フラワーワークショップとは?手作りを通して花の魅力を追求しよう

花を使って作られたアイテムは、インテリアとしても素敵ですし、プレゼントにもぴったりですよね。そんなフラワーアイテムを手作り出来たらもっと素敵なのに…と思いませんか?しかし、どうやって作ればいいかわからないし不器用だし…と諦めている方もいらしゃるのではないでしょうか。

センスや腕に自信がないという方におすすめしたいのが、「フラワーワークショップ」です。本記事ではフラワーワークショップとはどのようなものなのか、具体的にご説明していきます。

この記事はこんな人におすすめ

  • 花を使った手作りアイテムに挑戦したいけれど、一人で作るのは自信がないという方
  • フラワーワークショップに興味がある、参加してみたいという方
  • 花が好きで、花に触れる機会を増やしたい方

フラワーワークショップってどんなもの?

フラワーワークショップってどんなもの?

フラワーワークショップという名前をあまり聞いたことがない、初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか。まずは、フラワーワークショップとは何なのか、その概要を見ていきましょう。

ワークショップとは

ワークショップとは、「参加者が自主的に体験する講習会」という意味で、様々な種類のものが毎日のように開催されています。講師がいるため専門的な知識や技術を学ぶことができる内容のものも多く、分野も多岐にわたります。

形態に関しては、一方的に講演や講義が行われるのを聴くというだけではなく、教えてもらいながら自分で体験できるというのがワークショップの大きな特徴。実践が中心となる内容ですので、より身に付きやすくまた楽しく参加できるということで人気を集めています。

ワークショップは体験できるのが魅力
一方的に講義を受けて終わるのではなく、実際に自分で体験することができるのがワークショップの醍醐味です。頭だけでなく手先など身体も動かすため身に付きやすそうですね。

フラワーアイテムの作り方を気軽に学べる

フラワーアイテムの作り方を気軽に学べる

フラワーワークショップとは、その名の通り「花のワークショップ」です。内容は、花についての知識を学ぶというものもありますが、ほとんどがフラワーアイテム作りを学ぶというもの。専門的な知識や技術を習得した講師から様々なフラワーアイテムの作り方を学びながら、実際に自分で作ったものを持ち帰ることができます。

フラワーアイテム作りというと「アレンジメント教室」などが有名ですが、毎週や隔週など決まった曜日に通う一般的な習い事とは異なります。フラワーワークショップは単発のイベントとして行われることが多く、気軽に参加できるのが特徴です

飛び入り参加できるタイプのものも
フラワーワークショップには、事前申し込み制の場合もあれば当日飛び入り参加できるものもあります。ただし、飛び入り参加可能でも定員締め切り制のものがほとんどですので、確実に参加したいなら申し込み制が安心ですね。ちなみに費用や所要時間はワークショップによって異なります。

フラワーワークショップの種類

フラワーワークショップの種類

上記ではフラワーワークショップは、そのほとんどがフラワーアイテム作りのワークショップとお伝えしました。その内容はフラワーアイテムの種類の数だけ存在すると考えていいでしょう。例えばフラワーアレンジメント作り、ブーケ作り、リース作り、スワッグ作り、ハーバリウム作りなど。これらは特に人気のワークショップですので開催数も多いです。

他にも、フラワーセラピーのワークショップや花の育て方・飾り方を学ぶワークショップ、押し花やアーティフィシャルフラワー作りなどもあります。個性的なものでは、花を使ったアクセサリー作り、食べられる花を使ったお菓子作りなども。花にまつわる内容なら何でもあり!ですので、ユニークなものも多いですよ。

花が好きな人が講師となり、多くの人に花を身近に感じてもらいたい、花をもっと好きになり楽しんでもらいたいという思いで工夫を凝らしているのです。バラエティ豊かなフラワーワークショップが数多く開催されていますので、探すのも楽しそうですよね。

何を学びたい?様々なフラワーワークショップ

  • 定番!フラワーアイテム作り…アレンジメント、ブーケ、リース、スワッグ、ハーバリウム、押し花、ポプリ、キャンドル作りなど
  • 個性的!フラワーアイテム作り…アーティフィシャルフラワー、アクセサリー、ハーブティー、エディブルフラワーを使ったお菓子作りなど
  • 花の知識を学ぶ…フラワーセラピー、花の育て方・生け方・飾り方、ガーデニング、寄せ植えのコツなど

フラワーワークショップとは?手作りを通して花の魅力を追求しよう

フラワーセラピーの魅力とは?花のある暮らしで心身ともに健康に

参加するメリットとは

参加するメリットとは

花が好きで興味があるという方なら、フラワーワークショップって何だか楽しそう!というイメージを抱きやすいのではないでしょうか。好きなことを学べて有意義な時間を過ごせるというだけでも十分メリットがあるような気がしますが、フラワーワークショップに参加することには他にも様々なメリットがあるのです。

例えばフラワーアイテム作りのワークショップの大きなメリットとしては、次の3点が挙げられます。

フラワーアイテム作りのワークショップに参加するとこんないいことが!

  • 知識や技術を身につけられる・楽しく作業ができる
  • 完成度の高い作品を持ち帰れる
  • 豊富な材料を選べて無駄がない

それぞれのメリットについて、もう少し具体的に見ていきましょう。

知識や技術を身につけられる・楽しく作業ができる

知識や技術を身につけられる・楽しく作業ができる

フラワーアイテムをただ作るだけでなく、作成の際に押さえておくべきコツや注意点もその場で学ぶことができます。ワークショップに参加することで、花に関する知識や技術を身につけることができるというのは魅力的ですよね。学んだ内容は自宅でフラワーアイテムを作る際にも応用することができます。

また、ワークショップでは基本的に複数の参加者とともに作業を行います。そのため、和やかな雰囲気で進むワークショップなら、他の参加者とワイワイ話しながら楽しく作業することができます。作品をお互いに見せ合うことで、他の人のセンスやアイディアから刺激を受けたり参考にして自分の作品に生かしたりすることもできますよね。これらは自分一人で製作する場合では得られないメリットといえるでしょう。

完成度の高い作品を持ち帰れる

完成度の高い作品を持ち帰れる

フラワーワークショップに参加すると、講師の人に教わりながら作品を仕上げていけます。そのため、独学で試行錯誤しながら作ることに比べて失敗のリスクがありません。そして具体的に指導してもらいながら作り上げたフラワーアイテムですので完成度の高さも魅力といえるでしょう。

仕上げた作品は自宅に持ち帰ることができますので、自分好みの完成度の高いものを飾って楽しめます。初心者が作ったものとは思えないような出来栄えのフラワーアイテムを飾れるのは、ワークショップに参加した人の特権ですね。

豊富な材料を選べて無駄がない

豊富な材料を選べて無駄がない

さらに嬉しいのは、多くのワークショップは料金が良心的であるということ。一人でフラワーアイテムを作るとなると、材料も自分ですべて用意しなければなりません。でも実際には一度に使いきれず無駄にしてしまうこともあるのです。

ワークショップの場合は、材料費込みの参加料金を支払えば、そのときに必要な量だけ材料を提供してもらえます。しかも花材の種類も豊富なのが嬉しいポイントですね。

材料を自分で用意する手間もかからず、自分で用意するよりもはるかに豊富な種類の材料を使うことができるのです。豊富な材料を手にできる上に、経験豊富な講師に教えてもらいながら安心して作れるのですから、フラワーワークショップは非常にお得だといえるのではないでしょうか。

フラワーワークショップとは?手作りを通して花の魅力を追求しよう

ドライフラワーで手作りキャンドルに挑戦!簡単な作り方と楽しみ方

フラワーワークショップ選びのポイント

フラワーワークショップ選びのポイント

フラワーワークショップにぜひ参加してみたい!と思った方は、早速ワークショップを探してみましょう。特にフラワーアイテム作りは女性に人気の趣味の一つですので、ワークショップも全国各地で開催されています。選び方のポイントをお伝えしていきます。

自分が何を学びたいか目的を絞る

お伝えしてきたようにフラワーワークショップには様々な種類がありますので、まずはご自身がどんなことを学びたいのか明確にしましょう。フラワーアイテムを学びたいのか、花の知識を深めたいのか。

またアイテムにも様々な種類がありますので具体的に何を作りたいのかなど、目的を絞ってから探すことをおすすめします。

ネット検索で概要をチェック

ネット検索で概要をチェック

インターネットで検索すれば、フラワーワークショップの内容、開催日や費用などを気軽にチェックすることができます。まずはどんなことを体験したいか、どんなフラワーアイテムを作りたいか絞って検索するといいでしょう。もちろん通えることが前提ですので、開催地域も絞って検索して下さいね。

規模も様々!自分に合いそうな環境を選ぼう

フラワーワークショップはイベント会場で行われるものもあれば、花屋や園芸店の店内で行われるものもあり、規模も様々です。アットホームな雰囲気が好きな場合は定員10名以内の小規模なワークショップがおすすめです。

最近ではショッピングモールのイベントスペースなどで行われることも増えていますよ。地元のイベント情報もチェックするようにしましょう。

オンライン開催のフラワーワークショップ
2020年9月現在は、新型コロナウイルスの影響により、フラワーワークショップの開催数や定員数も絞られています。このような状況もあり、最近は「オンライン開催」のワークショップも増えてきました。材料は事前に自宅に郵送してくれて、パソコンやスマホの画面を通してマンツーマンで教えてくれるという形が多いようです。
会場まで足を運ぶのは不安…という方はチェックしてみて下さい。

手作りのフラワーアイテムを活用しよう

手作りのフラワーアイテムを活用しよう

フラワーワークショップに参加して作ったアイテムは、それなりに見栄えもする素敵なものになるでしょう。自宅に飾ってインテリアとして楽しめるはずです。自分で作ったフラワーアイテムなら、愛着も湧きますし飾ると気分が上がるのではないでしょうか。様々なフラワーワークショップに参加して、異なるアイテムを作れるようにするというのも素敵ですね。

また、作品をプレゼントするというのはいかがでしょう。不器用だったりセンスに自信がなかったりすると、フラワーアイテムを作ってプレゼントしようなんて思いもしないかもしれません。そんな人にこそ、フラワーワークショップはおすすめなのです。

男性にもおすすめ
フラワーワークショップは女性のためのものと思われがちですが、基本的に誰でも参加できますので男性ももちろんOK。大切な女性へのプレゼントを作るために参加してみてはいかがでしょう。簡単にセンスのいい作品が作れますので、サプライズにもぴったりです。
フラワーワークショップとは?手作りを通して花の魅力を追求しよう

手作りポプリに挑戦!ドライフラワーを使った基本の作り方

まとめ

フラワーワークショップについてご説明してきました。体験しながら学べるので、参加すること自体がとても楽しいという感想も多く、フラワーワークショップ自体大変人気があります。気になるフラワーワークショップを見つけたら予約制の場合早めに申し込むことをおすすめします。

参加をきっかけに、花をさらに身近に感じられて、花のある暮らしを自分でも楽しめるようになるのではないでしょうか。

この記事のまとめ

  • フラワーワークショップは体験しながら花に関する知識や技術を学べるのが魅力
  • 全国で随時開催されているほか、オンライン開催もある。学びたい内容や規模など自分に合うものを選んで
  • 手作りながら完成度の高いアイテムをゲットできる!自宅に飾ったりプレゼントしたりと活用しよう

Related Articles

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方

これで失敗しない!ドライフラワーをきれいに仕上げる作り方のコツ

これで失敗しない!ドライフラワーをきれいに仕上げる作り方のコツ

フラワーワークショップとは?手作りを通して花の魅力を追求しよう

フラワーワークショップとは?手作りを通して花の魅力を追求しよう

目次

ショップ掲載について

New Articles

部屋に飾る花のポイントは?花を飾ってワンランク上の空間作りを

部屋に飾る花のポイントは?花を飾ってワンランク上の空間作りを

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方

あなたに合うルームフレグランスはどんなタイプ?素敵な香りで癒しの空間作りを

あなたに合うルームフレグランスはどんなタイプ?素敵な香りで癒しの空間作りを

Populer

1

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

2

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

3

ポプリとサシェの違いとは?香りを楽しむアイテムの活用法

ポプリとサシェの違いとは?香りを楽しむアイテムの活用法

4

知らないと損!チューリップの切り花を長持ちさせるコツとは?

知らないと損!チューリップの切り花を長持ちさせるコツとは?

5

花屋での独立開業後の平均年収って一体どれくらい?

花屋での独立開業後の平均年収って一体どれくらい?

6

多肉植物にカビが生えてしまった!原因と対処法をチェック

多肉植物にカビが生えてしまった!原因と対処法をチェック