母の日にプレゼントするフラワーアレンジメント~おすすめの理由と選び方のコツ~

母の日のプレゼントと言えば、カーネーションを始めとした赤やピンクの花が定番ですよね。一輪の花をプレゼントするのも素敵ですが、大人になってから贈るなら、ちょっと豪華なものを選ぶのもおすすめ。そこで、フラワーアレンジメントが人気なのです。ここでは、母の日にフラワーアレンジメントがおすすめの理由と、プレゼント選びのコツについてお伝えします。

フラワーアレンジメントは華やかで喜ばれやすい

母の日にフラワーアレンジメントが選ばれる理由は、まずは見た目の華やかさにあるでしょう。パッと見ただけでとても豪華で見栄えがするので、プレゼント向きなのです。そして、花束やブーケのように花瓶に活ける必要もなく、そのまま置いておくだけで飾れる手軽さも人気の理由です。

このように手間をかけずにキレイな花を楽しめるということが、フラワーアレンジメントの大きなメリットなのですね。また、お母さんは普段フラワーアレンジメントをプレゼントされるような機会もあまりないので、特別な気分になれるでしょう。

王道の花メインのアレンジメント

では、母の日のプレゼントとして贈る場合、どのようなフラワーアレンジメントを選べばいいのでしょう。まずは、王道のカーネーションを中心とした赤やピンクの多いものがおすすめ。5月の二週目に入ると、このようなアイテムが花屋の店頭に並ぶようになるので、イメージしやすいのではないでしょうか。カゴや木箱に入ったおしゃれなアレンジメントがたくさんあるので、予算に合わせて選んでみて下さい。

カーネーションの他にもバラやガーベラなど、様々な花が織り交ぜられたものも素敵です。また、ユリや胡蝶蘭など、ちょっと渋めの花をメインにしたものも。お母さんの雰囲気に合わせて、母の日らしい商品から選べば間違いないでしょう。

お母さん好み重視の個性的なアレンジメント

カーネーションやバラは定番過ぎてつまらないという人は、お母さんの好きな花をメインにして作ってもらうのもおすすめ。いかにも母の日らしいアレンジメントも素敵ですが、あえて王道を外してお母さんらしさを大切にしたものをプレゼントするのも喜ばれますよ。ただし、季節限定の花の場合は5月には出ていないかもしれないので、事前にお母さんの好きな花をいくつかリサーチしておきましょう。

また、色も赤やピンクにこだわらず、お母さんの好きな色をメインにして作ってもらうこともできます。花材だけでなくカゴやリボン、装飾品によって雰囲気を変えることもできるので、店員さんにイメージを伝えて世界で一つだけのフラワーアレンジメントをプレゼントしましょう。

まとめ

フラワーアレンジメントはもともとプレゼントにふさわしいアイテムなので、母の日らしいものも多数並びます。その中から選ぶのもよし、より個性を出すためにオーダーしてもよし。また、自分でアレンジメント作りに挑戦してみてもいいですね。小さなものから大きなものまで、予算に応じて選ぶことができますよ。お母さんの喜ぶ顔を想像しながら、プレゼント選びを楽しんで下さい。

Related Articles

記念日にお祝いの花を贈るときのマナーとは?知っておきたいポイントをシーン別にご紹介

記念日にお祝いの花を贈るときのマナーとは?知っておきたいポイントをシーン別にご紹介

父の日に贈りたいフラワーギフト!おすすめの花束の選び方

父の日に贈りたいフラワーギフト!おすすめの花束の選び方

育てられる癒しのギフトはいかが?観葉植物の喜ばれる選び方

育てられる癒しのギフトはいかが?観葉植物の喜ばれる選び方

目次

ショップ掲載について

New Articles

長い期間楽しめる!プリザーブドフラワーとはどんな花?

長い期間楽しめる!プリザーブドフラワーとはどんな花?

贈り物にも人気!おしゃれな空間を演出するスワッグの魅力とは?

贈り物にも人気!おしゃれな空間を演出するスワッグの魅力とは?

花のある暮らしで癒され空間を手に入れよう!おうち時間の充実にも

花のある暮らしで癒され空間を手に入れよう!おうち時間の充実にも

Populer

1

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

2

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

3

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

4

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

5

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

6

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方