ギフトにもおすすめ!フラワーアレンジメントとはどんなもの?正しい管理方法もご紹介

大切な方への贈りものとしても人気の高い、フラワーアレンジメント。花のアレンジ方法にはいくつかの種類があり、フラワーアレンジメントのほかにも、生け花、花束など様々な名称のものがあります。フラワーアレンジメントと聞くと、どんなものが思い浮かびますか?

今回は数あるフラワーアイテムの中でも、フラワーアレンジメントとはどんなものなのかをお伝えしていきましょう。上手なお手入れ方法や、正しい管理方法についても詳しくご紹介しています。華やかなフラワーアレンジメントはギフトにも最適ですよ。ぜひ、参考にしてくださいね。

この記事はこんな人におすすめ

  • フラワーアレンジメントについて詳しく知りたい方
  • フラワーアレンジメントのお手入れ方法を知りたい方
  • 花のアレンジメントに興味がある方

フラワーアレンジメントとは?

フラワーアレンジメントとは?
フラワーアレンジメントには、「花を整える」「花を組み合わせる」「花を飾り付ける」などの意味があります。華やかな見た目のフラワーアレンジメントは、大切なお祝いや贈り物などに最適です。簡単に室内に飾ることができるという点も魅力の一つ空間をパッと明るく華やかに彩ってくれるフラワーアイテムですよ

最近では、お店で購入される方だけでなく、自身でフラワーアレンジメントを作ることを楽しみたいという方も増えており、習い事としても需要が高まってきています。

実は歴史の長いフラワーアレンジメント

実は歴史の長いフラワーアレンジメント
フラワーアレンジメントの歴史は古く、紀元前3000年頃のエジプトが発祥だといわれています。フラワーアレンジメントがこんなにも昔から人々にとって馴染み深いものだったとは驚きですね。当時は、花を装飾品や贈り物として活用していただけでなく、宗教的な意味合いでも用いられていました

その後、ルネサンスの時代にフラワーアレンジメントがフランスやイギリス、オランダなどのヨーロッパ全土に広がり、貴族や庶民にも馴染み深いものになりました。

日本にフラワーアレンジメントの文化が伝わったのは、明治時代とされています。晩餐会などで卓上花として、フラワーアレンジメントが飾られるようになったのが始まりだといわれています。

かごや器を使ったアレンジ

かごや器を使ったアレンジ
フラワーアレンジメントとは、一般的には器やカゴなどに吸水スポンジ(オアシス)を入れ、花を吸水スポンジに挿して完成させるアレンジのことをいいます。花瓶がなくても、すぐに部屋に飾ることができるフラワーアイテムで、花器によって雰囲気に変化をつけることができるのが魅力です。そのため、花束に比べてデザインの自由度が高いものともいえます。

可愛らしい印象の花を贈りたい時には、カゴを使ったフラワーアレンジメントを、目上の方やフォーマルなシーンでの贈り物の場合には陶器などの花器を使ったフラワーアレンジメントにするなど、シーンに合わせて様々なタイプを選択することが可能です。

初心者の方でもまとめやすい花器のサイズは?
フラワーアレンジメントに使用するのに適した花器のサイズは、直径が15cm程で高さが20cmほどのもの。
このくらいのサイズ感のものだと、初心者の方でも上手にアレンジをまとめて仕上げることができますよ。
また、白などを基調としたシンプルなデザインの花器を選べば、どんな花とも相性が良く、さらにどんなテイストのインテリア空間にもマッチします。
ギフトにもおすすめ!フラワーアレンジメントとはどんなもの?正しい管理方法もご紹介

長い期間楽しめる!プリザーブドフラワーとはどんな花?

生け花や花束との違いは?

生け花や花束との違いは?
フラワーアレンジメントとよく似たものとして、「生け花」や「花束」が挙げられます。これらはどれも同じものという解釈をしている方もいますが、実はそれぞれ特徴が異なります。一言でいい表すのは難しくなりますが、それぞれのフラワーアイテムが誕生したプロセスも異なるので、違うものであるということを理解しておきましょう。

フラワーアレンジメントと生け花

フラワーアレンジメントと生け花
例えば、フラワーアレンジメントと生け花は生け方が大きく異なります。吸水スポンジに挿して花を生けるフラワーアレンジメントに対し、生け花は剣山を使用するなど道具にも違いがあります。また、華やかさが重視されるフラワーアレンジメントは、花同士も隙間なく埋められていてボリューム感がある一方、生け花は芸術性が重視され、花同士もどこかゆとりのある生け方が印象的です

フラワーアレンジメントと花束

フラワーアレンジメントと花束
フラワーアレンジメントと花束の違いを簡潔に述べると、フラワーアレンジメントとは、花を吸水スポンジに挿してアレンジしたもので、花束は切り花をまとめたものだといえます。フラワーアレンジメントがそのまま飾れるのに対し、花束は必ず花器(花瓶)に生け替える必要があります。

ちょっとしたお花のプレゼントをしたい!と検討されている方は、フラワーアレンジメントよりも花束の方が気軽に渡せるかもしれませんね。逆に、新築祝いや開店祝いなどのお祝いのシーンにはボリューム感もあり、そのまま飾ることのできるフラワーアレンジメントを選ぶのがよいでしょう。

それぞれの違い

  • フラワーアレンジメント・・・西洋が発祥。吸水スポンジを使用した花のアレンジ
  • 生け花・・・日本が発祥。剣山を使用して花を生けるアレンジ
  • 花束・・・切り花をまとめたもの。飾る際に花器が必要

ギフトにもおすすめ!フラワーアレンジメントとはどんなもの?正しい管理方法もご紹介

記念日にはプリザーブドフラワーを贈ろう!プレゼントに選ばれる理由とは

フラワーアレンジメントの魅力とは?

フラワーアレンジメントの魅力とは?
ここからは、フラワーアレンジメントの魅力についてお伝えしていきましょう。母の日や敬老の日など日頃の感謝を伝えたいという時にもフラワーアレンジメントを検討する方が多いですよね。見た目の華やかさはもちろん、扱いやすさなど様々な面でフラワーアレンジメントならではの魅力やメリットがありますよ。

気軽に花を楽しむことができる

気軽に花を楽しむことができる
フラワーアレンジメントは、カゴや陶器などの花器に吸水スポンジを入れ花を挿していくアレンジメントです。そのため、贈られたフラワーアレンジメントや購入したものをそのままお部屋に飾ることが可能花を生けるという工程が必要ないため、自宅に花瓶がないという方や、花を生けるのが苦手という方にもおすすめです

フラワーアレンジメントと聞くと一見かしこまったもののようにも思えますが、実は気軽に花を楽しむことができるものなのです。

華やかでボリューム感がある

華やかでボリューム感がある
フラワーアレンジメントは、吸水スポンジに挿したアレンジのためボリューム感もあり華やかです。大切な方への贈り物にも最適ですよ。花だけでなく、花器次第でも様々なイメージを作り出すことができるのも魅力ですね。
また、色々なサイズのものを作ることができるので、結婚式やパーティー会場など広い場所に飾るものから、手に収まるサイズ感のものまで、シーンに合わせてサイズを選択することもできます

フラワーアレンジメントを活用するシーン

  • お祝い・・・誕生日・結婚記念日など
  • 感謝を伝える・・・母の日・父の日・敬老の日など
  • ビジネス・・・開業祝い・開店祝いなど

フラワーアレンジメントは生花のみで作られているの?

フラワーアレンジメントは生花のみで作られているの?
フラワーアレンジメントは、生花を用いて作られているものが主流ですが、生花以外のものもあります。プリザーブドフラワーやドライフラワー、アーティフィシャルフラワーなど、様々な花材で作ることが可能です。花材ごとに質感や手入れの仕方などそれぞれ異なる特徴があります。

また、どの花材で仕立てたフラワーアレンジメントを選択すべきかは、贈るシーンや飾る場所の環境によっても異なります。それぞれの特徴やメリット・デメリットを理解しながら、どんな花材のフラワーアレンジメントにするのかを決めていきましょう。

フラワーアレンジメントに使用されている主な花材

  • 生花
  • プリザーブドフラワー
  • ドライフラワー
  • アーティフィシャルフラワー

生花の場合

生花の場合
生花を用いたフラワーアレンジメントは、生花ならではの花のみずみずしさを存分に楽しめるのが魅力です。季節ごとの花を用いてフラワーアレンジメントを作ることができるなど、季節感を得やすい点も大きなメリットになります。また生花の場合、花の香りも感じやすく室内に飾るだけで香りにも癒されることでしょう。花を綺麗に保てる期間は長くても1週間ほど。短くも感じますが、それゆえに気軽に飾ることができるともいえますね。

注意すべき点は、水やりが必須となること。生花を用いているため、水やりを行わないとすぐに花が悪くなってしまいます。吸水スポンジにたっぷりと水を含ませておくことで、花全体に水分を行き渡らせることができますよ。

生花を用いたフラワーアレンジメントの特徴

  • 生花ならではの花びらの質感や花の香りを味わえる
  • 季節感を得やすい
  • 定期的な水やりが必要
  • 寿命は約1週間ほど

プリザーブドフラワーの場合

プリザーブドフラワーの場合
プリザーブドフラワーを用いたフラワーアレンジメントの最大の魅力は、お手入れの手軽さです。生花を用いたものと違って水やりをする必要がないため、花のお手入れをこまめにはできないという方でも気軽に飾ることができますよ

また、長い期間飾ることができるという点も大きなメリットではないでしょうか。プリザーブドフラワーは色素を抜き、特殊な薬剤で着色された花です。特殊加工が施されているため、数年単位で花の美しい状態を保つことが可能となります。湿気が比較的多い日本でも、保管状態が良ければ約2年〜3年ほどは飾ることができますよ。

プリザーブドフラワーは、茎を取り除いて加工することが多いです。そのため、フラワーアレンジメントにする際には、ワイヤリングしたプリザーブドフラワーを吸水スポンジに挿していきます。花の色や形状が豊富なため、他の花材では作り出すことのできないようなカラフルなフラワーアレンジメントを作ることもできます

プリザーブドフラワーを用いたフラワーアレンジメントの特徴

  • 保存期間が長い
  • 他の花では作り出すことのできない色の花のアレンジメントを作ることが可能
  • 特殊な加工を施している花材のため、価格は高め

ドライフラワーの場合

ドライフラワーの場合
ドライフラワーを用いたフラワーアレンジメントは、カジュアルな印象やアンティークな雰囲気を持つものが多く、オシャレに仕上がりますよ。こちらもプリザーブドフラワーと同様に水やりの必要がなく、長い期間飾ることができる点がメリットです。ナチュラルインテリアや北欧インテリア、韓国インテリアなどとの相性も良く、比較的若い年齢層の方でも気軽にフラワーアレンジメントを楽しんでいただくことができます。

水やりの必要はありませんが長期間飾ることができるがゆえに、ほこりが溜まりやすい点に注意が必要。定期的にほこりや汚れをとるなどのお手入れは忘れないようにしましょう。

アーティフィシャルフラワーの場合

アーティフィシャルフラワーの場合
アーティフィシャルフラワーを用いたフラワーアレンジメントも最近注目を集めています。アーティフィシャルフラワーとは、生花をリアルに再現した造花のこと。ひと昔前であれば、造花と聞くと偽物の花でチープ感がある印象も強かったですが、近年ではクオリティも向上しており、生花と見間違えるほどの美しさを表現することができる花も数多く作られています。

アーティフィシャルフラワーの最大のメリットは、劣化しにくく保存性が高いという点。生花に限らず、プリザーブドフラワーやドライフラワーでも経年劣化は防げません。それに対し、アーティフィシャルフラワーは枯れてしまうということがないため、保管の仕方によっては永遠に残しておくことも可能です。

フラワーアレンジメントを作る時のポイント
アーティフィシャルフラワーでフラワーアレンジメントを作る場合には、ある程度高価格帯のものを使用するのがおすすめです。
高品質な花材を選ぶことでフラワーアレンジメント自体の質も向上し、美しいものに仕上がります。

同じ予算でアレンジを作る場合はボリュームに注意

同じ予算でアレンジを作る場合はボリュームに注意
生花以外にも、プリザーブドフラワーやドライフラワー、アーティフィシャルフラワーなどでもフラワーアレンジメントを作成することは可能ですが、それぞれ花材自体の単価が異なってきます。例えばプリザーブドフラワーは花の単価が高くなるため、同じ予算で作った場合、生花のフラワーアレンジメントに比べると少しボリュームダウンしてしまいます

フラワーアレンジメントは、自分のための購入するものというより、大切な方への贈り物として選ぶシチュエーションの方が多いかと思います。どの花を使いたいかによって金額の幅が異なるので、花屋さんなどで相談しながら選ぶといいでしょう。

花材を組み合わせるのもおすすめ
プリザーブドフラワーのフラワーアレンジメントを贈りたいけど予算との兼ね合いがうまくいかない…という場合には、プリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワーを組み合わせたものにするという方法もあります!
価格を抑えながらもボリューム感のあるものに仕上がるため見映えもよく、プレゼントにもおすすめです。
ギフトにもおすすめ!フラワーアレンジメントとはどんなもの?正しい管理方法もご紹介

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

フラワーアレンジメントの管理方法

フラワーアレンジメントの管理方法
フラワーアレンジメントは飾りっぱなしでOKというものではありません。定期的にお手入れをすることで、より長い期間楽しむことができるようになります。特に、生花を用いたフラワーアレンジメントは、他の花材で作られたものに比べて日頃のお手入れや管理方法が重要になります

ここからは、フラワーアレンジメントの管理方法やお手入れ方法についてお伝えしていくので、参考にしてくださいね。フラワーアレンジメントを大切な方に贈る際にも、お手入れの仕方を相手に簡単に伝えておくと、贈られた側も安心して花を飾ることができますよ。フラワーアレンジメントをいただいた時、まずはどんなお手入れが必要になるのかを手順を追ってお伝えしましょう。

セロファンを外す

セロファンを外す
生花を用いたフラワーアレンジメントの場合、透明のセロファンでアレンジメントが包まれていることがほとんどかと思います。このセロファンをそのままにした状態で飾っている方も多くいらっしゃいますが、実はNGです。まずは室内に飾る前に、フラワーアレンジメントを包んでいるセロファンを外しておきましょう

セロファンをそのままにしておくとどうなる?
 セロファンをそのままにしておくと湿気がこもりやすくなってしまうため、カビの発生や花の劣化につながります。

水やりを行う

水やりを行う
プリザーブドフラワーやドライフラワー、アーティフィシャルフラワーを用いたフラワーアレンジメントでは、水やりの必要はありませんが、生花の場合は水やりが必須となります。生花を用いたフラワーアレンジメントをいただいたら、飾る前にまず水やりを行いましょう吸水スポンジの色が濃く変わるのがわかるように、しっかりと水分を吸収させてくださいね

飾る場所を決める

飾る場所を決める
フラワーアレンジメントを飾る場所は、どの花材の場合でも直射日光の当たらない風通しの良い場所が最適です。特にプリザーブドフラワーやドライフラワーの場合、直射日光の当たる場所にフラワーアレンジメントを飾ってしまうと、花びらのひび割れや褪色が起こるなど花の劣化にもつながります。風通しの良い場所がない場合は、適度に窓を開けて風の流れを作るなどの工夫をするといいでしょう

日常的なお手入れは?

日常的なお手入れは?
日常的なお手入れの方法についてもお伝えしていきましょう。朝起きた時や、帰宅した時などにフラワーアレンジメントの様子を見るようにするなど、普段から花の様子を観察することを習慣付けておくと、お手入れも無理なく暮らしの一部に取り入れることができますよ

吸水スポンジへの水やり

吸水スポンジへの水やり
生花を使ったフラワーアレンジメントの場合、忘れてはいけないのは定期的な水やりです。水やりの頻度は夏であれば毎日、冬であれば3日に一度を目安にするといいでしょう

水やりの際は、少しずつスポンジに吸水させるのがポイントです。スポンジの端から水を吸わせると満遍なく水が行き渡りますよ。夏場などで気温が高い場合には、先にスポンジ底に残った水を捨ててから水やりを行うと、清潔な状態を保つことができますよ

延命剤などを使うのはOK?
水やりの際に、切花の延命剤などを水で薄めたものを使用することも可能です。
延命剤を使用することで、菌の繁殖を防ぐ効果や花を長持ちさせてくれる効果が期待できます。

傷んだ花を取り除く

傷んだ花を取り除く
フラワーアレンジメントを数日飾っていると、傷んでいる花や咲き終わった花も出てきます。そのような時には傷んだ花を取り除くことも大切なお手入れの一つです。フラワーアレンジメントは花同士が密集しているため、傷んだ花をそのまま放置しておくと、そこから雑菌が繁殖してしまうことがあります傷んだ花を見つけたら、吸水スポンジから抜き取るようにしましょう

花が少なくなってしまったら?
傷んだ花を取り除いて、花がスカスカになってしまったら、新たに花を挿したり花の位置を変更してみるなどして、フラワーアレンジメントのバランスをうまく整えましょう。

フラワーアレンジメントを楽しんだあとは?

フラワーアレンジメントを楽しんだあとは?
生花の場合、フラワーアレンジメントとしての寿命は約1週間ほどとなります。それよりも少し前に、フラワーアレンジメントに使われている花を花瓶に生け直すなど、新たな方法で花を楽しむことも可能ですよ。傷んだ花を取り除いたりして、花の本数が少なくなってきてしまった場合には、少しずつ小分けにして花瓶に生けて飾るのもおすすめです。

ギフトにもおすすめ!フラワーアレンジメントとはどんなもの?正しい管理方法もご紹介

記念日にはフラワーアレンジメントを贈ろう!気軽に飾れる相手思いのプレゼント

まとめ

今回は、フラワーアレンジメントについて詳しくお伝えしました。フラワーアレンジメントとは、花瓶を必要とする花束や、剣山を使用する生け花とも異なり、華やかで装飾性の強いアレンジとなります。使用する花材によって飾ることができる期間が異なるほか、仕上がりの印象も変わります。様々なフラワーアレンジメントを作り出すことができるため、多くのシーンで活用することができますね。

また、正しいお手入れや管理を行うことで、より長い期間フラワーアレンジメントを楽しむことができます。大切な方に花を贈りたいという場合には、贈る相手やシーンをイメージしながら、ぜひ素敵なフラワーアレンジメントを選んでみてくださいね。

この記事のまとめ

  • フラワーアレンジメントとは、吸水スポンジに花を挿して仕上げていくアレンジ。花束や生け花とはアレンジ方法や意味合いが異なる
  • フラワーアレンジメントは生花のほか、プリザーブドフラワーやドライフラワー、アーティフィシャルフラワーなど様々な花材で作成できる。花材によって飾れる期間や価格帯も異なるので、シーンに合わせた選択が必要
  • 生花を使ったフラワーアレンジメントの場合、水やりが必須。また、枯れてしまった花はこまめに抜き取るなどのお世話をすると、より長い期間楽しむことができる

Related Articles

「ささやかな暮らし」に花をプラスしよう!暮らしに彩りを添える花の取り入れ方とは?

「ささやかな暮らし」に花をプラスしよう!暮らしに彩りを添える花の取り入れ方とは?

エアプランツのおしゃれな飾り方とは?初心者にもおすすめの方法をご紹介

エアプランツのおしゃれな飾り方とは?初心者にもおすすめの方法をご紹介

お部屋に飾る人気の花の種類とは?花瓶選びのポイントもご紹介

お部屋に飾る人気の花の種類とは?花瓶選びのポイントもご紹介

目次

ショップ掲載について

New Articles

暮らしvlog/ 森のような癒しの部屋に/ ボタニカルランプシェードを作る/ 季節によりそう暮らし

暮らしvlog/ 森のような癒しの部屋に/ ボタニカルランプシェードを作る/ 季節によりそう暮らし

「ささやかな暮らし」に花をプラスしよう!暮らしに彩りを添える花の取り入れ方とは?

「ささやかな暮らし」に花をプラスしよう!暮らしに彩りを添える花の取り入れ方とは?

見て、育てて、癒される!多肉植物の育て方

見て、育てて、癒される!多肉植物の育て方

Populer

1

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

2

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

3

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

4

ドライフラワーには寿命がある?長持ちさせる方法と廃棄するタイミングの見極め方

ドライフラワーには寿命がある?長持ちさせる方法と廃棄するタイミングの見極め方

5

おしゃれなリースを手作りしよう!花材別の作り方をご紹介

おしゃれなリースを手作りしよう!花材別の作り方をご紹介

6

プリザーブドフラワーは風水的に良いもの?運気アップにつながる飾り方もご紹介

プリザーブドフラワーは風水的に良いもの?運気アップにつながる飾り方もご紹介