母の日の定番と言えばこれ!プレゼントに迷ったらフラワーギフトを

母の日には何かしたいけれど、ギフト選びに悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。いつも同じじゃ飽きてしまいそうだし、何を贈れば喜んでもらえるのかと考えすぎている人もいるかもしれませんね。定番のギフトではつまらないと思われがちですが、実際お母さんからしてみると意外と定番のカーネーションも嬉しいものなのです。今回は、母の日の定番フラワーギフトの魅力に迫ってみましょう。

母の日らしい定番ギフトはやっぱり嬉しいもの

贈る側である子どもとしては、毎年同じようなフラワーギフトでは飽きてしまうんじゃないかと思う人もいます。でも、長持ちしない期間限定のフラワーギフトなら、毎年定番のものでも飽きることはないのです。特に、母の日らしいカーネーションの花束やフラワーアレンジメントを毎年もらっているお母さんは、母の日らしい定番ギフトだからこそ母の日を大切にしてもらえていることを実感できます。

子どもからの心のこもったギフトはどんなものでも嬉しいものですし、母の日らしいギフトもまた、自分のために選んでくれたという気持ちがしっかりと伝わるでしょう。赤いカーネーションやバラを贈られることを毎年楽しみにしているお母さんも少なくないのですよ。

飾って部屋が明るくなるからハッピーな気分に

フラワーギフトの魅力は、贈られた人の心を癒してくれるというのが大きいです。母の日の定番フラワーギフトは、赤やピンクの暖色がふんだんに使われていますので、見ているだけで心が温まるでしょう。部屋の中に飾ると、空間全体をとても明るい雰囲気にしてくれる効果もあります。だから、母の日にカーネーションやバラのアレンジメントを選んで贈ることで、お母さんの気分を明るくハッピーにすることができますよ。

花の色にはカラーセラピー効果がありますので、美しい花と一緒に癒し効果もプレゼントできます。そんなことを考えてフラワーギフトを選ぶと、定番のアイテムであっても自信を持って贈ることができるのではないでしょうか。

母の日にカーネーションを贈る由来とは

母の日と言えばカーネーションというのは、あまりにも定番になっていて、当たり前のように毎年花屋の店頭が赤いカーネーションでいっぱいになりますよね。そして当たり前のように購入している人も多いはずです。でも、母の日にカーネーションを贈るようになった由来を知っている人は多くはないのではないでしょうか。

母の日もカーネーションを贈ることもアメリカから伝えられた風習で、もともとはアンナという女性が、戦時中に負傷兵の衛生管理をしていた自分の母親を称え、死後に白いカーネーションを墓前に供えたことが始まりとされています。そのことから、白いカーネーションは亡き母に、赤いカーネーションは健在の母に贈るものとされるようになりました。そのため、カーネーションを母の日に贈る際には色にも気を付けたいですね。

まとめ

母の日にカーネーションを贈るのには由来があり、伝統として引き継がれてきたものということをお分かりいただけたのではないでしょうか。これを踏まえて定番のフラワーギフトを選ぶと、ただ何となく選ぶよりも重みを感じる気がするはずです。毎年カーネーションでは飽きてしまうなんて思っているのは案外子どもの方で、お母さんは定番のフラワーギフトを望んでいるかもしれませんよ。自信を持ってプレゼントして下さい。

Related Articles

記念日にお祝いの花を贈るときのマナーとは?知っておきたいポイントをシーン別にご紹介

記念日にお祝いの花を贈るときのマナーとは?知っておきたいポイントをシーン別にご紹介

父の日に贈りたいフラワーギフト!おすすめの花束の選び方

父の日に贈りたいフラワーギフト!おすすめの花束の選び方

育てられる癒しのギフトはいかが?観葉植物の喜ばれる選び方

育てられる癒しのギフトはいかが?観葉植物の喜ばれる選び方

目次

ショップ掲載について

New Articles

長い期間楽しめる!プリザーブドフラワーとはどんな花?

長い期間楽しめる!プリザーブドフラワーとはどんな花?

贈り物にも人気!おしゃれな空間を演出するスワッグの魅力とは?

贈り物にも人気!おしゃれな空間を演出するスワッグの魅力とは?

花のある暮らしで癒され空間を手に入れよう!おうち時間の充実にも

花のある暮らしで癒され空間を手に入れよう!おうち時間の充実にも

Populer

1

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

2

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

3

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

4

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

5

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

6

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方