記念日にはプリザーブドフラワーを贈ろう!プレゼントに選ばれる理由とは

プレゼントとして贈る機会の多い「花」。生花も素敵ですが、お手入れがいらない上に長く飾ってもらえるプリザーブドフラワーの人気も高まっています。プリザーブドフラワーは高級感があり、記念日のプレゼントにぴったり。また多くの方から選ばれる人気の花ですので、プレゼント用アイテムも豊富に揃っています。

そこで今回は、そんなプリザーブドフラワーの魅力と記念日に贈るのにふさわしい理由、そしておすすめのアレンジメントをご紹介します。大切な方へのプレゼント選びの参考になさってください。

この記事はこんな人におすすめ

  • プリザーブドフラワーがどんなものか知りたい方
  • プレゼントにおすすめの理由を知りたい方
  • どんな商品が販売されているのか興味がある方

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーとは
プリザーブドフラワーは生花を特殊加工して作られます。みずみずしい生花の水分を抜くと同時に色素を注入することで、生花の風合いはそのままに、色鮮やかな状態を長い間保つことができる花に変化させます。

長期保存が可能な花は、ほかにもドライフラワーやアーティフィシャルフラワーがありますが、見た目や触感が生花とは異なります。一方、プリザーブドフラワーは生花の花びらの柔らかさや繊細さが保たれています。この点がプリザーブドフラワーならではの魅力であり、多くの方に好まれる理由です。

プリザーブドフラワーの種類
作品に使用される機会が群を抜いて多いのはバラです。
加えて紫陽花やカーネーション、ガーベラ、トルコキキョウ、マム、胡蝶蘭などがプリザーブド加工され、アレンジメントに使用されています。
また、ジャスミンやデンファレといった小花や、ラムズイヤーなどの葉、苔、蔓もののアイビーなどもあります。

プリザーブドフラワーの特徴

プリザーブドフラワーの特徴
一輪一輪丁寧に作られているプリザーブドフラワー。その美しさを生かしたさまざまなアレンジメントが販売されています。プリザーブドフラワーは通常、花の部分のみをカットしてプリザーブド加工されます。このため、鮮やかな色の花が品よく並んでいるデザインのものが主流です。また、大きなものより手頃で飾りやすいコンパクトなサイズのものの方が多く取り扱われています。

茎や葉がついているものも、数はあまり多くありませんが販売されています。こちらはおしゃれに一本ずつラッピングして渡されることが多いようです。ほかのプレゼントに添えて贈ると、とても華やかで印象的ですね。

生花と同じ見た目を持つプリザーブドフラワーは、美しさのほかにも特徴があります。ここからは、プリザーブドフラワーのメリットについてさらに詳しくお伝えしていきます。

記念日にはプリザーブドフラワーを贈ろう!プレゼントに選ばれる理由とは

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

長期保存が可能

長期保存が可能
プリザーブドフラワーの最大の魅力は、長期保存ができること。切り花は残念ながら短期間で枯れてしまいますが、プリザーブドフラワーなら何年もきれいな状態を楽しむことができます。保存できる期間は、ヨーロッパでは10年近くといわれています。日本は湿度が高いためそこまで長くは持ちませんが、一般的には2年前後、環境がよければ7、8年はきれいなまま飾れます。

本来枯れてしまうはずの花が鮮やかな色を保ち続けるのですから、記念日のプレゼントにぴったりといえるでしょう。長い間きれいな花を楽しむことができるのは、贈る側・贈られる側双方にとって嬉しいことですね。

プリザーブドフラワーを飾る場所に注意
プリザーブドフラワーはとてもデリケートです。
高温多湿な場所に置くと花びらが透明になったり、着色液が染み出したり、カビが生えたりする場合もあります。
逆に乾燥しすぎると花びらがひび割れますし、強い光は色あせの原因になります。

プリザーブドフラワーの管理の仕方をご存じない方も少なくありません。プレゼントするときには、直射日光の当たらない風通しのよい場所に置くよう、伝えておくと安心ですね

華やかで美しい色合い

華やかで美しい色合い
プリザーブドフラワーは特殊加工する際、本来の花の色に似せた色合いにする場合もありますが、逆にあまり見たことのない色に変えることもできます。それがプリザーブドフラワーのもうひとつの魅力です。

色の濃さや明るさもバラエティ豊か。中には一輪の花の中に複数の色が入っているものや、淡い色から濃い色へのグラデーションになっている花もあります。実際、プレゼントでは生花にはない特別な色の花を選ぶ方も多いです。元々美しい生花に一手間加えた花であるプリザーブドフラワーですが、色にこだわることでさらに特別感を出すことができますね

プリザーブドフラワーならではの色
赤、ピンク、オレンジ、黄色、ブルー、紫、白、グリーンなど、花の色としてよく見るものだけでなく、茶色や黒のものもあります。
個性的なアレンジメントができあがりそうですね。
記念日にはプリザーブドフラワーを贈ろう!プレゼントに選ばれる理由とは

プリザーブドフラワーは枯れるの?美しさを長く保つための工夫とは

プレゼントにおすすめの理由

プレゼントにおすすめの理由
記念日にきれいな花を贈りたいと思う方は多いでしょう。生花店に行けばすぐに花束は手に入りますが、たまには少し違ったものを贈りたい、あるいは長く飾れる花にしたいと思ったときには、プリザーブドフラワーを選択肢に入れてみてください。

小ぶりな花が並ぶ上品なアレンジメントには、独特の世界観があります。生花ならではの繊細な美しさを何年にも渡って楽しめるプリザーブドフラワーは、きっと記憶に残る記念日のプレゼントになるでしょう。少しの手間と時間をかけて、受け取られる方にぴったりのプレゼントを準備してみませんか。プリザーブドフラワーは、受け取る方にとっても次のようなメリットがあります。

手間がかからない

手間がかからない
プリザーブドフラワーは生花のように水を入れ替えたりする必要はなく、手間をかけずにきれいな状態を楽しむことができます。見た目が美しいうえに扱いもラクという便利さが、多くの方から支持される理由といえるでしょう。

また、販売されている商品の中には、ガラスやアクリルのケースに入っているものもあります。これなら埃から花を守ることができますし、お手入れはケースを拭くだけですからとても簡単。ケースがないものより、さらに長く色鮮やかな状態をキープできますよ。

埃が溜まったら
ケースに入っていないアレンジメントの場合は、どうしても花に埃がついてしまいます。
そんなときはドライヤーの冷風を少し離れたところから当てて、埃を吹き飛ばしましょう。また毛の柔らかな化粧用ブラシでなどでそっとはらってください。
いずれにしてもプリザーブドフラワーはとてもデリケートですので、できるだけ優しく取り除いてくださいね。

お手入れが不要という点では、病気で療養中の方や、ご高齢の方に差し上げる花としてもおすすめです。誕生日や記念日のプレゼントとして、見るたびに明るい気分になれる華やかなプリザーブドフラワーを選んでみてはいかがでしょう。

記念日にはプリザーブドフラワーを贈ろう!プレゼントに選ばれる理由とは

お見舞いにはプリザーブドフラワーがおすすめ!贈るメリットと事前に知っておきたい注意点

特別感がある

特別感がある
プリザーブドフラワーは特殊加工が施されていますので、ほかの種類の花と比べると必然的に価格が少し高くなります。そのため、一般的には高級なイメージや特別感がある花として認識されています。だからこそ、日常使いというよりは大切な方に贈る花として選ばれています。まさに特別なプレゼントにふさわしい花といえますね。

また、あえて美しく繊細なものを贈ることで、プリザーブドフラワーのようにその人のことを大切に想っている気持ちが伝わるかもしれません。そうすれば、受け取った方は自然とその花を大切にしてくれるでしょう。

豪華な見た目のアレンジメント
染色するだけでなく、ゴールドやシルバー、パールの細かいラメがつけられたプリザーブドフラワーもあります。一輪だけでも存在感がありますよ。

プレゼントアイテムの選び方

プレゼントアイテムの選び方
プレゼント用に作られたアレンジメントには、かわいらしいものから置くだけでおしゃれなインテリアになるもの、あるいは、まるでアクセサリーのように華やかな商品もあります。選択肢が豊富で迷ってしまいそうですね。

プリザーブドフラワーは専門店のほか生花店や手芸品店、インテリアショップなどで販売されています。また、実店舗だけでなくネットショップでも取り扱われています。誕生日プレゼントや新築・引越し祝い、ウェディングギフトなど、記念する内容に合わせて選びましょう。

退職祝いにも
長年お世話になった上司の方へプリザーブドフラワーを贈りませんか。
シックな色味のものを選べば落ち着いた雰囲気の花のプレゼントになり、部屋に飾りやすいです。少し値が張りますが、感謝の気持ちが伝わるプレゼントになるでしょう。

おすすめのプレゼントアレンジ

おすすめのプレゼントアレンジ
せっかくの記念日のプレゼントですので、ちょっと奮発してプリザーブドフラワーオンリーのアレンジメントがおすすめです。とてもエレガントで、それぞれの花の繊細な魅力を十分に引き出している作品が見つかるでしょう。

一方で、プリザーブドフラワーにアーティフィシャルフラワーを添えて作られたアレンジメントも販売されています。プリザーブドフラワーだけでボリュームを出すとなると、どうしても高額になってしまいます。ボリュームは出したいけれど予算が気になるという場合には、こちらのタイプがおすすめです。見栄えのする、予算に合ったアイテムが見つかりますよ。

アーティフィシャルフラワーも高品質
プリザーブドフラワーと組み合わせるアーティフィシャルフラワーには、遜色がないよう高品質なものが使用されます。そのため、一つのアレンジメントの中に両方の花材が入っていても、あまり見分けがつかない場合が多いです。
近くで見ても生花と見間違うほど美しくクオリティの高いものが揃っていますので、安心して選んでくださいね。

最後に、記念日におすすめの商品をいくつかご紹介します。プレゼントアレンジ選びの参考になさってください。

ガラスドーム

ドーム型の小さなガラスの器に入った上品なアレンジメントは、四方から見られるデザインなので、部屋のどこに置いても美しいインテリアになります。小ぶりで気軽に飾ってもらえるアイテムです。

フラワーボックス

箱を開けた瞬間に色鮮やかなプリザーブドフラワーが目に飛び込んできます。華やかでワクワクした気持ちを味わってもらえるプレゼントの定番商品です。

一輪だけ

存在感のあるバラが一輪だけガラスの器に入っているアートのような作品。じっと見入ってしまう美しさがあります。

花時計

ケースの中いっぱいにカラフルで小さな花が咲く様子はとても華やか。毎日時計を見るたびに温かい気持ちになってもらえるのではないでしょうか。

他のプレゼントと一緒に

アクセサリーやアロマオイルなどのアイテムと、プリザーブドフラワーがひとつの箱にセットされたプレゼントボックスが販売されています。おしゃれ度の高いプレゼントです。

記念日にはプリザーブドフラワーを贈ろう!プレゼントに選ばれる理由とは

プリザーブドフラワーはプレゼントにぴったり!おすすめの選び方

まとめ

プリザーブドフラワーの魅力とプレゼントとして喜ばれる理由をご紹介しました。プリザーブドフラワーなら、見るたびに記念日のことを思い出して幸せな気持ちになってもらえるのではないでしょうか。

価格が高いのはデメリットのようにも感じられますが、普段手が届きにくいものだからこそ特別なプレゼントとして喜ばれるでしょう。何より、長持ちする上にお手入れが要らないという点が、貰った人にとっても大きな魅力です。受け取られる方のことを思いながら、大切な人の記念日にふさわしいプレゼントをじっくり選んでくださいね。

この記事のまとめ

  • プリザーブドフラワーは、生花の風合いを持ちながら何年も美しさを保つ花
  • 手間がかからないので受け取った人の負担になりにくく、プレゼントにぴったり
  • プリザーブドフラワーで作られたプレゼントアイテムには、さまざまなタイプの商品があるので選びやすい

Related Articles

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

贈る相手を意識して。大切な人に贈る花束の選び方

贈る相手を意識して。大切な人に贈る花束の選び方

ガーベラをプレゼントする前に知っておきたい。色別の花言葉と素敵な贈り方

ガーベラをプレゼントする前に知っておきたい。色別の花言葉と素敵な贈り方

目次

ショップ掲載について

New Articles

暮らしvlog | 花のある暮らし/セリ鍋を作る

暮らしvlog | 花のある暮らし/セリ鍋を作る

仕事にも活かせる!プリザーブドフラワーに関する資格とは?

仕事にも活かせる!プリザーブドフラワーに関する資格とは?

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

Populer

1

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

2

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

3

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

4

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

5

ほんのひと手間で切り花が長持ち!あじさいの基本的なお手入れ方法をご紹介

ほんのひと手間で切り花が長持ち!あじさいの基本的なお手入れ方法をご紹介

6

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方