観葉植物の最適な置き場所とは?管理とインテリアの面から解説

観葉植物が部屋にあると、心が落ち着く素敵な空間になりますよね。インテリアとしてもぜひ取り入れたいものですが、どこに置いてもいいというわけではありません。観葉植物は適切な環境で管理しないと枯れてしまうことがあるからです。そこで今回は、観葉植物の置き場所について考えていきましょう。

観葉植物は育てやすい環境に置くのが基本

観葉植物には様々な種類があり、どの観葉植物も同じ環境を好むというわけではありません。強い光を好むものもあれば、光は控えめな方がよく育つものもあります。そして、人間と同様にほどよく温かい場所を好みます。つまり、明るく温かい室内というのが観葉植物にとっても元気に育つことができる環境と言えるのです。特に寒い冬などは外に出しっぱなしにしてしまうと観葉植物にとってもよくありませんし、お世話も行き届かなくなりますよね。

観葉植物は放っておいても育つと言われますが、それは適切な置き場所に置かれていることが前提です。室内のよく過ごす部屋に観葉植物の置き場所を作れば、ちょっと水分が足りないかなと思った時に気軽に水やりができます。インテリアとしても目に付く場所の方が存在感を発揮できるのではないでしょうか。

日当たり・風通しに注意

観葉植物は他の植物と同様に光合成をすることで元気に育ちます。強い光を好むパキラやゴムノキ、サンセベリアなどは日当たりのよい場所に置くといいでしょう。逆に弱い光の方が適しているモンステラやスパティフィルム、アジアンタムなどはカーテン越しの明るい日陰に置くといいでしょう。また、強い光を好む観葉植物であっても、特に夏場など日差しの強いときは直射日光に当てすぎると葉焼けを起こし枯れてしまうので、注意が必要です。窓際に置く場合は様子を見ながらカーテンで調整するといいですね。

置き場所で気を付けることは、他に風通しがいいかどうかという点です。観葉植物はジメジメしている環境に置き続けると湿気で根腐れを起こしたりカビが発生することもあります。換気ができるような置き場所であるということも大切です。

大きなものは低く・小さなものは高く

観葉植物の最適な置き場所とは?管理とインテリアの面から解説

観葉植物を育てるのにふさわしい場所をお伝えしましたが、インテリアの面ではバランスの良い置き方を心がけるといいでしょう。大きなものを床に一つ置くだけでも存在感は出せますが、部屋の中をグリーンでいっぱいにするとさらに癒し空間を作ることができます。その場合、置き場所に高さを出すことをおすすめします。

大きな観葉植物は床置きか低めの台に置き、窓際に小さめの観葉植物を並べて飾るとバランスが良くおしゃれです。窓際は光が当たって成長しやすいというメリットがあるだけでなく、緑の葉に光が当たると見た目もとてもきれいですよ。小さめの観葉植物は邪魔にならないので、キッチンの窓際やダイニングテーブルなどにちょこんと置いてもいいですね。強い光を好む観葉植物を窓際以外の場所に置く場合は、時々日なたに出すなどして日光を当てるようにしましょう。

置くだけでなく吊るす方法も

ラックなどを使って並べて置くとインテリアとしても見栄えがしますし、まとまって置かれていることで水やりや移動などの管理もしやすくなります。インテリアとしては置くだけでなく、天井や壁にフックを取り付けて上から吊るすという飾り方もおすすめです。より高さが出るので、下にも上にも部屋の中間にも様々な観葉植物がある空間を作り出すことができます。

吊るすタイプの置き場所には、グリーンネックレスやポトスなどの垂れ下がりながら伸びる観葉植物を使いましょう。下から伸びるものとは違った魅力を楽しめますよ。様々な置き場所に複数の観葉植物を置く場合は、それぞれ形や色合いの違うものを選ぶと統一感も出しつつ個性的な空間になるでしょう。

基本を押さえたら遊び心のあるインテリアを

置き場所に関しての基本を押さえたら、置き場所として使う台や飾り方は楽しみながら工夫してみてはいかがでしょう。例えば、明るい日陰を好むような観葉植物は日光の当たる窓際でなくても育つことができます。キッチンカウンターの棚に並べて置いたりしても、カフェ風の雰囲気が出ておしゃれです。園芸用の台やラックを買わなくても、使わなくなった子ども用のイスや踏み台などを使って飾っても可愛いですね。

カーテンレールにぶら下げて飾ったり、あえて観葉植物のコーナーを作らず雑貨や食器などと一緒に並べて置いたりしても、遊び心が感じられる楽しいインテリアになるでしょう。

まとめ

観葉植物は管理が簡単でどんな部屋にも馴染みやすいので、インテリアとして使いやすいですね。今回お伝えした置き場所のポイントを踏まえ、ご自分の部屋の中ではどこに置くとよく育つのか、どこに飾れば見た目も良く感じられるのか、ぜひイメージしながら置いてみて下さい。観葉植物の管理に慣れてきたら、少しずつ増やしていきながら癒しの空間を作り出しましょう。

Related Articles

インテリアとしても楽しめる!ドライフラワーの魅力的な飾り方をご紹介

インテリアとしても楽しめる!ドライフラワーの魅力的な飾り方をご紹介

部屋に飾る花のポイントは?花を飾ってワンランク上の空間作りを

部屋に飾る花のポイントは?花を飾ってワンランク上の空間作りを

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

目次

ショップ掲載について

New Articles

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

東京ミッドタウン日比谷「HIBIYA BLOSSOM 2021」のご紹介<br>2021年3月26日(金) 〜 4月18日(日)

東京ミッドタウン日比谷「HIBIYA BLOSSOM 2021」のご紹介
2021年3月26日(金) 〜 4月18日(日)

【30代女の暮らし】センスがなくてもだいじょうぶ。|暮らしのVlog|

【30代女の暮らし】センスがなくてもだいじょうぶ。|暮らしのVlog|

Populer

1

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

2

知らないと損!チューリップの切り花を長持ちさせるコツとは?

知らないと損!チューリップの切り花を長持ちさせるコツとは?

3

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

4

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

5

花屋での独立開業後の平均年収って一体どれくらい?

花屋での独立開業後の平均年収って一体どれくらい?

6

ポプリとサシェの違いとは?香りを楽しむアイテムの活用法

ポプリとサシェの違いとは?香りを楽しむアイテムの活用法