アーティフィシャルフラワーを記念日に!いつまでも楽しめるプレゼントの魅力

記事の監修

はざま 郁子

THE LIGHTS 主宰

2013年にTHE LIGHTSをスタート。
小さなコサージュから3mを超えるフラワーボードまで、お客様のご要望に合わせてお作りしています。

記念日に大切な人へお花をプレゼントしたいなら、アーティフィシャルフラワーを候補に入れてみてはいかがでしょう。アーティフィシャルフラワーという言葉は聞いたことがあるけれど、その特徴など詳しくは知らないという方も、少なくないのではないでしょうか。 生花とは違った魅力を知ることで、プレゼント選びの幅もグンと広がりますよ。

そこで今回は、アーティフィシャルフラワーとはどのようなものなのか、また記念日のプレゼントにふさわしい理由をご説明し、フラワーギフトの選び方をご紹介していきます。

この記事はこんな人におすすめ

  • アーティフィシャルフラワーについて詳しく知りたい方
  • 記念日の思い出がずっと残るようなプレゼントを探している方
  • お花のプレゼントを贈りたいけれど、相手が生花の扱いに慣れていないため迷っている方

アーティフィシャルフラワーってどんなもの?

アーティフィシャルフラワーってどんなもの?
アーティフィシャルフラワーとは、端的にいえば、生花に似せて作られたいわゆる造花のことです。 ですが、一般的にイメージされるような造花とは別物として認識されています。

造花というと、偽物っぽい、安っぽいなどというマイナスイメージが持たれがち。ところが、アーティフィシャルフラワーは、これまで知られてきた造花とはクオリティが全く違うのです

アーティフィシャルフラワーは、技術を駆使しながら生花の色に近づけて作られているため、精巧なつくりや瑞々しさが特徴的。むしろ、生花よりも美しいのでは?と思えるようなものも、少なくありません。

生花では出せない美しさがあるアーティフィシャルフラワー
アーティフィシャルフラワーとは、生花をリアルに再現し、生花にはない美しさを表現した造られた花です。近年、欧米はもとより日本でも大変注目されており、年々クオリティも向上、生花では出せない高い芸術性と耐久性で、世界的に高い評価を受けています。

 

参照元:日本アーティフィシャルフラワー協会

使用される素材は、主にポリエステルやポリエチレンなどの化繊です。さすがに触感は生花とは異なりますが、花びらの持つなめらかな質感などは存分に再現されていますので、一見造花とはわからないほどのクオリティが期待できますよ。

アーティフィシャルフラワーはこんなシーンで活躍!
オフィスやホテルのエントランス、結婚式場の装花、展示会など、さまざまな場面でアーティフィシャルフラワーが用いられています。アーティフィシャルフラワーをコーディネートしたり作ったりするための講座もあり、幅広いシーンで用いられるフラワーアイテムとして注目されるようになってきました。
アーティフィシャルフラワーを記念日に!いつまでも楽しめるプレゼントの魅力

プリザーブドフラワーなら間違いなし!お祝いに喜ばれるプレゼントを選ぼう

アーティフィシャルフラワーのメリット

アーティフィシャルフラワーのメリット

アーティフィシャルフラワーを実際に扱う前に、生花とはどのような面に違いがあるのか知っておきたいですよね。そこで、生花とは異なるアーティフィシャルフラワーの特徴について見ていきましょう。記念日のプレゼントとしておすすめしたい理由も、アーティフィシャルフラワーのメリットを知ることでお分かりいただけるはずです。

先ほどもお伝えしましたように、アーティフィシャルフラワーはブライダルやビジネスシーンを中心に用いられることが多いです。それは、生花とは異なる次の理由があるからだといえるでしょう。

アーティフィシャルフラワーの強み

  • 長期保存が可能で丈夫。耐久性が高いため再利用やアレンジがしやすい
  • 原料が化繊のため、花粉やカビなどの心配がない。衛生的でメンテナンスが簡単

これらの特徴について、もう少し詳しくご説明していきます。記念日にプレゼントすることをイメージしながら、アーティフィシャルフラワーの魅力をチェックしていきましょう。

長期保存も可能!耐久性の高さ

長期保存も可能!耐久性の高さ

なぜアーティフィシャルフラワーが記念日に贈るプレゼントにふさわしいのか。 それは、枯れない・壊れないという耐久性の高さのおかげで、いつまでも飾っておけるからです

大切な方からのお花のプレゼントは嬉しいものですが、切り花で作られた花束やフラワーアレンジメントは、長くても1週間~10日ほどで寿命を迎えてしまいます。

もちろん生花にしかない魅力がありますし、生花にこだわりたい方もいるでしょう。ただ、長持ちしないというデメリットがあることは否めませんよね。

記念日の特別なプレゼントなのに、楽しめるのが期間限定というのは、ちょっと悲しい…と感じませんか? 思い出と一緒にいつまでも残しておくことができたら、もっと素敵なのに。そのように感じるなら、アーティフィシャルフラワーがおすすめです。永遠に枯れることがないですし、大切に扱っていればいつまでも長持ちしますよ。

耐久性は高いけれど…こんな扱い方はNG
生花と比較すればもちろん丈夫ですし傷むこともありません。ですが、扱い方によっては色あせや型崩れが起きて、せっかくのお花が台無しになってしまうことも。
同じ場所に飾り続けて放置すれば埃をかぶりますし、直射日光を浴び続ければ変色の原因にもなります。いくら丈夫な花でも、飾り方に気を付けながら大切に扱うよう心掛けたいですね。

衛生的でメンテナンスが簡単

衛生的でメンテナンスが簡単

アーティフィシャルフラワーには人工的な素材しか使用されていません。そのため、花粉が落ちたり、傷んでカビが生えたり、雑菌が繁殖したりする心配もありません。もちろん不衛生な管理の仕方はNGですが、生花に比べると衛生的なアイテムといえるでしょう。

生花の切り花は水の交換や水切りなどのメンテナンスが必要ですが、アーティフィシャルフラワーは水が不要です。生花のようにこまめにお手入れする必要がないため、お花の扱いに慣れていない方にも安心して贈ることができますね

大きな花や小花、葉物や枝もの、実ものまで、さまざまな花材が作られていますが、どれを選んでもメンテナンスフリーというのが嬉しいところ。花粉にアレルギーのある相手や、忙しい、療養中などの理由でお手入れが難しい相手に贈る花としても、心遣いが喜ばれるのではないでしょうか。

室温を気にせず飾れる
切り花を生けて飾る場合や生花のフラワーアレンジメントを飾る場合は、水を切らさないことだけでなく、温度管理も必要です。切り花は高温に弱く、傷みやすくなってしまうからですね。
一方、アーティフィシャルフラワーは化繊ですので、室温が高くなっても傷むことはありません。夏場など温度管理が難しい時期でも、ラクに保管することができる点も嬉しいポイントなのです。

デメリットもある?

デメリットもある?

これまでご説明してきたように、アーティフィシャルフラワーは耐久性が高く衛生的なところが代表的なメリットです。記念日のプレゼントにする場合、お手入れをしなくても長持ちするため、負担を与えることなくいつまでも楽しんでもらえそうですね。

ただ、生花とはまったくの別物だからこそ、メリットだけではなくデメリットもあることは押さえておかなければなりません。

生花の魅力を思い返してみれば気付きますが、やはり自然物には独特の風合いや香り、質感がありますよね。化繊では色や形までは再現できても、生花特有の特徴すべてを表すことはできません。香りや触感など生花ならではの魅力を100%表現することは難しいため、生花の代わりではなく別のアイテムとして捉え、アーティフィシャルフラワーのメリットを生かした使い方をするのが望ましいでしょう

風水的にはNGという考え方も

風水的にはNGという考え方も
生花や観葉植物は、風水に欠かせないアイテムとされています。これは、いずれも生き物で生命力を持ち合わせているからですね。一方、アーティフィシャルフラワーは生き物ではありません。そのため、生花の代わりに風水に用いることはできないと考えられることが多いです。

ただ、華やかで美しい色のものをインテリアとして飾ることは、悪いことではありません。明るく居心地のよい空間になるのであれば、アーティフィシャルフラワーを使っても問題ないとおっしゃる専門家の方もいらっしゃいます。ですが、ほこりがたまっているのはNGです。きれいに保つように心がけてくださいね。

アーティフィシャルフラワーだけでなく、ドライフラワーやプリザーブドフラワーを扱う場合も、生花の代わりと位置付けるのではなく、別物としてメリットを生かした使い方を考えるといいでしょう

アーティフィシャルフラワーを記念日に!いつまでも楽しめるプレゼントの魅力

お祝いにドライフラワーをプレゼント!喜ばれる選び方のポイントとは

記念日のプレゼントにぴったりなアーティフィシャルフラワー

記念日のプレゼントにぴったりなアーティフィシャルフラワー
アーティフィシャルフラワーにはさまざまな花材がありますので、記念日にプレゼントするなら、相手の好きな花を選ぶといいでしょう。では、どのようなアイテムを選べばいいのでしょうか?

せっかく生花ではなくアーティフィシャルフラワーを選ぶのですから、アーティフィシャルフラワーらしさを活かしたものがおすすめです。花でありながら生花とは違う特長を上手に利用した商品はたくさんありますよ。

記念日にぴったりなフラワーギフトにはどのようなものがあるのか、詳しく見ていきましょう。

アーティフィシャルフラワーで作るフラワーギフト

アーティフィシャルフラワーで作るフラワーギフト

水の要らない花ならではのメリットを生かして、そのまま家具の上に置いたり、器に入れるだけで飾れるブーケや、壁掛けできるリースなどが定番アイテムです。アーティフィシャルフラワーは、茎を切って花蕾の部分のみ使うなど、さまざまなアレンジが可能ですので、小物やアクセサリーに加工されたアイテムも多く販売されていますよ

耐久性の高さを生かしたアクセサリーは、中でも定番アイテムといえるでしょう。小ぶりに作られた花にチェーンをつけてネックレスにしたものや、フックをつけてピアスにしたものなど、可愛らしい花のアクセサリーは記念日のプレゼントにぴったりですよね。

また、一輪の赤いバラに、オーダーで彼女の名前を印字したり、ジュエリーを散りばめたりした商品も。このような、プロポーズにも喜ばれそうな素敵なアイテムを生み出せるのも、アーティフィシャルフラワーならではの魅力でしょう。

アーティフィシャルフラワーのプレゼント探しはネットで
生花と比べると、まだまだ取り扱いの少ないアイテムです。アーティフィシャルフラワーを取り扱うお店は、ネット検索で探すと見つけやすいですよ。ネットショップでゆっくり選ぶのもおすすめです。近くにお店がないという場合でも、気に入ったアイテムを届けてもらうことができます。
アーティフィシャルフラワーを記念日に!いつまでも楽しめるプレゼントの魅力

リースのプレゼントは記念日にもおすすめ!季節のリースを贈ろう

まとめ

永遠に飾れるアーティフィシャルフラワーは、実用性の高さも魅力。 生花ではないからこそさまざまなアレンジができますので、記念日にふさわしい世界に1つだけのプレゼントを見つけることができるでしょう。

花は好きだけど枯れてしまうのは悲しいという人や、メンテナンスが難しいという人に贈るなら、アーティフィシャルフラワーでできたフラワーギフトを選んでみてはいかがでしょう。

まずは、いわゆる造花とは違うクオリティの高さを、実際に見て、触れて、確かめてみてくださいね。 記念日の思い出とともに、いつまでも残るプレゼント選びを楽しみましょう。

この記事のまとめ

  • アーティフィシャルフラワーは化繊で作られた花。耐久性が高く、衛生的でメンテナンスフリー
  • 生花の代わりとして使用するよりも、別のアイテムとしてメリットを生かした使い方を
  • 記念日にアーティフィシャルフラワーを贈るなら、リースやアクセサリーなどがおすすめ。ネットで探してみよう

記事の監修

はざま 郁子

THE LIGHTS 主宰

2013年にTHE LIGHTSをスタート。
小さなコサージュから3mを超えるフラワーボードまで、お客様のご要望に合わせてお作りしています。

Related Articles

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

贈る相手を意識して。大切な人に贈る花束の選び方

贈る相手を意識して。大切な人に贈る花束の選び方

ガーベラをプレゼントする前に知っておきたい。色別の花言葉と素敵な贈り方

ガーベラをプレゼントする前に知っておきたい。色別の花言葉と素敵な贈り方

目次

ショップ掲載について

New Articles

アレンジもおすすめ!ドライフラワーのある暮らしを楽しもう

アレンジもおすすめ!ドライフラワーのある暮らしを楽しもう

初心者にもおすすめ!育てやすい観葉植物をご紹介

初心者にもおすすめ!育てやすい観葉植物をご紹介

種類も豊富!室内に観葉植物を飾って癒しの空間を手に入れよう

種類も豊富!室内に観葉植物を飾って癒しの空間を手に入れよう

Populer

1

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

風水的にもおすすめ!運気を上げるドライフラワーの飾り方をご紹介

2

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

3

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

4

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

5

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

6

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方

好みの香りを手作りで。リードディフューザーの作り方