花束は母の日の定番プレゼント!おすすめの理由と喜ばれる選び方のコツをご紹介

母の日にカーネーションやバラを贈りたいという人に昔から人気の花束。最近ではアレンジメントなどが主流になりつつありますが、花束も負けてはいません。特に、花を扱うことが好きで自分で花瓶に活けたり茎を切ったりすることが負担にならないお母さんにはおすすめのプレゼントですね。ここでは、母の日に贈る花束の魅力や選び方のコツをお伝えします。

花束の魅力はボリューム感!バリエーションも様々

花束がアレンジメントと違うのは、まず茎が長く残されているところでしょう。そのため、見た目にボリューム感がありますね。小さいものから大きいものまで、様々な花束を作ることができますが、たとえ3~4輪の少ない花束であっても、茎が長いというだけでそこそこ見栄えがします。また、オアシスに差すことができないような茎の細い繊細な花も束ねることができるので、茎の長ささえあれば、どんな花でもプレゼントできるメリットもあります。土台が不要なため予算を抑えることができ、アレンジメントと同価格でより花の数を増やせる点も魅力。

花束をオーダーする際には一本ずつ自分で花を選ぶこともできますし、イメージを伝えてお任せで作ってもらうこともできます。花や束ねるリボンなどの色合いによって雰囲気が変わるので、自由自在なのです。

おすすめは定番の花メインの花束

母の日のプレゼントとしておすすめの花束は、やはりカーネーションやバラをメインに作ったものでしょう。母への愛というメッセージが込められている赤いカーネーションを選べば、気持ちも伝わりやすそうですね。赤やピンクを基調にした優しいイメージの花束はお母さんにぴったりです。様々な花を合わせてもいいし、カーネーションだけ、バラだけをまとめて花束にしても素敵ですよ。

選び方は幾通りもあるので、じっくり選んでみてはいかがでしょう。ただし、白や黄色のカーネーションは花言葉などから嫌がる人もいるので注意が必要です。自分で選ぶのが不安な場合は、母の日のプレゼントと伝えれば、店員さんが花を選んで相応しい花束を作ってくれますよ。

お母さんのセンスに合わせたおしゃれな花束もアリ

定番の花束はちょっとつまらない…という人は、あえて定番を外してお母さんの好みに合わせたものをプレゼントしてみてはいかがでしょう。例えば、赤やピンクのイメージが合わない場合はブルーの花をメインにしたりグリーンを多めにしたりしても素敵ですよ。ストックやユリなども、上品でおすすめです。

また、花束は生花にこだわらずドライフラワーやアーティフィシャルフラワーで簡単に手作りすることもできます。花瓶に活けるのが苦手なお母さんにも、生花以外の花束ならそのまま寝かせて置いておくだけでおしゃれなインテリアになるのでおすすめ。華やかな花ではなく、くすんだ色合いのもので作るのがコツです。アンティーク好きなお母さんに喜ばれるプレゼントになるでしょう。

まとめ

母の日の花束は赤やピンクのカーネーションやバラというイメージがありますが、もっと自由な発想でプレゼントを選んでみてはいかがでしょう。生花が好きで、花瓶に活けて楽しみたいお母さんにはもちろん定番の花を贈るのも喜ばれますが、生花にこだわらず色合いも雰囲気も様々な花束ができることを覚えておくと、よりお母さん好みのプレゼントを贈ることができますよ。

Related Articles

お祝いに花を贈ろう!知っておきたい選び方や渡し方の注意点

お祝いに花を贈ろう!知っておきたい選び方や渡し方の注意点

父の日に贈りたいフラワーギフト!おすすめの花束の選び方

父の日に贈りたいフラワーギフト!おすすめの花束の選び方

育てられる癒しのギフトはいかが?観葉植物の喜ばれる選び方

育てられる癒しのギフトはいかが?観葉植物の喜ばれる選び方

目次

ショップ掲載について

New Articles

部屋に飾る花のポイントは?花を飾ってワンランク上の空間作りを

部屋に飾る花のポイントは?花を飾ってワンランク上の空間作りを

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方

あなたに合うルームフレグランスはどんなタイプ?素敵な香りで癒しの空間作りを

あなたに合うルームフレグランスはどんなタイプ?素敵な香りで癒しの空間作りを

Populer

1

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

2

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

3

知らないと損!チューリップの切り花を長持ちさせるコツとは?

知らないと損!チューリップの切り花を長持ちさせるコツとは?

4

ポプリとサシェの違いとは?香りを楽しむアイテムの活用法

ポプリとサシェの違いとは?香りを楽しむアイテムの活用法

5

花屋での独立開業後の平均年収って一体どれくらい?

花屋での独立開業後の平均年収って一体どれくらい?

6

多肉植物にカビが生えてしまった!原因と対処法をチェック

多肉植物にカビが生えてしまった!原因と対処法をチェック