「感謝」が伝わる花言葉!母の日にぜひ贈りたいおすすめの花

5月の第2日曜日は母の日です。この頃になると、花屋の店頭を始め街中に赤いカーネーションが並びますが、何気なく毎年手に取って贈っていた人も多いのではないでしょうか。今年の母の日は、花言葉からお母さんに贈る花を選んでみてはいかがでしょう。

そこで今回は、お母さんへの「感謝」の気持ちが伝わる、母の日にぴったりな花についてまとめました。

この記事はこんな人におすすめ

  • 母の日に毎年カーネーションを贈るのに飽きてきた…という方
  • 花言葉についてもっと詳しくなりたい方
  • 定番の花だけでなく、感謝の気持ちを伝える花を自分で選んでプレゼントしたいと思う方

定番!カーネーションの選び方

定番!カーネーションの選び方

母の日の不動の定番・赤いカーネーション。花言葉は、「母への愛」です。お母さんに愛情を伝えるのにぴったりの花言葉ですね。面と向かって愛情を言葉で伝えるのが気恥ずかしくても、花を贈ることで気持ちが伝わります。ちなみに、「感謝」という花言葉を持つのは、ピンクのカーネーションです。母の日ギフトのカーネーションと言えば、赤が一番多く見られますが、ピンクのカーネーションもわりとよく見かけるのではないでしょうか。特に「感謝」を伝えたい場合は、ピンクを選ぶのもいいでしょう。

赤とピンクのカーネーションを織り交ぜたアレンジメントや鉢物もおすすめです。ちなみに白いカーネーションは亡き母に贈る花とされていますので、ご健在なお母さんに贈る場合は注意が必要です。愛情と感謝の気持ちをカーネーションに込めてプレゼントしましょう。

カーネーションは赤とピンクが安心
赤は「母への愛」、ピンクは「感謝」ですので、どちらも母の日のギフトにはぴったりですね。一方、黄色いカーネーションには「美」というポジティブな意味とともに「軽蔑」というネガティブな意味の花言葉があります。
黄色い花が好きなお母さんに贈りたいという場合は、一言フォローしておくといいかもしれませんね。
「感謝」が伝わる花言葉!母の日にぜひ贈りたいおすすめの花

海外の母の日はどうなってるの?世界各国の母の日の違いをチェック

バラとガーベラはピンクがおすすめ

バラとガーベラはピンクがおすすめ

バラも母の日に贈る花として人気が高いです。バラもガーベラもアレンジメントに多く取り入れられている花ですので、母の日にも店頭でよく見かけるのではないでしょうか。特に、母の日にプレゼントするならバラもガーベラもピンクを選ぶのがおすすめです。

ピンクのバラとガーベラの花言葉は「感謝」

ピンクのバラには「感謝」という花言葉があります。色も優しく温かい感じのするピンクの花は、お母さんに贈るのにぴったりですよね。同じくピンク色のガーベラも、花言葉が「感謝」です。いずれも花言葉としてはピンク色を選ぶのが最も母の日にはふさわしいでしょう。花言葉も見た目もプレゼントに選びやすいピンクのバラとガーベラ。毎年カーネーションばかりで飽きたという人にもおすすめです。

ちなみにバラもガーベラも、淡いピンクや濃いピンクなど色合いが微妙に違いますので、ピンクに絞っても大きな花屋さんではバリエーションがかなり豊富。お母さんに似合うピンクを探してみてはいかがでしょう。

ピンクのバラ、ガーベラも母の日の定番になりつつある
赤やピンクのカーネーションが並ぶ傍らに、ピンクのミニバラの鉢植えやバラとガーベラで作られたアレンジメントもよく見かけられるようになりました。母の日=母に感謝を伝える日として定着していることから、感謝という意味を持つ花であるピンクのバラとガーベラも定番化してきたのかもしれませんね。

バラもガーベラも色によって花言葉が異なる

バラもガーベラも色によって花言葉が異なる

バラもガーベラも色の種類が豊富で、色によって花言葉が異なるという特徴があります。例えば赤いバラは「情熱」や「あなたを愛しています」、白いバラは「純潔」、ピンクのバラは「感謝」以外にも「上品」「しとやか」といった意味を持ちます。ガーベラも、赤は「情熱」「熱愛」、白は「律儀」「希望」、ピンクは「感謝」の他「崇高美」「熱愛」というように色によって意味がかなり異なります。単色で贈る場合には特に花言葉の意味合いが強まりますので、事前に調べておくと安心ですね

ちなみに複数の色を組み合わせて贈る場合は、同義語なら意味が深まり、違う意味の花言葉なら分散され和らぎます。きれいだけどネガティブな花言葉を持つ花を選ぶ場合は、違う色や違う種類の花と組み合わせてアレンジするのがおすすめです

黄色いバラはNG?
情熱的でロマンチックな花言葉の多いバラですが、黄色には「嫉妬」という花言葉があり避けられがちです。ですが「友情」というポジティブな意味も実は持っているのです。また、あまり知られていませんが、日本では父の日に黄色いバラを贈る風習もあるのですよ。
西洋では黄色が避けるべき色とされてきたことから花言葉もネガティブなものが多いといわれています。それを踏まえつつ、アレンジメントに上手に入れるなど工夫すれば黄色いバラも使えないことはありません。

定番意外に押さえておきたいおすすめの花

定番意外に押さえておきたいおすすめの花

定番の花はいかにもという感じでちょっと…という方や、赤やピンクはあまりお母さんに似合わないという方は、どんな花をプレゼントすればいいか悩んでしまいがちですよね。そんな方のために、ポジティブな花言葉を持ち母の日に贈りやすいおすすめの花をご紹介しましょう。

白いダリア

白いダリア

ダリアにも様々な色がありますが、中でも白がおすすめ。白いダリアは花言葉が「感謝」なので、母の日にぜひ贈りたい花の一つといえるのです。キク科のダリアは大輪の花が特徴的で、一輪だけでも存在感が強く見栄えがするのも魅力ですね。アレンジメントに入れても華がありますし、和の雰囲気も感じられ素敵です。

シックなプレゼントを選びたいという方からも、密かな人気を集めています。定番ではない花を選びたいという方人は、まずはダリアを候補にするといいかもしれませんね。

カスミソウ

カスミソウ

また、同じく白い花としてはカスミソウもおすすめです。カスミソウも実は「感謝」という花言葉を持ちます。小さく可憐な花が魅力的なカスミソウは、他の花に添えられていることがほとんどの脇役的存在ですが、母の日にもふさわしい花なのですね。

フラワーアレンジメントやブーケに加えることで、優しい印象にしてくれるでしょう。ぜひ選ぶ際には注目してみて下さいね。

チューリップ

チューリップ

春の花の代表であるチューリップも可愛らしい形と明るい色合いが女性に大人気です。季節限定の花ではありますが、母の日の頃にもまだ市場に出ているので選ぶことは可能です。チューリップには様々な色がありますが、全般的な花言葉は「思いやり」ですので、母の日におすすめです。

ただし、チューリップもバラやガーベラと同じように色によって異なる花言葉を持っており、中にはネガティブな意味のものもあるため注意が必要です。特に白は「失われた愛」、黄色は「望みのない恋」という意味ですので単体ではプレゼント向きとはいえないかもしれません。ですがいずれもきれいな花です。他の色と一緒に贈ることで全般的な花言葉を持たせるようにするといいでしょう。

クレマチス

クレマチス

上品で優しい雰囲気のお母さんにぴったりなのが、クレマチスです。花自体が上品な雰囲気を持ちますし、「深い思いやり」という花言葉がありますので母の日に贈りやすい花といえるでしょう。

特にクレマチスは切り花よりも鉢植えの状態で販売されていることが多いため、花を育てるのが好きなお母さんにぴったりです。

定番以外のおすすめの花・花言葉まとめ

  • 白いダリア…「感謝」
  • カスミソウ…「感謝」
  • チューリップ…「思いやり」。白は「失われた愛」、黄色は「望みのない恋」のため、他の色と組み合わせるとよい。
  • クレマチス…「深い思いやり」

感謝を伝えるフラワーギフトの選び方

感謝を伝えるフラワーギフトの選び方

「感謝」という花言葉を持つ花、また感謝の気持ちを伝えるのにぴったりな花は、たくさんあることがわかりました。定番の花ももちろん素敵ですが、他にも母の日にふさわしい花がいくつもあると知っているだけで、プレゼントできる花の選択肢がかなり広がるのではないでしょうか。

これまでご紹介してきた花のどれかを選んで贈るのもいいですし、数種類を組み合わせたものをプレゼントしても素敵ですね。では、フラワーギフトの選び方についても見ていきましょう。

「感謝」が伝わる花言葉!母の日にぜひ贈りたいおすすめの花

母の日には花束を贈ろう!お気に入りの花束の見つけ方

数種類の花を組み合わせたアレンジメント

感謝を伝えるフラワーギフトの選び方

カーネーションの花束や鉢植えを毎年贈るのに飽きたな…という方におすすめなのが、様々な花を組み合わせて作られたフラワーアレンジメントです。もちろん母の日の定番の花を中心にしてもいいのですが、アレンジメントの魅力は個性が出ること。色も赤やピンクにこだわらず、お母さんの好みの花やお母さんの雰囲気に合ったものを選べます。

プレゼント選びで重要なこと
花言葉だけでなく「相手への思いやりの気持ちで選ぶ」ということ。母の日なら、お母さんが喜びそうな花を選ぶことが最も大切なのです。そういう意味でも、定番にこだわったり花言葉に縛られ過ぎたりする必要はありません。

例えばグリーンが好きなお母さんには、観葉植物や多肉植物、ハーブがたっぷりのアレンジメントを贈るというのもアリなのです。

花をオーダーメイドする場合の注意点

花をオーダーメイドする場合の注意点

個性的なアレンジメントを希望する場合、母の日当日や直前に花屋に駆け込んでも受け付けてもらえない可能性が高いです。母の日は一年のうちで最も花屋さんが忙しい時期ですので、事前予約やネット注文がベター。実店舗では母の日の時期はオーダーメイドを受け付けていないことも少なくありません。

その場合はネットショップ(通販)で事前予約しておくと母の日に合わせて宅配してもらえますよ。店頭に出ているものではなくオリジナリティのあるギフトを贈りたい!という場合は、早め早めにプレゼントの計画を立て、確保しておくようにしましょう。

事前予約やネット注文する場合の注意点
母の日が近づくにつれて様々なアレンジメントが販売されていますが、人気の花屋さんのものだとすぐに売り切れになることも。事前にチェックし、売り切れになる前に注文しましょう。

お母さんの性格に合わせた選び方を

お母さんの性格に合わせた選び方を

生花で作られたフラワーギフトは、花のお手入れが苦手なお母さんには不向きと思っている方もいるかもしれませんね。でも、選び方を工夫すれば問題のないケースも多いです。例えば花束は受け取った後花瓶に生けなければなりませんし、長持ちさせるには水揚げや水切り、水の入れ替えなどのお世話も必要です。それが難しい場合は、そのまま飾っておけるフラワーアレンジメントを選びましょう。

生花はやがて枯れてしまいますが、長く楽しみたいという方にはプリザーブドフラワーで作られたアレンジメントを選ぶこともできます。また、リースやスワッグ、ハーバリウムといったアイテムを選んでもいいのではないでしょうか。好みの花や色から選ぶだけでなく、お母さんの性格に合わせて扱いやすさを考慮したものを選べば、きっと喜ばれますよ

他にもある!こんなフラワーアイテム
実用性のあるものが好きなお母さんには、花を使った小物を贈るのもおすすめです。プリザーブドフラワーが飾られたフォトフレームやアクセサリーボックス、小物入れなども人気がありますよ。どこに飾ってもらおうか、どんなものが使いやすいかな、などお母さんの暮らしをイメージしながら選ぶことも思いやりの一つですね。
「感謝」が伝わる花言葉!母の日にぜひ贈りたいおすすめの花

母の日にはリースをプレゼントしよう!定番にこだわらない選び方がおすすめ

まとめ

母の日に贈る花の持つ意味について、じっくりと考える機会は今まであまりなかったかもしれません。実は意外な花が「感謝」という花言葉を持っていたりするものです。

花をプレゼントする時には、花言葉をチェックすることが大切なので、これを機に他の花についても調べてみてはいかがでしょう。お母さんに感謝の気持ちが伝わる素敵な花をぜひ選んで下さいね。

この記事のまとめ

  • 定番のカーネーション、バラ、ガーベラは赤・ピンクに母の日にふさわしい花言葉がある
  • 母の日の定番の花に限らず、感謝という意味の花言葉を持つ花を選ぶのもおすすめ
  • 型にはまりすぎず、お母さんの好みや性格を考慮して選んだフラワーギフトをプレゼントすると喜ばれる

Related Articles

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

贈る相手を意識して。大切な人に贈る花束の選び方

贈る相手を意識して。大切な人に贈る花束の選び方

ガーベラをプレゼントする前に知っておきたい。色別の花言葉と素敵な贈り方

ガーベラをプレゼントする前に知っておきたい。色別の花言葉と素敵な贈り方

目次

ショップ掲載について

New Articles

長い期間楽しめる!プリザーブドフラワーとはどんな花?

長い期間楽しめる!プリザーブドフラワーとはどんな花?

贈り物にも人気!おしゃれな空間を演出するスワッグの魅力とは?

贈り物にも人気!おしゃれな空間を演出するスワッグの魅力とは?

花のある暮らしで癒され空間を手に入れよう!おうち時間の充実にも

花のある暮らしで癒され空間を手に入れよう!おうち時間の充実にも

Populer

1

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

2

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

3

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

4

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

5

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

6

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方