梅雨時は要注意!?知っておきたいエアプランツの育て方のポイント

エアプランツは乾燥させ過ぎると枯れてしまうと言われています。空気中の水分を吸って育つので、湿気があれば大丈夫と思われがちですが、逆にジメジメした梅雨時なら育つのかというと、そういうわけでもないようです。今回は、梅雨時のエアプランツの育て方について、押さえておきたいポイントをお伝えしていきます。

湿度が高いのはいいことばかりではない?

エアプランツは、日本の気候では水分が足りないため、空気中の水分だけでは枯れてしまいます。そのため、放ったらかしにするのではなく、適度な水やりが必要なのですね。でも、湿度が高ければ水やりも要らないし放ったらかしにしておけるから梅雨時はラクというわけでなないのです。

湿度が高くなると、空気がモワッとこもりがちになってしまいます。実は、この空気の滞った状態はエアプランツにとって良くありません。梅雨時は窓を閉め切って洗濯物も部屋干しという人も多いのではないでしょうか。湿度だけ高くて風通しが悪いと、エアプランツは育ちにくくなるので注意が必要です。また、日当たりが悪くなってしまうことも、エアプランツにとってはツライ環境なのです。

屋外に出しっぱなしはNG

風通しが悪い室内がダメなら外に出しておけばいいのかというと、それも要注意です。なぜなら、梅雨時にエアプランツを外に出しっぱなしにすることは、雨ざらしにし続けてしまう可能性があるからです。屋根のある場所なら大丈夫と思いがちですが、屋根があっても濡れない保証はありません。

何時間も何日も、乾燥することなくずっと雨に当たり続けると、エアプランツは窒息して根腐れしてしまうでしょう。そのため、屋外に出しっぱなしにするのはエアプランツにとって危険なのです。もし普段エアプランツを屋外で育てているなら、梅雨時はずっと出しっぱなしにするのではなく、時々室内に入れて風を当てるなどして乾燥させるようにしましょう。

水やりで気を付けたいこと

梅雨時は要注意!?知っておきたいエアプランツの育て方のポイント

エアプランツの育て方として、水やりを適度に行うことが基本ですが、梅雨時にはそもそも湿気があるから水やりは控えた方がいいと思われがちです。もちろん、水やりのし過ぎは水分過多で根腐れなどの原因になりますが、梅雨時でも水やりは必要です。雨に当てた日は乾燥させる必要があるので水やりは控えますが、乾燥させたらまた水やりを行うか、少し雨に当てるなどメリハリをつけましょう。

水を与え続ける、乾燥させ続けるというのが良くないので、水やりをしたら乾燥させ、乾燥したら水やりをするということを梅雨時でも意識するといいですね。ちなみに、梅雨時の水やりはミスティングのみ。ソーキングは水分過多になってしまうので控えましょう。普段の育て方に加えて、水分過多になりやすい環境であることは気を付けつつ、様子を見ながら水やりを行ってください。

風通しを意識的に良くする

そして先ほども触れましたが、エアプランツにとって風通しの悪い環境は根腐れしやすいこともあり、避けたいものです。でも梅雨時はどうしても風通しが悪くなりがちですよね。そこで、時々屋外に出したり、室内で扇風機を使って風を当てるなどの工夫を意識的に行うようにしましょう。

ただ、乾燥させるためにエアプランツに風をひたすら当て続ければいいというわけでもありません。あまり強い風を当て過ぎても、エアプランツを乾燥させ過ぎてしまいます。弱めの風が優しく当たるように、また部屋の空気を循環させるイメージで風を送るといいでしょう。扇風機の首振り機能を使って風を送ると、エアプランツに直接風が当たり続けることもなく、乾燥させ過ぎるのを防げるのでおすすめです。

晴れ間を見つけて日光を浴びさせて

梅雨時に気を付けたいこととしては、もう一点「日照不足」もあります。連日雨が続くと、エアプランツを日光に当てることができませんよね。雨ざらしにするのを避けるために室内に入れることも大切ですが、日の当たりにくい場所で管理し続けるとエアプランツの元気がなくなってしまいます。

水分・風通し・日当たりに気を付けてあげることがエアプランツの育て方の基本なので、梅雨時も晴れ間があれば、数時間だけでも屋外に出す・レースのカーテン越しに日光浴をさせるなど意識的に行いましょう。雨が上がっている時に屋外に出すと、ほどよく乾燥させることもできます。晴れ間が訪れた時にタイミング良くエアプランツのお世話ができないという場合は、外出の際に窓際に吊るしておくといいかもしれません。

まとめ

意外と繊細なエアプランツ。梅雨時は湿気や風通しの悪さ、日照不足で元気がなくなってしまうので注意が必要ということをお伝えしてきました。雨に当て続けたり、ジメジメした場所に放置したりしないことが大切です。いつもの育て方に加えて、意識的に日に当てたり風通しを良くしたりするよう心がけながら、エアプランツとともに私たちも梅雨時を乗り切りましょう。

Related Articles

ほんのひと手間で切り花が長持ち!あじさいの基本的なお手入れ方法をご紹介

ほんのひと手間で切り花が長持ち!あじさいの基本的なお手入れ方法をご紹介

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

いつまでも楽しめる!鉢物のカーネーションを長持ちさせるコツ

いつまでも楽しめる!鉢物のカーネーションを長持ちさせるコツ

目次

ショップ掲載について

New Articles

部屋に飾る花のポイントは?花を飾ってワンランク上の空間作りを

部屋に飾る花のポイントは?花を飾ってワンランク上の空間作りを

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方

あなたに合うルームフレグランスはどんなタイプ?素敵な香りで癒しの空間作りを

あなたに合うルームフレグランスはどんなタイプ?素敵な香りで癒しの空間作りを

Populer

1

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

2

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

3

知らないと損!チューリップの切り花を長持ちさせるコツとは?

知らないと損!チューリップの切り花を長持ちさせるコツとは?

4

ポプリとサシェの違いとは?香りを楽しむアイテムの活用法

ポプリとサシェの違いとは?香りを楽しむアイテムの活用法

5

花屋での独立開業後の平均年収って一体どれくらい?

花屋での独立開業後の平均年収って一体どれくらい?

6

多肉植物にカビが生えてしまった!原因と対処法をチェック

多肉植物にカビが生えてしまった!原因と対処法をチェック