてオリジナルのハーバリウムをぜひ作ってみましょう。

材料

  • 花材(プリザーブドフラワーなどの生花以外のもの)
  • 容器(密閉できるもの)
  • オイル(ハーバリウム専用のもの)
  • ピンセット
  • ハサミ
  • ティッシュペーパー
  • ビニールシート
  • 竹串
  • リボンやタグなどの装飾品

ハーバリウムの作り方

  • STEP. 1

    下準備:容器の準備

     

    容器は事前に煮沸消毒やアルコール消毒をしておきます。

    消毒後は綺麗に拭き上げておくことで、カビ防止につながります。

  • STEP. 2

    下準備:花の配置の検討

     

    ハーバリウムを実際に作る前に、花のレイアウトをある程度考えておきましょう。

  • STEP. 3

    花材をカットする

     

    オイルや花材で汚れやすくなるため、作業する場所にビニールシートを敷きます。

    容器よりも長い花材に関しては、適度な長さになるよう茎をハサミでカットします。

  •                

  • STEP. 4

    花材を容器に配置する

     

    カットした花材をピンセットや竹串を使用して容器内に配置していきます。

    花材が浮いてこないようにするため、瓶いっぱいに花材を詰めるようにすると◎。

    中間部分には、抜け感のある花を詰めると軽やかな印象に仕上がります。

  •                

  • STEP. 5

    オイルを注ぐ

     

    容器内にハーバリウム専用のオイルを注いでいきます。

    オイルは一気に注がずに、ボトルを傾けてゆっくりと注ぐのがポイント。

    オイルは熱で膨張します。ボトル目一杯に注ぐのではなく、ねじり部分よりも下に留めておくようにしましょう。

  •                 

  • STEP. 5

    蓋をする

     

    オイルが漏れないようにしっかりと蓋をして、こぼれたオイルは拭き取ります。

    オイルを入れると気泡が発生するので、5分ほど置いて空気が抜けるのを待つのがポイント。

    空気を抜くことで、仕上がりが綺麗になります。

  •                

  • STEP. 6

    装飾を施す

     

    そのままでもOKですが、ギフトにする場合などはリボンやタグなどを最後につけることで、より素敵な仕上がりになります。

  • STEP. 7

    完成

下記の動画では、ハーバリウムの基本の作り方をご紹介しています。参考にしてみてください。

ハーバリウム作り初心者の方におすすめの花は?

  • 紫陽花・・・オイルに浸すと葉脈が透けて軽やかな印象に
  • かすみ草・・・花も小さく抜け感を演出するのに最適
  • ペッパーベリー・・・実ものはハーバリウムのアクセントに

初心者でも楽しめるハーバリウムの基本の作り方!インテリアやギフトにもおすすめ

今日から花のある暮らしを!ハーバリウムを手作りしてプレゼントしよう

花材が浮かないようにするためのコツはある?

花材が浮かないようにするためのコツはある?
初心者の方がハーバリウムを作る際に悩みがちなことの一つに、「花の浮き」が挙げられます。「ハーバリウムを作っても花が浮いてきてしまい、思っているデザインに仕上げることができない…」と難しさを感じることもありますよね。

花は軽いため、オイルを注ぐとどうしてもそのまま花材が浮き上がってきてしまうのです。しかし、いくつかの工夫を施すことで、花を浮きにくくすることができます。

ここからは、花材を浮かないようにするためのコツをいくつかご紹介していきます。ハーバリウムを手作りする際にはぜひ取り入れてみてくださいね。少しの工夫でハーバリウム作りの失敗を防ぐことができますよ。

容器の形状

容器の形状
まずは、ハーバリウムの容器を選ぶ際に形状に注目してみましょう。ハーバリウム専用の容器は数多く存在しています。丸型、筒状型など様々な形状の容器がありますが、一般的には口が広くて細長い形状のボトルは花材が浮きにくく、初心者の方におすすめだといわれています

細長い形状のボトルは、スタイリッシュな仕上がりになり、いくつかのボトルを並べて飾ればボリューム感を出すことも可能ですよ。

細長ボトルの種類は?

  • 円柱型・・・カーブが付いていることで、瓶がレンズのようになり中の花が膨張して見える
  • 四角柱型・・・オイルを入れても中の花が膨張して見えないため、作りながら仕上がりをイメージしやすい
  • 円錐型・・・カーブが付いているので中の花が膨張して見える。底が広がっているため安定感がある

花材の長さ

花材の長さ
下準備で花材をカットする際には、全ての花材を短くカットしてしまうのではなく、長いサイズのものも1〜2本準備しておくのがよいでしょう。用意した瓶の高さに合わせて、斜めにぴったりと収まるくらいの長さを目安にカットするのがおすすめです。あえて瓶の底に花材をつかせることで、花材の浮き防止にも繋がります。

また、小分けにする場合には、細かくカットしすぎると花材が浮きやすくなってしまいます。塊を残して切り分けるなど、重さを与えた状態でカットしていくのがよいでしょう

ワイヤーを利用する
花材を瓶の長さに合わせてカットするだけでなく、さらに花材の根本をワイヤーなどで結んでおくのもおすすめです。
ワイヤーが重りの役割となり、花の浮きを防いでくれますよ。

花材の押さえとなるものをプラスする

花材の押さえとなるものをプラスする
花材が浮かないようにするためには、花材を入れる順番を意識したり、花の押さえとなるものをプラスすることも大切です。

花材の他に、貝殻や木の実、パワーストーンなどの重さのあるものを取り入れると自然に花材を押さえてくれますよ。また、他の素材をプラスすることで、花材だけでできたものとはまた違った雰囲気のハーバリウムを作ることができますね。

花材以外でおすすめの素材

  • 貝殻
  • 木の実
  • 石(パワーストーンなど)

オイルの注ぎ方

オイルの注ぎ方
ハーバリウムを作る上で、オイルの注ぎ方は実は重要な工程となります。上記でお伝えしたように細長い形状のボトルを使用し、花材を長めにカットして配置をしても、オイルを注いだら花材が浮いてきてしまった…という経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

オイルを注ぐ際には容器を傾けながらゆっくりと注ぐようしましょう。ゆっくりと注ぐことで気泡を最小限に抑えられるだけでなく、花材の位置をある程度維持することもできるからです。花材が動いてしまった際の微調整は、竹串などで行うと作業しやすいですよ

真上から注ぐのはNG
真上から一気にオイルを注ぐと、せっかく配置した花材が動いてしまったり、潰れてしまうのでやめましょう。

材料はどこで手に入れる?

材料はどこで手に入れる?
ハーバリウムをハンドメイドするための材料は、最近では100円ショップでもある程度のものを購入することが可能です。ハーバリウム専用のオイルなども100円ショップで販売しているのでぜひチェックしてみてくださいね

また、資材問屋やハーバリウム用品や花材などを扱う専門の通信販売店などを利用すれば、花材や容器もたくさんの中から選ぶことができ、より本格的なものを作ることができますよ。

おすすめの資材店

作成までの時間は?

作成までの時間は?
ハーバリウムを作ろうとしたときに、実際にかかる時間も気になるところですよね。ハーバリウムの完成までにかかる時間は、およそ1時間ほど。材料を一つひとつ揃えようとすると準備の時間は多少かかりますが、手作りキットなどを使えば準備時間も短縮することができます。

ハーバリウムは、出来上がりはおしゃれで華やかですが、失敗が少なく短時間で作成することができるので、初心者の方でも楽しむことができるハンドメイドです。また、火なども使わず安全に作業できるため、小さなお子様と一緒に親子でハーバリウム作りを楽しむこともできますね。

ハーバリウムをより楽しむ

ハーバリウムをより楽しむ
ハーバリウムは、見た目にも華やかで飾るだけで空間を明るくおしゃれに演出してくれるアイテム。さらに花屋さんや雑貨屋さんなどで購入するだけでなく、ハンドメイドとしても楽しむことができるのも嬉しいですよね。

最近ではさらに発展しており、ボトルに入ったものだけでなく様々なタイプのハーバリウムが多くのシーンで活用されていますよ

容器を変えるだけでイメージが変化

容器を変えるだけでイメージが変化
円柱型や円錐型などの細長い容器に入っているイメージが強いハーバリウムですが、容器のデザインも種類がどんどんと増えてきています。電球形ボトルやキュービック型などボトルデザイン自体も目を惹くものが増えてきているので、ぜひチェックしてみましょう。電球型のボトルは、100円ショップでも購入することができますよ。

初心者の方の場合、まずは細長いデザインのボトルでのハーバリウム作りから始めて、上達してきたら変わったデザインの容器でのハーバリウム作りにも挑戦してみてはいかがですか?

飾る以外の楽しみ方はあるの?

飾る以外の楽しみ方はあるの?
ハーバリウムは飾って楽しむものという印象が強いですが、実はハーバリウムの用途はかなり広がってきています。おすすめはハーバリウムを用いたボールペンなどの文房具。見た目も可愛らしくて、プレゼントにも人気のアイテムです。ご友人と色違いのお揃いなどにしても可愛いですね。

また、ソープディスペンサーやメイクブラシ、歯ブラシ立てなど様々な生活用品にハーバリウムが使われてるものも数多く販売されています。透明感があり華やかな見た目のハーバリウムは、清潔感を感じさせてくれるため生活用品との相性も抜群です

ハーバリウムやオイルの扱い方

ハーバリウムやオイルの扱い方
ハーバリウムは長く飾ることができるアイテムですが、長時間直射日光に当たる場所に飾っているとオイルや花材の劣化につながるため注意が必要。直射日光の当たらない場所で、洗面所や書斎のデスクなどふと目に留まる場所に飾るのがおすすめです。

また、ハーバリウムに使用されるオイルは燃えにくい性質ですが、火気の近くに飾るのは避けましょう。作っている際にオイルが誤って目に入ってしまった場合には、水でよく洗い流してくださいね。オイルを廃棄する場合には、下水道には流さず、食用油などと同様に新聞紙に染み込ませて牛乳パックやビニール袋に詰めて密閉し、家庭ごみと一緒に捨てましょう

初心者でも楽しめるハーバリウムの基本の作り方!インテリアやギフトにもおすすめ

クリスマスプレゼントにもおすすめ!おしゃれなフラワーアイテム「ハーバリウム」の魅力とは

まとめ

今回は、ハーバリウムの基本的な作り方について詳しくお伝えしました。ハーバリウムは飾ったり眺めたりするだけでなく、ハンドメイドとしても楽しむことができるインテリアフラワーです。また、準備するものやコツさえしっかりと把握しておけば、オリジナルのハーバリウムを気軽に作ることもできます。

材料自体は、100円ショップや通販などで簡単に入手することが可能です。ハンドメイドがお好きな方はぜひチャレンジしてみてくださいね。作ったものはすぐお部屋に飾ることもできるので、気軽に作れるうえに満足感も高いアイテムですよ。ハーバリウムを綺麗に仕上げるためのコツは、花が浮かないようにすること。記事内ではいくつか対策もお伝えしてきましたので、実際に作る際にはぜひ参考にしてくださいね。

この記事のまとめ

  • ハーバリウムは、花を美しい状態で長期間楽しむことができる。普段忙しくて花のお手入れが難しいという方でもハーバリウムであれば気軽に花を空間に取り入れることが可能
  • ハーバリウム作りで失敗しないための注意点は「花の浮き」。花材の長さや容器の形状、オイルの注ぎ方などを工夫することで花を浮きにくくすることができる
  • ハーバリウムは透明感と華やかさが魅力。現在ではハーバリウムを使ったアイテムは豊富にあり、ボールペンや歯ブラシ立てなど様々な雑貨にも活用されている

Related Articles

初心者でも楽しめるハーバリウムの基本の作り方!インテリアやギフトにもおすすめ

初心者でも楽しめるハーバリウムの基本の作り方!インテリアやギフトにもおすすめ

ドライフラワーのリースをハンドメイド!簡単な作り方から始めてみよう

ドライフラワーのリースをハンドメイド!簡単な作り方から始めてみよう

押し花の正しい作り方とは?コツをつかんで綺麗な押し花を作ろう!

押し花の正しい作り方とは?コツをつかんで綺麗な押し花を作ろう!

目次

ショップ掲載について

New Articles

エアプランツのおしゃれな飾り方とは?初心者にもおすすめの方法をご紹介

エアプランツのおしゃれな飾り方とは?初心者にもおすすめの方法をご紹介

お部屋に飾る人気の花の種類とは?花瓶選びのポイントもご紹介

お部屋に飾る人気の花の種類とは?花瓶選びのポイントもご紹介

部屋を一瞬でおしゃれにする方法!ドライフラワーのインテリア術/丁寧な暮らし/暮らしのVlog

部屋を一瞬でおしゃれにする方法!ドライフラワーのインテリア術/丁寧な暮らし/暮らしのVlog

Populer

1

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

2

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

3

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

4

ドライフラワーには寿命がある?長持ちさせる方法と廃棄するタイミングの見極め方

ドライフラワーには寿命がある?長持ちさせる方法と廃棄するタイミングの見極め方

5

プリザーブドフラワーは風水的に良いもの?運気アップにつながる飾り方もご紹介

プリザーブドフラワーは風水的に良いもの?運気アップにつながる飾り方もご紹介

6

おしゃれなリースを手作りしよう!花材別の作り方をご紹介

おしゃれなリースを手作りしよう!花材別の作り方をご紹介