リースはお祝いのプレゼントにぴったり!手作りに挑戦しよう

花や葉、実などで作られたリースは、輪の丸い形が心癒される人気アイテムです。使う植物によって変化を楽しめることもあり、季節に合わせたリースを飾る習慣のある人もたくさんいます。また、リースは自宅に飾るだけでなくプレゼントにもぴったりなアイテムなのです。簡単に手作りすることもできるので、お祝いのプレゼントに選んでみてはいかがでしょう。

そこで今回は、お祝いにプレゼントするリースの選び方や、初心者でも気軽に挑戦できる作り方をご紹介していきます。

この記事はこんな人におすすめ

  • お祝いのプレゼントに喜ばれるような、リース選びのコツを知りたい方
  • 手作りのプレゼントには憧れるけれど、リースを作ったことがないという方
  • 作ることが好きで、お祝いのプレゼントにこだわりのリースを手作りしたいと考えている方

飾って楽しめるリースは喜ばれやすい

飾って楽しめるリースは喜ばれやすい
リースは、家の玄関のドアを始め、部屋の中の壁や扉など好きな場所に掛けて飾ることができます。お花が好きでも、お手入れの仕方がわからない、忙しくて水の入れ替えなどのお世話ができないという人は、意外と少なくありません。リースは花束やフラワーアレンジメントのように水を必要としませんので、お花の扱いに慣れていない人でも飾りやすいアイテムですよ

特に、ドライフラワーやプリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワーで作られたリースなら、お手入れが要らないだけでなく、長期間飾ることができます。リースは生花で作ることも可能ですが、数日間しか鑑賞できないというデメリットも。プレゼントするために選ぶなら、長持ちして管理が簡単なタイプのものを選ぶといいでしょう

リースによく使われる素材の特徴

  • ドライフラワー…生花を乾燥させたもの。くすんだ色合いが特徴で、ナチュラルな雰囲気のリースに向いている
  • プリザーブドフラワー…生花から水分と色素を抜き、人工的に着色したもの。生花と変わらない瑞々しさが持続する
  • アーティフィシャルフラワー…主に化繊を原料とし、生花のような色形を再現したもの。最も耐久性が高い

リースはお祝いのプレゼントにぴったり!手作りに挑戦しよう

リースはおしゃれなだけじゃない!?込められた意味とプレゼントしたい理由とは

お祝い向きのリースとは?

お祝い向きのリースとは?
では、お祝いにふさわしいリースを選ぶためには、どのようなことを重視すればいいのでしょうか。先ほどご紹介したドライフラワーなどの加工された花材を使用すると、長持ちしますし管理も簡単です。

特にお祝いに選ぶなら、プリザーブドフラワーで作られたリースがおすすめ。ご紹介した3種類の中では最も高級感があり、お祝いのプレゼントに最適なのです。本物の生花が原料ですので、生花本来の美しさと瑞々しさを持ちつつ、長い間飾って楽しんでもらうことができますよ。

また、お祝いのプレゼントですので、利便性や耐久性だけでなく、見た目の雰囲気もとても重要です。特に、次の2点はぜひ意識してみてほしいポイントです。

お祝いのプレゼントにするなら、こんなリースがおすすめ

  • 明るく華やかな雰囲気のリース
  • 季節を感じられる特別感のあるリース

では、それぞれのポイントを押さえながらリースの選び方を具体的に見ていきましょう。

明るく華やかな雰囲気のリース

明るく華やかな雰囲気のリース
お祝いということで、華やかさを感じられるリースを選ぶといいでしょう。例えば、グリーンが中心のシンプルなリースはナチュラルな雰囲気ですが、お祝いのプレゼントにはちょっと地味すぎるかもしれません。そこで、もしグリーンをベースにしたリースを選ぶなら、色とりどりの花や実などで差し色を入れるといいでしょう。また、リボンなどのアイテムを使うことで、可愛らしさや豪華さを演出することもできますよ。

花の色合いは相手の好みを考慮することが大切ですが、全体的に明るさを感じられるものを選びましょう。ブルー系が好きな相手でも、白や水色、紫ばかりではなく暖色を少しだけ差し色に使うと、涼しさに華やかさが加わり、寂しげな印象を明るく変えることができます。

お祝いを意識した色選びを心がけて
白や寒色にこだわりすぎると、法要を思わせるような雰囲気のリースになってしまうことも。
縁起のよいお祝いのためのリースですので、色のバランスには気を付けましょう。相手の好きな花や色を選びつつも、明るい雰囲気を意識してみて下さいね。

季節を感じられる特別感のあるリース

季節を感じられる特別感のあるリース
リースは使用する花材によって、雰囲気がガラッと変わるのも魅力の一つです。そこで、季節の花を取り入れることをおすすめします。また、花だけでなく様々な自然物を使ってみてはいかがでしょう。例えば、秋や冬ならドングリや松ぼっくりなど、木の実を入れることで季節感あふれるリースになりますよ。夏なら、貝殻やヒトデなど、海のものを入れてみたりしても楽しいですね。

特に、お誕生日のお祝いにリースを贈るなら、ぜひ季節の花や植物を使ったものを選んでみて下さい。誕生日の季節の花が入っていると、自分のために選んでくれたことがよくわかりますね。特別感の感じられる素敵なプレゼントになるでしょう。プリザーブドフラワーやドライフラワーなら、好みの季節の花を一年中入手することができますよ。

色合いで季節感を表現するのもおすすめ
花材や植物だけでなく全体的な色合いで季節をイメージすることも可能。
春ならパステルカラー、夏はブルーやイエロー系、秋は暖色、冬はホワイトを基調とするという風に、色で季節を表現してみてはいかがでしょう。
リースはお祝いのプレゼントにぴったり!手作りに挑戦しよう

リースのプレゼントは記念日にもおすすめ!季節のリースを贈ろう

お祝いの気持ちを込めて!リースの作り方

お祝いの気持ちを込めて!リースの作り方
リースは、切れ目のない環状の形からもイメージされるように、永遠の象徴として古くから伝わってきたアイテムです。相手の幸せを願ったり栄光を讃えたりしながら、プレゼントされてきた歴史があります。そんなリースを手作りして、お祝いの気持ちを込めて贈るというのは、とても素敵なことですよね。

でも、リース作りにはセンスが問われるから…と尻込みする方や、素材選びに迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。そのような場合は、他の人が作ったリースの写真や実物を見たりしながら、まずはイメージを膨らませてみることから始めてもいいかもしれませんね。

リース作りは、決して難しくはありません。初心者でも意外と完成度の高い作品を作れますよ。ここからは、具体的なリースの作り方をご紹介していきます。

初心者でも簡単!初級編

初心者でも簡単!初級編
リースを作ったことがない方でも、これからご紹介する方法なら簡単に素敵なリースを作ることができます。まずは材料を揃えるところから始めましょう。どの材料も、手芸用品店などで入手できます。

基本のリースの材料

  • リースの土台…蔓や金属でできたもの。使用したい花材の量に合わせて太さを選ぶ
  • 好みの花材…プリザーブドフラワー、ドライフラワーなど
  • 接着剤…グルーガンが使いやすい
  • ハサミ
  • ピンセット

  • STEP. 1

    土台と花材を用意する

     

    土台は編み目の細かいものを選ぶと、花材が挿し込みやすいです。

    花材は土台に差し込める長さにカットしておきます。あらかじめカットしてあるものを選ぶとラクです。

  • STEP. 2

    花材を土台に配置する

     

    花材を接着する前に、土台に配置していきます。バランスを意識して並べていきましょう。

    まずは同じ種類のものを全体に配置していき、土台にピンセットで挿し込んでいきます。

    数種類の花を配置して土台が埋まってきたら、残りの様々な花材をすき間を埋めるように挿し込んでいきましょう。

  • STEP. 3

    花材を土台に接着する

     

    リースの配置が決まったら、花材の根元の部分をグルーガンなどで土台に接着していきます。

  • STEP. 4

    完成

こちらの動画は、初心者向けのリースの作り方をご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

リースはお祝いのプレゼントにぴったり!手作りに挑戦しよう

意外と知らなかった!クリスマスリースの飾り方や意味

しっかり手作りしたい!中級~上級編

しっかり手作りしたい!中級~上級編
リースには、全体的に素材を散りばめられたタイプのものだけでなく、「ハーフリース」と呼ばれるリースの半分を花で飾ったタイプのものもあります。おしゃれな雰囲気で、インテリアとしても飾りやすく人気を集めている、ハーフリースをプレゼントするのもおすすめですよ。少ない花材でも豪華に見せることができるというメリットもあります

基本のリース作りを押さえたら、ハーフリースの作り方も見ていきましょう。ここでは、やや難易度の高いリースの作り方をご紹介します。

ハーフリースの作り方

  • STEP. 1

    土台にシナル麻を接着する

     

    ハーフリース用の土台に、シナル麻と呼ばれる素材を接着剤で貼り付けてボリュームを出します。

  • STEP. 2

    花材を挿し込み接着する

     

    使用する花材を適度な長さにカットし、接着剤をつけて土台の太い部分に挿し込んでいきます。

    大きめの花を先に配置し、小さな花はその周りに配置するとバランスがよくなります。

    小花はワイヤーでまとめてから挿すと、ボリュームが出て華やかになります。逆に、房になっている花を1~2輪ずつに切り分けて、散りばめるという使い方もできます。

  • STEP. 3

    リボンやパールなどをワイヤリングして挿し込む

     

    モチーフリボンやオーガンジーリボン、パールチェーンなどをワイヤーで挿し込むと、ボリュームが出て華やかな雰囲気になります。パールピックなどもお祝いにぴったりですね。

  • STEP. 4

    土台の花材が配置されていない部分にリボンを飾る

     

    レースリボンなど、リースの雰囲気に合ったものを選び、片側のみに結んで飾るとおしゃれです。

  • STEP. 5

    完成

こちらの動画で、具体的な作業内容がわかります。ぜひ参考にしてみて下さい。

まとめ

お祝いのプレゼントに、手作りのリースを贈るのはとても素敵なことではないでしょうか。立派な既製品も華やかで見栄えがしますが、味のある手作りのリースは、親しい間柄の人にとって世界に一つだけの心のこもったプレゼントとなるでしょう。

華やかなリース、季節を感じるリース。大切な人の好きな花がたっぷり入ったリース。どんなリースならお祝いの気持ちが伝わるか、まずはイメージしてみましょう。素材を集める作業も、心がワクワクするものですよ。ぜひ、気軽にリース作りを楽しんでみて下さいね。

この記事のまとめ

  • リースは縁起のよいアイテムで飾りやすく管理も簡単なため、お祝いのプレゼントにぴったり
  • お祝いにふさわしい明るく華やかな雰囲気、季節感を意識してリースを選ぼう
  • リース作りは意外と簡単!好みの花材を選んで楽しみながら作ろう

Related Articles

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

贈る相手を意識して。大切な人に贈る花束の選び方

贈る相手を意識して。大切な人に贈る花束の選び方

どの色をプレゼントする?ガーベラの色別の花言葉と素敵な贈り方

どの色をプレゼントする?ガーベラの色別の花言葉と素敵な贈り方

目次

ショップ掲載について

New Articles

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

東京ミッドタウン日比谷「HIBIYA BLOSSOM 2021」のご紹介<br>2021年3月26日(金) 〜 4月18日(日)

東京ミッドタウン日比谷「HIBIYA BLOSSOM 2021」のご紹介
2021年3月26日(金) 〜 4月18日(日)

【30代女の暮らし】センスがなくてもだいじょうぶ。|暮らしのVlog|

【30代女の暮らし】センスがなくてもだいじょうぶ。|暮らしのVlog|

Populer

1

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

2

知らないと損!チューリップの切り花を長持ちさせるコツとは?

知らないと損!チューリップの切り花を長持ちさせるコツとは?

3

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

4

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

5

花屋での独立開業後の平均年収って一体どれくらい?

花屋での独立開業後の平均年収って一体どれくらい?

6

ポプリとサシェの違いとは?香りを楽しむアイテムの活用法

ポプリとサシェの違いとは?香りを楽しむアイテムの活用法