手作りポプリに挑戦!ドライフラワーを使った基本の作り方

ポプリは花の自然な香りを楽しめるアイテムとして人気です。香りだけでなく見た目もおしゃれなものが多く、置いておくだけでインテリアとしても使えますね。そんなポプリは手作りがおすすめです。簡単に作れるので、ポプリを作ったことのない人でも大丈夫ですよ。

そこで今回は、ドライフラワーを使ったポプリの作り方をご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ

  • ポプリを使いたいけれど好みの香りのものに出会えないという方
  • 花を使った手作りアイテムに興味のある方
  • ポプリやドライフラワーを自分で作って活用してみたい方

ポプリを手作りするメリット

ポプリを手作りするメリット

ポプリを手作りすることには様々なメリットがあります。まずは、自分好みのポプリを手に入れられるということですね。市販のポプリにも様々な種類がありますが、その中から自分に合ったものを見つけるのはなかなか大変。きれいだなと思っても、香りがあまり好きではない…なんてこともあるでしょう。

でも、自分で作るならすべての材料を自分の好きなものから選ぶことができます。そのため、見た目も香りもお気に入りのポプリを作ることができるのです

そんなお気に入りの香りを楽しめる手作りポプリは、世界で一つだけの作品とも言えるでしょう。材料選びから自分のこだわりの元で作り上げたポプリなら、愛着も倍増なのではないでしょうか。

さらにガーデニングなどで自分で花から育てている人は、その花を使ってポプリを作ることにより咲き終わった花を再利用することができます。育てた花や買ってきた花を捨ててしまうのは悲しいですが、枯れてしまう前にドライフラワーにしておけば、ポプリとして長く楽しむことができますね。

手作りポプリにはいいことばかり!

  • お店では売られていないような自分好みのポプリを手に入れられる
  • 手作りすることでポプリに親しみがわき、花を身近に感じられるきっかけとなる
  • 生花としての寿命をまっとうした花を有効活用できる

手作りポプリに必要な材料

手作りポプリに必要な材料

では、ポプリを作るために必要な材料をご説明します。ポプリにはドライポプリとモイストポプリの2種類がありますが、ここでは一般的なドライポプリを作っていきます。材料はとてもシンプルです。

基本的には、ドライフラワーをはじめとした乾燥花材やハーブ、アロマオイルという2つの材料だけでできてしまいます。もう少し詳しく見ていきましょう。

ドライポプリは気軽に作れる

好みのドライフラワーとアロマオイル、たった2つの材料で自分だけのポプリを簡単に作ることができる!

手作りポプリに挑戦!ドライフラワーを使った基本の作り方

ドライフラワーを使ったおしゃれな部屋の作り方をインテリアコーディネーターが紹介。

基本の材料

基本の材料

自分で生花からドライフラワーを作ってもいいですし、より気軽に作るには市販のドライフラワーを使ってもいいでしょう。ドライフラワーの他には、葉や松ぼっくりなどの実やハーブ、果実の皮などを合わせて使うこともできます。そして、花の香りだけではポプリの香りが弱くなってしまいますので、アロマオイルは必須アイテムです。

アロマオイルには様々な香りのものがありますので、テスターで好みの香りを見つけてから選ぶといいですね。オイルを使うことにより、香りが強くなるだけでなくポプリの香りを長持ちさせる効果もあります。またポプリ作りに必要な道具としては、新聞紙やキッチンペーパー、密閉できる袋か瓶があるといいでしょう。

ポプリの材料おさらい

  • 乾燥花材…好みのドライフラワー、ドライハーブ、植物の葉、実、果実の皮など
  • アロマオイル…好みのもの
  • 道具…新聞紙かキッチンペーパー、密閉できる容器

ドライフラワーの選び方

ドライフラワーの選び方

ドライフラワーにも生花と同様に様々な種類があります。初めてポプリを作る場合、どんな花を選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで、ポプリ向きのドライフラワーを押さえておきましょう。基本的にはドライフラワーとして販売されている花なら何でも使えます。ただしポプリは香りを楽しむアイテムなので、アロマオイルを使うにしても花自体に香りのあるものを選ぶといいですね。

特に人気なのはバラです。バラはドライフラワーにしやすい定番の花でもありますので、花の形をそのまま生かしたポプリを使いたいならぜひ取り入れて下さい。自分で生花からドライフラワーを作る場合も、バラならしばらくは生花として楽しみ、枯れる前にドライフラワーにするといいでしょう。

バラにも色や形など様々な種類がありますので、数種類のバラを組み合わせて作っても素敵ですよ。 また、ラベンダーやキクも香りが豊かなのでポプリ作りによく選ばれています。

そのような香りのあるドライフラワーをメインに、彩りを添えるためにカーネーションやミモザ、タンポポなどを使ってみてはいかがでしょう。ポプリをインテリアとしても楽しみたいなら、香りだけでなく彩りも意識してドライフラワーを選ぶといいですね。

ドライフラワー選びの注意点

生花から作る場合は大き過ぎるものは乾燥しにくく、小さ過ぎるものは貧弱な印象になってしまいます。また、色合いも生花とは違ってくすんだ感じになります。そのことを踏まえて選ばないと、イメージと違った仕上がりになってしまいます。最初はあまり冒険せず定番のドライフラワー向きの花から選ぶといいでしょう。

手作りポプリに挑戦!ドライフラワーを使った基本の作り方

これで失敗しない!ドライフラワーをきれいに仕上げる作り方のコツは?

ポプリの作り方

ポプリの作り方

ドライフラワーとアロマオイルさえあれば、誰でも簡単にポプリを作ることができます。ポプリは大きく分けて花の形を生かして作るインテリアとしても楽しめるタイプと、細かく砕いて香りを楽しむタイプの二通りの作り方があります。

と言っても、ドライフラワーを砕くか砕かずにそのまま使うかの違いですので、基本的なことは同じ。生花からドライフラワーを作る方法も含め、見ていきましょう。

2種類作る場合のポイント

花が大きめで形のきれいなものは、砕くともったいないのでそのままの形を生かすのがおすすめです。細かい花や形が崩れたり欠けたりしてしまっている花を、砕いて作るポプリに利用しましょう。

生花からドライフラワーを作る方法

生花からドライフラワーを作る方法

好みのドライフラワーがない場合や育てている花を使いたい場合は、自分でドライフラワーを作ってみてはいかがでしょう。ドライフラワーの作り方にはいくつかの方法がありますが、ここではもっとも簡単なハンギング法をご紹介します。

ハンギング法のやり方

  • まずは、花瓶などに生けていた場合は、水に浸かっていた部分を切り落とします。
  • その後、余分な葉を落とします。
  • 輪ゴムや洗濯ばさみ、クリップ、ひもなどを使って吊るします。

風通しがよく、日があたらない静かな場所に、花を下向きにして吊り下げましょう。花はまとめて吊るすより、一輪ずつ分けて吊るした方が早く乾かす事ができます。

乾燥すると花びらが落ちる花もありますが、バラのように花の形を生かしたい場合は花の根元から切るのではなく、茎の部分も少しだけ残して切ると花びらがバラバラになりにくく形が残りやすいです

部屋の環境に注意

梅雨時などは室内もジメジメと湿度の高い状態になりがちです。ドライフラワーは、できるだけ早く乾燥させるのが美しく仕上げるポイント。湿気が多いとなかなか乾燥せずどんどん傷んでしまいます。除湿器やサーキュレーターを使って部屋の湿度を下げるようにしましょう。電子レンジの解凍機能を使って時短で乾燥させることもできます。

下記の動画は、ハンギング法でドライフラワーの作り方をご紹介しています。参考にしてみて下さい。

ドライフラワーをポプリにするのは簡単

ドライフラワーをポプリにするのは簡単

完全に乾燥したドライフラワーを密閉できる袋か瓶に入れて、オイルを数滴たらして馴染ませます。そのまま密閉した状態で、2~3週間冷暗所で熟成させれば手作りポプリの完成です。

また、ドライフラワーを購入してポプリを作るなら、さらに簡単です。オイルを垂らして馴染ませ密閉して寝かせるだけですので、難しい工程は一切ありません

サシェ(小袋に入ったポプリ)に使うような細かいポプリを作りたい場合は、すり鉢などにドライフラワーを入れて細かく砕いてからオイルを垂らします。また、ざっくり砕けばいいという場合は袋に入れて手で揉みながら崩してみましょう。

密閉容器のおすすめの選び方

透明のガラス製でふた付きの容器なら、密閉して寝かせておきながらそのまま飾ることができます。ふたを取り外せるタイプのものを選べば、完成してからはふたを外して香りを漂わせられますね。複数の容器にドライフラワーを小分けにして、それぞれ異なる香りのアロマオイルを使うというのもおすすめです。

手作りポプリの楽しみ方

手作りポプリの楽しみ方

完成したポプリは、取り出して様々な使い方ができます。例えば、大量に作った場合は透明のガラス製などのおしゃれな容器に移し替えてインテリアとして楽しむのは、最も簡単でオーソドックスな使い方。ドライフラワーの持つ独特な落ち着いた雰囲気も素敵で、アロマのいい香りがお部屋に漂います。

さらに、細かく砕いたものは同じように容器に移して飾ってもいいですし、小さな布袋に入れてサシェとしてクローゼット内の香りづけに使うこともできます。クローゼットやタンスの他にも、カバンに入れて外出先で楽しむのもおすすめです。たくさん作って、観賞用・クローゼット用・持ち歩き用と使い分けるのもおすすめですよ。 このように、作った後ももちろん楽しめるポプリですが、手作りポプリの魅力は作っているその過程が楽しいことです。

好きな花、自分が育てた花などを使ってドライフラワーを作り、好きな香りのアロマオイルを加えてポプリに仕上げていくという作業自体が、心を癒してくれるに違いありません。作り慣れてきたらオイルも数種類を調合して自分好みの香りを作り出すのも楽しそうですね。

アロマオイルの選び方

香りのタイプの異なるオイルをいくつか持っていると便利です。すっきりしたいとき、リラックスしたいときなど気分やシーンによってふさわしい香りは異なりますので、気分に合わせてポプリの香りをチョイスすることができますよ。

手作りポプリに挑戦!ドライフラワーを使った基本の作り方

ポプリとサシェの違いとは?香りを楽しむアイテムの活用法

まとめ

ポプリの作り方は、材料さえ用意できればとても簡単ということをお分かりいただけたのではないでしょうか。乾燥や熟成にちょっと時間はかかりますが、ゆっくりと楽しみながら作ってみて下さいね。

インテリアとしても楽しめるいい香りのポプリで、素敵な暮らしを楽しみましょう。ここでご紹介した作り方なら失敗もしないので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

この記事のまとめ

  • 手作りポプリは簡単!より気軽に作りたい場合はドライフラワーを購入して作るのがおすすめ
  • 自分の好きな花や香りを選んで作れるので、作る過程も使うのも飾るのも楽しくて心が豊かになる
  • ポプリは飾ることもサシェにして持ち歩くこともできる。インテリア性も実用性もある優れたフラワーアイテム

Related Articles

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方

これで失敗しない!ドライフラワーをきれいに仕上げる作り方のコツ

これで失敗しない!ドライフラワーをきれいに仕上げる作り方のコツ

フラワーワークショップとは?手作りを通して花の魅力を追求しよう

フラワーワークショップとは?手作りを通して花の魅力を追求しよう

目次

ショップ掲載について

New Articles

暮らしvlog | 花のある暮らし/セリ鍋を作る

暮らしvlog | 花のある暮らし/セリ鍋を作る

仕事にも活かせる!プリザーブドフラワーに関する資格とは?

仕事にも活かせる!プリザーブドフラワーに関する資格とは?

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

Populer

1

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

2

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

3

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

4

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

5

ほんのひと手間で切り花が長持ち!あじさいの基本的なお手入れ方法をご紹介

ほんのひと手間で切り花が長持ち!あじさいの基本的なお手入れ方法をご紹介

6

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方