感謝の気持ちを花言葉で伝えよう!大切な方へ花の贈り物をしてみませんか?

普段お世話になっている方へ、日頃の感謝の気持ちを伝えたいという時におすすめなのが花束などのフラワーギフト。花は心を豊かにしてくれる贈り物ですよね。花を選ぶ際には、花言葉を意識して選んでみるのも素敵ですよ。

今回は、花言葉で「感謝」の意味をもつ花についてお伝えしていきます。大切な方や尊敬している方に花束を贈る際には、ぜひ感謝の意味をもつ花言葉を取り入れてみてくださいね。今まで花言葉は意識したことがなかったという方や、「感謝の気持ち」を言葉にするのは少し照れ臭いという方にもおすすめですよ。

この記事はこんな人におすすめ

  • 花言葉についての知識を深めたい方
  • 花を贈るのが好きな方
  • 日頃の感謝の気持ちを言葉以外の方法でも伝えたい方

PICK UP

目次

花言葉とは

花言葉とは
花言葉とは、花の形、実などの特質に基づいて、花や植物に特定の意味を持たせたもののことをいい、お互いの気持ちを伝えるときなどにも用いられています。古くから花言葉は多くの事柄に用いられており、先に述べたような花の特質などによるもの以外にも、ローマやギリシアの神話や伝説によるもの、宗教的なシンボルに基づくものなどがあるとされています。

現代でも大切な方に愛を伝えるときや、日頃の感謝を伝えたいときなどに花言葉は多く用いられています。花に自己の感情や意思を託して表現するという風習は、昔からあるということがわかりますね

花言葉の起源は?
花言葉の起源は、トルコ流のセラム(恋文)だといわれています。
起源となったセラム(恋文)がさらにフランスへと伝わり、恋愛に関する意味が花に込められるようになり、求愛の一つの手段として「花言葉」が用いられるようになったそうです。
日本には、明治時代の初期に伝わったとされています。

花言葉では「花の色」も大切

花言葉では「花の色」も大切
花言葉は、花の種類によって意味が異なるものと思われがちですが、花の種類だけでなく色による違いもあります。同じ花でも、色の違いにより花言葉の意味が異なるものが多く存在しているのです。そのため、花の種類という大きなくくりだけで花言葉を選ぶのではなく、花の色にも注目してみることが大切です。特にフラワーギフトとして贈り物にする場合には、しっかりと花言葉の意味を確認しておくとよいでしょう。

自分の意図している花言葉(気持ち)とは全く別の意味合いの花言葉を相手に伝えてしまった…ということにならないためにも、色別の花言葉についても意識しておくとよいですね

花言葉にとらわれすぎるのもNG

花言葉にとらわれすぎるのもNG
プレゼントをする相手の好きな色の花が、あまりよい意味の花言葉を持つものではなかったとしても、「相手が好きな色」ということで選んでいるのであれば、むしろポジティブな印象になります。

花言葉を気にしすぎるのではなく、まずは花を贈る相手が喜んでくれることを一番に考えて花選びをしてみてくださいね。「あなたが好きな色の花を選んだ」と一言添えれば、相手はより嬉しい気持ちになってくれることでしょう。

日本語と英語の花言葉は同じ?

日本語と英語の花言葉は同じ?
花言葉は、日本語でも英語でも同じ意味だと思われている方も多いかもしれませんが、実は日本語と英語では同じ花でも花言葉は異なります。日本語と英語だけでなく、世界各国でそれぞれ花言葉の意味は変わるのです

例えば、春に人気の高い「ミモザ」を例に挙げてみましょう。3月8日の国際女性デーでは、多くの国で女性にミモザを贈る習慣がありますよね。しかし、それぞれの国でミモザの意味する花言葉は異なります。日本でのミモザの花言葉は「友情」や「優雅」です。しかし、英語での花言葉は「秘密の恋」、イタリアでは「感謝」、フランスでは「思いやり」など、それぞれの国で少しずつ意味が異なります。花言葉の奥深さを感じますね。

感謝の気持ちを花言葉で伝えよう!大切な方へ花の贈り物をしてみませんか?

花束を大切な人に贈ろう!お祝いや記念日にぴったりのプレゼント

PICK UP

どんなシーンで花言葉を活用する?

どんなシーンで花言葉を活用する?
花言葉は、主に自分の気持ちを言葉にするのが難しい時などに用いるのがおすすめです。日常の中でなかなか感謝の気持ちや愛情を言葉にすることができないという方は、花言葉にのせて普段伝えられない自分の気持ちを伝えてみるのもよいでしょう

ただし、何も言わずに花をプレゼントしても花言葉は伝わりにくいかもしれません。花を贈る際に花言葉の意味をメッセージカードに綴るなど工夫することで、気持ちがより伝わりやすくなりますよ。

花言葉はこんなシーンで活用するのがおすすめ!

  • 誕生日などの大切な記念日
  • 永遠の愛を誓うプロポーズ
  • 家族や友人への出産祝い
  • 開業や退職のお祝いなど

感謝の気持ちを花言葉で伝えよう!大切な方へ花の贈り物をしてみませんか?

想いを込めて花を贈ろう!「感謝」という花言葉を持つ花をご紹介

PICK UP

感謝を意味する花言葉を持つ花

感謝を意味する花言葉を持つ花
お世話になった方やいつもそばにいてくれる大切な方に、感謝の気持ちを届けたい!という時には、見た目も華やかな花の贈り物がおすすめです。ここからは、「感謝を意味する花言葉を持つ花」についてご紹介していきましょう。花の種類だけでなく、花の色にも注目してお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

花は部屋に飾るだけでリラックス効果を与えてくれる存在でもあります。日本人は普段から花を贈るという習慣があまりありませんが、花は相手を喜ばせることができる素敵なアイテムです。日頃から、気軽に花を贈る習慣を身につけてみるのもおすすめですよ

ピンクのガーベラ

ピンクのガーベラ
花屋さんだけでなく、スーパーの生花コーナーなどでも気軽に購入することができるガーベラ。ピンクやイエロー、オレンジなど鮮やかなカラーが豊富なガーベラは、元気を与えてくれる花として人気です。ガーベラ自体の花言葉には「前進」や「希望」などの前向きなイメージのものが多く、さらにピンク色のガーベラは、感謝のほか「崇高美」という花言葉も持っています

友人や職場の先輩など身近な方に向けて、感謝の気持ちを伝える花としておすすめですよ。可愛らしいイメージのガーベラは部屋にも飾りやすく、玄関に飾れば家に入った瞬間に明るい気分にもさせてくれることでしょう。

ガーベラを飾るときの注意点
ガーベラは茎が腐りやすい植物のため、花を生けるときには水の量に注意が必要。
花瓶いっぱいに水を入れるのではなく、少なめの水(浅水)で生けるのがよいでしょう。
こまめな水替えを行い、風通しのよい場所に飾ることで長持ちします。

白色のダリア

白色のダリア
丸みを帯びたフォルムが可愛らしい印象を与えてくれるダリア。一輪でもボリュームがあり、存在感のある花としても有名です。ピンクや紫、赤やホワイトなど様々な色を持つ花ですが、感謝の気持ちを届けたいのであれば、白色のダリアを選んで花束にするのがおすすめです。ダリアは色によって花言葉の意味が大きく異なり、感謝という意味を持つ白色のほか、赤色のダリアは「華麗」、黄色のダリアは「優美」などの花言葉を持っています。

ダリアは品種改良もされ、種類豊富な花です。いくつかの種類からお気に入りのものを見つけてみてくださいね。秋が旬の花なので、秋頃になると多くの品種のダリアに出会うことができますよ

ダリアを長持ちさせるポイントは?

  • 水切りをする・・・花屋からダリアを持ち帰ったら、できるだけ早めに水切りを行う
  • こまめな水替え&延命剤・・・毎日の水替えを心がけて清潔にし、さらに栄養を与えてあげることが大切
  • 茎についた葉っぱは落とす・・・水揚げが悪くなるので、余分な葉っぱは取り除いておくとよい

濃いピンクのバラ

濃いピンクのバラ
多くの女性に愛されているバラ。バラは特別感を与えてくれる花ですよね。種類豊富なバラの中でも、感謝という花言葉を持つのは濃いピンク色のバラです。また、バラは花の色だけでなく、本数によっても様々な意味を持つといわれています。プロポーズなど、男性が愛を表現するために女性にバラの花束を贈る際には、花の色やバラの本数も意識してみるとより感謝や愛を伝えることができるでしょう。

ピンク色のバラで感謝を伝えたいなら何本がベスト?
バラを贈って日々の感謝を伝えたいのであれば、ピンク色のバラを8本贈るのがおすすめ!
8本のバラは、「あなたの思いやりや励ましに感謝します」という意味を持ちます。
ピンク色の濃淡に要注意!
「ピンク色のバラ」は、ピンク色の濃さによって花言葉が変化します。
濃い色のピンクのバラには感謝という意味がありますが、淡く薄い色のピンクの場合は「誇り」という花言葉になります。

ピンクのカーネーション

ピンクのカーネーション
母の日の贈り物としても人気のカーネーション。全体としての花言葉は、「無垢で深い愛」となります。母の日にもよく用いられる赤色のカーネーションの花言葉は、「母への愛」を意味します。カーネーションで感謝の気持ちを伝えたいときには、ピンク色を選ぶとよいでしょう

淡いピンク色のカーネーションは、柔らかく優しいデザインの花束やアレンジメントにぴったりですよ。また、最近では花束だけでなく、鉢植えタイプのカーネーションを贈るという方も増えています。鉢植えタイプであれば、切り花を使った花束に比べてより長く花を楽しむこともできますね

病気対策もしっかりと!
鉢植えタイプのカーネーションを育てる時には、病気対策もしっかりと行うことが大切。
水の与え過ぎには注意し、枯れ葉や花がらはこまめに取り除き、風通しの良い場所に飾ることで、「灰色カビ病」や「立枯病」などを予防することができます。
寒色系のカーネーションもある
カーネーションは赤色やピンク色のイメージが強いですが、実は紫色や青色のカーネーションも販売されています。
紫色のカーネーションは「気品」や「誇り」、青色のカーネーションは「永遠の幸福」という花言葉を持つそうです。

赤色のポピー

赤色のポピー
ポピーは種類が多く原産国も多岐にわたります。ヒナゲシやケシ、アイルランドポピーなど様々な呼び方がある花としても有名です。春から初夏の頃に咲く花で、赤や白、黄色、オレンジなどのカラフルで可愛らしい花を咲かせます。春の訪れを感じさせてくれる花の一つですね。

ポピー自体の花言葉は「忘却」や「想像力」。どこかノスタルジックな印象の花言葉になります。ポピーも花の色により花言葉が異なり、感謝の意味を持つのは赤色です。赤色のポピーは、クールで渋いイメージもあるので、女性への花の贈り物だけでなく、男性に贈る花としてもおすすめです。還暦祝いなどで花を贈りたい時にも赤色のポピーはぴったりですね

ポピーを生ける時のポイントは?
ポピーの茎は柔らかく空洞になっているのが特徴。
茎が柔らかい植物はどうしても腐りやすくなるため、少ない水(浅水)で生けるのがおすすめです。

かすみ草

かすみ草
白くて小さな可愛らしい花を咲かせるかすみ草。その可愛らしい見た目から、女性に人気の高い花でもあります。また、かすみ草は控えめな花ながら、フラワーアレンジメントや花束などの脇役として頻繁に用いられています。もちろん、かすみ草をメインとした花束も人気ですよ。

かすみ草も感謝の花言葉を持つ花ですが、ほかにも「無垢の愛」や「幸福」といったものもあり、どの花言葉もプラスのイメージのものばかり。大切な方へ贈る花や、ウェディングシーンで使われる花としてもおすすめですよ。

かすみ草は白色の花というイメージが強いですが、種類によっては淡いピンク色のものもあります。しかし、かすみ草の場合は、花の色別の花言葉は存在しないため、どちらの色でも感謝の花言葉を持つ花と覚えておきましょう。

ドライフラワーのかすみ草の花言葉は?
ドライフラワーとしても人気の高いかすみ草。
ドライフラワーにすると、花言葉も変わってしまうの?と思われる方もいますが、実はドライフラワーにしたからといって花言葉自体が変わってしまうことはありません。
花の見た目の印象は変化しますが、花言葉自体は変わらないので安心して選んでくださいね。

トルコキキョウ

トルコキキョウ
華やかで優雅な印象のトルコキキョウは、花束やブーケなどにもよく用いられています。トルコキキョウの花言葉は感謝のほか、「優美」「清々しい美しさ」です。美しい花姿からつけられたといわれ、パーティーなどお祝いの場で飾られる定番の花。また、ウェディングブーケなどにもよく用いられ、冠婚葬祭にも人気の花です。エレガントでボリューム感もあるので、華やかな花束を贈りたいという時にぴったりな花といえるでしょう。

トルコキキョウは5〜11月頃が旬ですので、比較的長い期間花屋さんで購入できるうえ、花持ちがよいのもポイント。日頃からお手入れをしっかりと行えば、切り花でも1〜2週間ほど楽しむことができますよ。

トルコキキョウを長持ちさせるためには?

  • トルコキキョウは受粉すると弱りやすくなるため、あらかじめおしべをカットしておく
  • 水揚げをしっかりと行う
  • 少ない水(浅水)で花を生ける
  • なるべく毎日水替えを行う
  • 風通しの良い日陰で飾る

スノードロップ

スノードロップ
春の訪れを告げる花としても有名なスノードロップ。花の形状が中世紀のヨーロッパで女性が身につけていた耳飾りに似ていることから、「雪の耳飾り」と呼ばれていたという説もあります。スノードロップは、切り花というよりも鉢植えで販売されることが多く、主に2〜3月頃に育てる花となります。ガーデニングが好きという方にぴったりな花ですよ。可憐で清楚な印象のスノードロップの花言葉には、感謝のほか「純粋」「希望」があります。

スノードロップを贈り物にする際の注意点
スノードロップを大切な方への贈り物にする場合には、必ず相手に花言葉を伝えるようにしましょう。
実は、イギリスではスノードロップは「死」を連想させるものだともいわれています。
何も言わずにスノードロップを贈ってしまうと、感謝の気持ちを伝えるために贈ったはずが、相手に不快な思いを抱かせてしまうという場合もあるので注意しましょう。

レースフラワー

レースフラワー
小さな白い花が集まって咲く姿が、とても繊細でレースのように可愛らしい花です。通年出回りますが、特に4~6月が旬の初夏の花で、可憐でナチュラルな雰囲気も兼ね備えています。切り花として花束やアレンジメントに用いられるほか、ドライフラワーにも向くためよく利用されていますよ。どんなお花とも合わせやすいのも魅力です。レースフラワーの花言葉には、感謝のほかにも「細かな愛情」があります。

かすみ草と似てる?
レースフラワーもかすみ草も、ほかの花に添えて花束やアレンジメントによく活用される花です。
役割はよく似ていますが、花の形や花房の大きさなどがかすみ草とは異なるため、違った印象を楽しめます。エレガントさをプラスしたいときには、レースフラワーを用いるといいでしょう。

フリージア

フリージア
アヤメ科の花で、菖蒲とスイセンを合わせたような見た目が特徴です。3~4月に見頃をむかえる春の花で、切り花としてはもちろん、園芸用としても人気を集めています。色の種類が豊富で、白や黄色、赤、ピンク、オレンジ、赤紫色、藤色などがあり、品種によっては甘い芳香を楽しめるものも。特に、白いフリージアは香りが強いといわれています。

フリージアの花言葉には、感謝のほか「友情」がありますので、ご友人へのプレゼントにもぴったりですね。また、下記のとおり色によって異なる花言葉も持っています。

フリージアの色別の花言葉

  • 白:あどけなさ
  • 黄色:無邪気
  • 赤:純潔
  • 紫色:憧れ
  • 淡紫色:感受性

カンパニュラ

カンパニュラ
釣鐘のような形の可愛らしい花が特徴的なカンパニュラは、キキョウ科の植物です。切り花よりは鉢花として扱われ、開花時期が5~7月のため、母の日や父の日のギフト商品としても注目されるようになってきました。品種によっては、ベル型というより星のような形状のものもあります。花色が豊富で、紫や白、ピンク色が定番カラーとなっており、初夏の花壇の彩りに役立っています。

花の形が教会の鐘に似ているため、キリスト教の教えにちなみ感謝という花言葉がつけられたそうです。また、「思いを告げる」「誠実」という意味もあるため、様々なシーンでの贈り物にぴったりですね。

鉢花ギフトにおすすめ
カンパニュラは主に鉢花として流通しているため、植物を育てるのが好きな方に鉢花ギフトをプレゼントしてはいかがでしょう。
切り花の流通は少ないですが、旬である5~7月には手に入れやすくなります。ただし、日持ちしにくいため扱いには注意しましょう。

白いルピナス

白いルピナス
ルピナスは春が旬のマメ科の草花です。掌のような形の葉の間から、蝶のような形の花が立ち上がるように花穂を咲き上げる、独特な花姿が魅力的。藤の花を逆さにしたようにも見えるため、ノボリフジやサカサフジといった別名も持っています。日当たりの良い場所で育てると、日光をたっぷりと浴びて春先から初夏にかけて美しい花を咲かせてくれますよ。

全体的な花言葉は「想像力」「貪欲」「空想」などですが、ルピナスは花色が豊富で色により異なる花言葉もあります。感謝という意味を持つのは白いルピナスで、黄色は「多くの仲間」、青色は「母性愛」です。

フランスでは薬草や牧草のルピナス
ルピナスは、かつて薬草やビールのつまみとして食べられていたのだとか。
現在では、牛が食べる牧草として活用されているそうです。
そのような意味も込めて、フランスでは白いルピナスに感謝の花言葉がつけられたといわれています。
感謝の気持ちを花言葉で伝えよう!大切な方へ花の贈り物をしてみませんか?

ドライフラワーの花言葉とは?シーンに合わせたおすすめの選び方もご紹介

PICK UP

どんなフラワーギフトを贈る?

どんなフラワーギフトを贈る?
感謝の気持ちを伝えるために花を贈る場合、どんなフラワーギフトを贈るか考えるのもまた楽しいひとときですよね。花の贈り物といえば、まず思い浮かべるのは花束ではないでしょうか?いくつになっても花の贈り物は嬉しいもの。両手に抱えるような大きな花束は、女性の憧れでもありますよね。

また、花束だけでなくフラワーギフトには様々な種類があるので、相手のイメージやお祝いのシーンを考えながら適切なアイテムを検討するのも大切なポイントになります

相手と花との距離感を意識する

相手と花との距離感を意識する
フラワーギフトを選ぶ際には、相手が普段から花を飾る習慣があるか否かも重要なポイントとなります。数あるフラワーギフトの中でも、フラワーアレンジメントやリース、スワッグ、ハーバリウムなど、受け取ったらすぐに飾れるタイプのものは、普段花を飾る習慣がなくお手入れに不慣れな方でも、気軽に花を楽しんでいただけるでしょう。男性へのプレゼントにもぴったりですね。

また、花を育てるのが好き、ガーデニングか趣味という方に花を贈る場合には、切り花ではなく鉢植えタイプのものを選ぶのもよいでしょう。切り花よりも長い期間飾ることができるだけでなく、水やりなどの日頃の花のお手入れの時間もリラックスできるひとときとして楽しんでいただけそうですね。

おすすめのフラワーギフト

  • 花束
  • フラワーアレンジメント(ボックスフラワー、フレームアレンジなど含む)
  • 鉢植え
  • リース
  • スワッグ
  • ハーバリウム

両親に贈る感謝の花ギフト

両親に贈る感謝の花ギフト
母の日や父の日、誕生日、敬老の日、結婚記念日など、両親に花を贈り感謝の気持ちを伝える機会はたくさんあります。もちろん、このような特別な日に限らず、思い立ったときにふとプレゼントしても素敵ですね。

お花を育てるのが好きなご両親なら、ピンクのミニバラやカーネーション、カンパニュラなど旬の鉢植えを選んでみてはいかがでしょう。落ち着いた雰囲気のお花が好みなら、トルコキキョウも飾りやすくおすすめです。かすみ草やレースフラワーを添えたブーケやアレンジメントで、感謝の気持ちを伝えましょう。

還暦祝い
60歳を祝う還暦のプレゼントは赤いバラが定番ですが、感謝を伝える赤いポピーも可愛らしくておすすめ。
ナチュラルなアレンジメントや、長く飾れる押し花アートも元気が出るフラワーギフトで人気を集めていますよ。

パートナーに贈る感謝の花ギフト

パートナーに贈る感謝の花ギフト
大切なパートナーには、誕生日のほか交際記念日や結婚記念日、バレンタインデーやホワイトデーなどで花のプレゼントをすると喜ばれます。女性にはピンクのガーベラやピンクのバラをメインとしたブーケやアレンジメントが定番ですが、かすみ草をメインにしたナチュラルで素朴なブーケやリース、スワッグなどもとても可愛らしいですよ。お相手のイメージに合わせて花選びを楽しみましょう。

男性へのプレゼントなら、トルコキキョウや白いダリアなどをグリーンと一緒にアレンジしたさわやかなフラワーギフトもおすすめ。感謝の花言葉を持つ花に、愛情を示す赤いバラやひまわりなどを組み合わせるのも素敵ですね

フラワーバレンタイン
バレンタインデーは女性が男性へチョコレートをプレゼントするイベントとして知られています。
ですが、男性から女性へ花を贈るフラワーバレンタインという慣習も少しずつ普及してきました。
普段花を贈り慣れていない男性も、ぜひイベントにあやかりフラワーギフトをパートナーにプレゼントしてみてはいかがでしょう。

恩師や上司に贈る感謝の花ギフト

恩師や上司に贈る感謝の花ギフト
お世話になった先生や職場の上司が退職される際や、子どもの卒園式などで担任の先生に感謝の気持ちを伝える際に贈るフラワーギフトは、花束が定番です。見栄えがしてセレモニーを盛り上げてくれますので、豪華なものを選びましょう。感謝の花言葉を持つ切り花には、可愛らしい印象の花(ピンクのガーベラやバラ、赤いポピー)も落ち着いた印象の花(白いダリアやトルコキキョウ)もあります。お相手のイメージに合うよう上手に組み合わせてアレンジしましょう。

機能性の高い花束も
花束は見栄えがする反面、大きいため持ち運びがやや大変、花瓶に生ける手間がかかるというデメリットもあります。
最近では、ラッピングを外さずにそのまま立てて飾れるタイプの花束も販売されています。お花の扱いに慣れていない方に花束を贈る場合にも、喜ばれそうですね。
また、定番にこだわらず飾りやすいフラワーアレンジメントを選んでもいいでしょう。
感謝の気持ちを花言葉で伝えよう!大切な方へ花の贈り物をしてみませんか?

春らしい花束ってどんなもの?おすすめの花と組み合わせとは

友人に贈る感謝の花ギフト

友人に贈る感謝の花ギフト
ご友人にお世話になって感謝の気持ちを伝えたいときには、相手に気を遣わせないようなカジュアルなフラワーギフトがおすすめです。ちょっとしたお菓子にミニブーケを添えるような贈り方がいいでしょう。感謝の花の定番でもあるピンクのガーベラがメインのミニブーケはよく見かけられます。そのままグラスに生けて飾れるキッチンブーケやグラスブーケなら、予算1000円程度で可愛らしいものが選べます。

また、ミニリースやスワッグ、ハーバリウム、ボタニカルキャンドルなども、友人へのギフトにおすすめのアイテム。ドライフラワーのかすみ草やレースフラワーに、ラベンダーやミモザなど季節の花を合わせてナチュラルに仕上げたものはインテリアにもぴったりです。

感謝の気持ちを花言葉で伝えよう!大切な方へ花の贈り物をしてみませんか?

ドライフラワーで手作りキャンドルに挑戦!簡単な作り方と楽しみ方

PICK UP

大切なことは相手を想う気持ち

大切なことは相手を想う気持ち
花言葉を意識して花選びをするのはもちろん大切ですが、相手のことをじっくりと考えながら選ぶこともとても重要です。花言葉を意識するあまり、どんな花を贈ったらよいのか悩んでしまう…という方は、一旦花言葉のことは忘れて、相手の好みやイメージなどを思い浮かべながら選んでみてもよいでしょう。

花言葉をしっかりと意識したフラワーギフトはもちろん素敵ですが、相手のことを想いながら選んだ花であれば、気持ちは伝わるはず。花言葉は気持ちを伝える手段の一つという心持ちで、「相手が喜んでくれると嬉しいな」という気持ちを大切にしながら選びましょう。きっと喜んでくれる素敵なギフトになりますよ。

気持ちを伝えるひと工夫
なぜこの花を選んだのか、相手のことを考えて選んだ気持ちを言葉で伝えられたら素敵です。お話するのが難しい…という場合は、手紙を添えて贈るのもおすすめですよ。
また、ハンドメイドが好きな方は、手作りのフラワーギフトに挑戦してみてはいかがでしょう。世界で一つだけの素敵なプレゼントになります。

感謝の気持ちを花言葉で伝えよう!大切な方へ花の贈り物をしてみませんか?

花言葉を意識して選ぼう!幸せな意味を持つ花は?

PICK UP

まとめ

今回は、花言葉とはどんなものなのかを中心に、感謝の気持ちを伝えるのにおすすめの花について詳しくお伝えしました。花言葉を通して、普段からお世話になっている方にぜひ感謝の気持ちをお届けしてみてくださいね。花の贈り物はどんなシーンであっても喜ばれやすいものです。

この記事では、感謝の意味を持つ数々の花についてもご紹介してきました。大切な方へ日頃の感謝を伝えたいときには、感謝の花言葉を持つ花を意識してみるとともに、季節やシーン、相手の好みなどを考慮しながらぜひ素敵なフラワーギフトを贈ってくださいね。

この記事のまとめ

  • 花言葉とは、花や植物に特定の意味を持たせたもののこと。古くから世界で用いられてきた風習の一つ
  • 花言葉は誕生日や記念日、還暦などのお祝いのシーンにおすすめ。言葉で伝えるのが難しい日頃の感謝などを花言葉を通して伝えることができる
  • 花の種類だけでなく、同じ種類の花でも色によって花言葉が異なるものが多い。フラワーギフトに花言葉の意味を持たせたい場合には色選びにも注意が必要

Related Articles

花束に想いを込めて贈ろう!それぞれのシーンにふさわしい意味を持つ花とは

花束に想いを込めて贈ろう!それぞれのシーンにふさわしい意味を持つ花とは

素敵な意味を持つ花を選ぼう!花言葉に「愛」が含まれている花は?

素敵な意味を持つ花を選ぼう!花言葉に「愛」が含まれている花は?

花束を自分でラッピング!おしゃれな包み方で贈る花ギフト

花束を自分でラッピング!おしゃれな包み方で贈る花ギフト

Feature

hananowa Feature #2 Xing(シンフラワー)

hananowa Feature #2 Xing(シンフラワー)

hananowa Feature #1 KINTO

hananowa Feature #1 KINTO

目次

ショップ掲載について

New Articles

腸内フローラを整える方法とは?腸内環境を改善して健やかな毎日を

腸内フローラを整える方法とは?腸内環境を改善して健やかな毎日を

オールインワン美容液の正しい使い方とは?メリットや選び方を徹底解説

オールインワン美容液の正しい使い方とは?メリットや選び方を徹底解説

健康的に痩せるために役立つ習慣とは?ダイエットを成功させるコツ

健康的に痩せるために役立つ習慣とは?ダイエットを成功させるコツ

Feature

hananowa Feature #2 Xing(シンフラワー)

hananowa Feature #2 Xing(シンフラワー)

hananowa Feature #1 KINTO

hananowa Feature #1 KINTO

Populer

1

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

2

知らないと損!チューリップの切り花を長持ちさせるコツとは?

知らないと損!チューリップの切り花を長持ちさせるコツとは?

3

基本の花束の作り方とは?初心者でもできるラッピングのコツもご紹介!

基本の花束の作り方とは?初心者でもできるラッピングのコツもご紹介!

4

簡単なのに美味しい!輸入牛肉を柔らかくする方法とは?

簡単なのに美味しい!輸入牛肉を柔らかくする方法とは?

5

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

6

プリザーブドフラワーは風水的に良いもの?運気アップにつながる飾り方もご紹介

プリザーブドフラワーは風水的に良いもの?運気アップにつながる飾り方もご紹介