父の日に花を贈ろう!人気の花と選び方のポイント

6月の第3日曜日は父の日です。残念ながら、母の日と比べるとやや盛り上がりに欠けるのですが、年に一度、お父さんに感謝の気持ちを伝える日として、母の日同様に大切にしたいイベントです。

母の日には赤いカーネーションという定番があるのに対し、父の日の花はあまり浸透していませんね。プレゼントは準備するけれど、花を贈る習慣がある方はあまり多くないかもしれません。そこで、父の日に贈ると喜ばれる定番の花やおすすめの花をご紹介します。今年の父の日のプレゼント選びの参考になさってくださいね。

この記事はこんな人におすすめ

  • 父の日の定番の花について知りたい方
  • 定番以外のおすすめの花や、長く持たせる方法に興味がある方
  • 人気の父の日ギフトに似合う花を知りたい方

父の日の由来

父の日の由来
父の日は、アメリカ人のソノラ・スマート・ドッドという女性の嘆願により始まりました。男手ひとつで6人の子どもたちを育て上げた父を敬愛していたソノラは、1909年に牧師教会へ「母の日同様、父親へ感謝する日も作ってほしい」と願い出ます。彼女の行動の甲斐あって、翌年の6月19日、初めて父の日の式典が開催されました。

母の日のように一般に定着するには時間がかかりましたが、1916年の式典でウィルソン大統領が演説を行ったことがきっかけとなって浸透し始め、1972年になってようやく6月の第3日曜日が父の日として正式に制定されました。

日本ではどう広まった?
日本ファーザーズ・デイ委員会が「ベストファーザー賞」を著名人に贈ったり、デパートや商業施設が父の日をイベントとして取り上げたりしたことで、1980年代に入ってから一般に浸透していきました。
 
参考元:日本ファーザーズ・デイ委員会

父の日の定番の花は黄色いバラ

父の日の定番の花は黄色いバラ
母の日に贈る花といえば赤やピンクのカーネーションが思い浮かびますが、父の日はどうでしょう。あまりピンとこない方も多いのではないでしょうか。実は、父の日には黄色いバラを贈る風習があります。母の日ほどではないですが、父の日が近づくと黄色いバラがお花屋さんの店頭に並びます。チェックしてみてくださいね。

よく見られるのは、黄色いバラを中心としたミニブーケです。黄色一色のものも父の日らしくていいですし、同じビタミンカラーのオレンジと合わせたものも人気があります。

黄色いバラには「嫉妬」などネガティブなイメージの花言葉が含まれていますが、一方で「友情」や「献身」など素敵な意味のものもあります。また、後述しますが、黄色にはポジティブな意味合いがたくさんありますので、ネガティブな花言葉を気にして避けなくても大丈夫ですよ。明るく、見る人を元気にする黄色いバラを安心してお父さんに贈りましょう。

アレンジメントもおすすめ
フラワーアレンジメントは置くだけで飾れるため、手間がかからない点でおすすめです。
時間が経って花に元気がなくなってきたら、茎を短く切って小さな器に生けて楽しみましょう。

バラを贈る理由

バラを贈る理由
それにしても、なぜ父の日には黄色いバラなのでしょう。これは、前述のドッド婦人が父親の墓前に白いバラを供えたことに由来しています。また、1910年に行われた最初の父の日の式典の際、YMCA(キリスト教青年会)の青年たちが、父親が健在している者は赤いバラを、既に亡くなっている者は白いバラを胸につけていたことから「父の日にはバラ」というイメージが定着していきました。

バラの香り
バラは見た目だけでなく豊かな香りも特長的です。
本来持っている香りは品種によって異なりますが、時間帯や気温、湿度によっても変化するそうですよ。

一口にバラといっても、高貴なイメージのものや丸くてかわいい感じのものなど多くの種類があります。お店でお気に入りのタイプを探してみてくださいね。

黄色の効果

黄色の効果
日本で黄色が父の日のイメージカラーになったのは、1981年に設立された日本ファーザーズデイ委員会の「父の日イエローリボンキャンペーン」によるところが大きいです。委員会ホームページによると、黄色には「うれしさ」「楽しさ」「暖かさ」「幸せ」「富貴」「希望」「向上」といった意味があることから、この色が選ばれました。

また黄色はイギリスでは身を守ってくれる色とされています。ほかにも緊張を和らげたり、コミュニケーションを良好にさせる色ともいわれています。なにより、目にした時にパッと明るい雰囲気にしてくれますから、黄色い花をもらえれば元気が出そうですね。

仕事にもいい影響があるかも
黄色は「知性」を意味する色でもあります。
知的な一面を引き出したり、独創的なアイデアを出すサポートに使われることもあるそうです。
父の日に花を贈ろう!人気の花と選び方のポイント

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

バラ以外にも!父の日におすすめの花

バラ以外にも!父の日におすすめの花
黄色いバラ以外にも、6月には美しい花がたくさん咲いています。その中からあなたのお父さんのイメージや好みに合わせて花を選んでみてはいかがでしょう。花言葉にポジティブな意味が含まれているものを選ぶのもおすすめです。花そのものの存在感と込められた意味を大切にして、お父さんへの気持ちと一緒にプレゼントできるといいですね。

また、せっかくお父さんのために買ってきた花ですから、きれいな状態を長く保ちたいもの。ここからは、父の日におすすめの花と長く持たせるためのポイントを併せてご紹介していきます。

花瓶がなくても大丈夫
グラスやカップ、ジャムやジュースの空き瓶、空き缶も使えます。
水を替えるときに器の中もきれいに洗うようにすると、花が元気な期間が伸びます。
父の日に花を贈ろう!人気の花と選び方のポイント

記念日に贈るギフトアイテムには花がおすすめ!その理由と選び方

ひまわり

ひまわり
太陽に向かって真っ直ぐに伸びるひまわり。ポジティブで前向きなイメージがある人気の花です。アレンジしやすい直径10㎝前後の小さなものや、おしゃれで個性的な形のものを見かける機会も増えました。

花言葉は「憧れ」や「あなたは素晴らしい」など。プレゼントにぴったりですね。

ひまわりの茎をよく見ると、細かい毛があるのがわかります。この毛がたっぷり水に浸っていると雑菌が繁殖しやすく、茎が傷んでしまいますので、花瓶に入れる水は少なめに。底から3㎝程度にして、こまめに替えるようにしましょう。

ガーベラ

ガーベラ
明るい雰囲気で、かわいらしい形。色の種類も多いガーベラの花言葉は「希望」「常に前進」。お父さんに渡すときに花言葉を伝えてあげると、一層前向きな気持ちになれそうですね。

ガーベラは水を吸い上げる力があまり強くありませんので、花瓶に生ける前に必ず水切りをしましょう。ボウルなどに水を溜め、その中で茎を切ります。それから花瓶に生けると水を吸いやすくなります。水の量は、花瓶の下2〜3㎝で十分です。

茎が長いと花が下を向くようになります。そんなときは思い切って短くカットしてください。水を吸い上げやすくなります。

父の日に花を贈ろう!人気の花と選び方のポイント

どの色をプレゼントする?ガーベラの色別の花言葉と素敵な贈り方

ユリ

ユリ
香り高く、華麗で高貴なイメージのユリ。ほかにはない存在感のある花ですね。花言葉は「純粋」「無垢」「威厳」。キリリとしたお父さんに似合いそうです。

購入する際は、蕾がついているものを選ぶと花が次々に咲くので1本でも長く楽しめます。ただ、花粉が家具や服につくと取れにくいため、開花してきたらすぐにピンセットなどでやさしく取り除きましょう

花が大きいので安定感のある器に挿し、直射日光の当たらない涼しいところに飾ってください。茎を斜めに切って生けると長く楽しめますよ。

紫陽花

紫陽花
目にする機会が多いので親しみと季節感のある花ですね。紫陽花は大きいので、1、2輪でも存在感があります。

花の色が変化するため「移り気」また「冷酷」といった花言葉もありますが、小さな花がひしめき合って咲いている様子から「和気あいあい」「家族」といった意味も持っています。

紫陽花を生けるときは、茎を斜めに切り、中の白いワタを取り出しましょう。水あげがよくなり、かなり長く持ちますよ。

ミントも一緒に
明るいグリーンが美しいミントは、繁殖力が強い葉です。
花瓶に花を生けるときにミントも一緒に挿しておくと、水が汚れにくくなり、花が長持ちします。
父の日に花を贈ろう!人気の花と選び方のポイント

ほんのひと手間で切り花が長持ち!あじさいの基本的なお手入れ方法をご紹介

花と一緒に贈るプレゼント

花と一緒に贈るプレゼント
一般的によく見かける父の日のプレゼントは、顔ぶれがだいたい決まっています。毎年なんとなく似たような商品を選ぶことになるという方も多いのではないでしょうか。そこで、今年はギフトに花を添えて贈ってみませんか?特別感が高まり、より強く印象に残ります。父の日以降も部屋の中できれいに咲き続ける花は、家族みんなの癒しにもなるでしょう。

ここからは、お父さんが喜ぶ人気のギフトと、それに合う花をご提案します。参考になさってください。

花束の保管方法
お父さんに渡すまで時間がある場合は、立てた状態で涼しい場所に置いておくことをおすすめします。
横にしてしまうと、花同士の重さで弱ってしまうことがあるからです。

お家でリラックスするお父さんへ

お家でリラックスするお父さんへ
普段よりちょっと高級なビールやワイン、日本酒をプレゼントする方が多いようです。またお父さん自身がもらって嬉しかったもののランキングでも、お酒は上位に入っています。グラスやタンブラーも人気を集めていますよ。

こういった大人っぽいプレゼントに添える場合は、花も大人っぽい印象のものがおすすめ。カラーやバラ、トルコキキョウなどを1、2輪渡してみてはいかがでしょう。いつもと同じようなプレゼントでも、グッとおしゃれな雰囲気になりますよ。

お父さんの中には、なかなかプライベート用の服を買いに行くことはないという人もいます。ですから、カジュアルウェアもプレゼントされると嬉しいそうです。洋服と一緒に渡すのなら、やわらかな雰囲気の小花、ブルースターやかすみ草の小さなブーケを添えてみてはいかがでしょう。お父さんも思わずほっこりするかもしれませんね。

花と贈ると喜ばれるプレゼント

  • 仕事で使える実用的なもの:ネクタイ、ベルト、ペン、水筒など
  • 気持ちが嬉しいプレゼント:似顔絵、手紙など

「子どもからもらえるなら何でも嬉しい」というお父さんもいます。父の日には花1輪でもいいのでお父さんにプレゼントして、日頃の思いを伝えましょう。

父の日らしいラッピング

父の日らしいラッピング
ラッピングペーパーとリボンさえあれば、自分で花をラッピングできます。100円ショップでも手に入りますので、挑戦してみませんか?

ペーパーは張りのある素材がおすすめ。扱いやすく、見栄えがします。色は、花の色と同じか同系色だと収まりがいいです。もう一捻りしたい場合は、別の色のペーパーも合わせて2色でラッピングしましょう。色選びに迷ったら、淡い黄色にしてみてはいかがでしょう。意外とどんな色ともマッチしますよ。

ワックスペーパーの注意点
おしゃれなワックスペーパーをよく見かけますが、ツルツルしていてテープが貼り付かないところが難点。
使用する場合は、ホチキスでとめるようにしましょう。

リボンは、表裏があるタイプと両面タイプがあります。後者の方が結び方が簡単ですので、購入の際には確認しましょう。幅もさまざまですが、15mm前後のものがオールマイティで使いやすいです。

下記の動画は、シンプルで簡単にできる花束のラッピングをご紹介しています。参考にしてみて下さい。

父の日に花を贈ろう!人気の花と選び方のポイント

花束はやっぱり嬉しい!季節感たっぷりの誕生日プレゼントを贈ろう

まとめ

父の日の花には母の日ほど固定化されたイメージがないぶん、自由な発想で選びやすいというメリットもありますね。黄色いバラに限らず、季節感やいい花言葉を持つ花など、バラエティ豊かな中からこれというものを選んでみてはいかがでしょう。

定番の父の日ギフトに似合う花を添えて渡すのもおすすめです。照れくさそうな、嬉しそうなお父さんの笑顔を想像しながら、家族で話し合って選ぶのも楽しそうですね。そしてお父さんのための花が1日でも長く持つように、お世話もしてあげてください。

この記事のまとめ

  • 日本の父の日の定番の花は黄色いバラ
  • 6月に美しく咲く花を贈って、長く飾ろう
  • 父の日を印象的にする花と一緒に、お父さんに喜ばれるプレゼントを贈ろう

Related Articles

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

贈る相手を意識して。大切な人に贈る花束の選び方

贈る相手を意識して。大切な人に贈る花束の選び方

どの色をプレゼントする?ガーベラの色別の花言葉と素敵な贈り方

どの色をプレゼントする?ガーベラの色別の花言葉と素敵な贈り方

目次

ショップ掲載について

New Articles

バラのドライフラワーの飾り方とは?簡単にできる作り方もご紹介

バラのドライフラワーの飾り方とは?簡単にできる作り方もご紹介

花のケアを大切に。それぞれの花に適した水揚げ方法をご紹介

花のケアを大切に。それぞれの花に適した水揚げ方法をご紹介

プリザーブドフラワーは枯れるの?美しさを長く保つための工夫とは

プリザーブドフラワーは枯れるの?美しさを長く保つための工夫とは

Populer

1

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

2

ほんのひと手間で切り花が長持ち!あじさいの基本的なお手入れ方法をご紹介

ほんのひと手間で切り花が長持ち!あじさいの基本的なお手入れ方法をご紹介

3

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

4

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

5

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

6

いつまでも楽しめる!鉢物のカーネーションを長持ちさせるコツ

いつまでも楽しめる!鉢物のカーネーションを長持ちさせるコツ