Interview

中野 真弓(なかの まゆみ) 「フラワーサロン HANARA-ハナラ-」主宰

お花の持つ「癒しややすらぎ」といった魅力に、沢山の人に触れてもらいたい

ライフスタイルに変化があり、ご主人の故郷である奈良へ転居した中野真弓さん。
引っ越しを機に、以前から興味を持っていたお花の勉強を始め、寛げる自宅兼サロン「HANARA-ハナラ」(奈良県宇陀市)をオープン。資格取得のための教室や、単発レッスンを開催し、お花の持つ魅力を伝えるために活動なさっています。

フラワーサロンHANARA-ハナラ-を主宰する中野真弓さんに、お花にかける思いや取扱のコツをお伺いしました。


「お花」に触れることで元気を出してもらいたい

主人の転勤が決まる前に、2人の子どもを出産し育児休暇を経て仕事に復職しました。けれども、2人の育児と家事の両立で日々の生活に追われ、趣味はおろか毎日の生活で精いっぱい。余裕のない日々の中で、お花に魅かれるようになったんです。

転勤を機に退職をし、「好き」を仕事にするためにフラワーアレンジメントの教室へ通い始めたのが35歳の時でした。1年間教室に通い資格を取得し、教室を立ち上げて5年目を迎えます。

教室名の「HANARA-ハナラ-」は、「花」と「奈良」を掛け合わせた造語です。地域の方に、「お花」に触れることで元気を出してもらえたら…。そう思って名づけました。


プリザーブドフラワーの魅力に触れて

私がお花に携わることになったのは、プリザーブドフラワーがきっかけです。枯れないという大きなメリットがあって、お手入れが簡単なんですね。「これ、凄く良い!」と思って、魅力を沢山の人に伝えたいと思ったんです。忙しいとお花のお手入れをする時間がゆっくりと持てない方も多いと思うのですが、プリザーブドフラワーなら水替えが必要ない。プレゼントしても喜ばれるし、長く楽しんで貰うことができます。

お手入れはほとんどいらないのですが、水気を嫌うので、水回りには置かない方が良いですね。それと、直射日光も色あせてしまうので避けるのが無難です。濃い色合いのお花の場合、白い壁にお花が触れると色移りすることがあるので注意が必要です。

レッスンに足を運んでくださる方は、お花の取り扱いをご存じない方も多くいらっしゃいます。アレンジメントに関することだけではなく、こうしたお花に関する知識もお伝えすることで、よりお花を身近に感じて頂きたいです。


お花を飾るのが「こんなにも心癒されるものだ」ということ伝えたい

コロナ禍で、お家にいる時間が長くなったので、お花と人との距離がぐっと近くなったと思います。お花を飾るのが「こんなにも心癒されるものだ」ということを、レッスンを通じて感じて頂きたいですね。単に貰ったものを飾るのではなく、自分でアレンジして作ると見え方が違うんです。

また、自分で作った分愛着も凄く沸きます。「手作りしたお花」というのは魅力がグッと深まると思います。今後も、手作りの楽しさをレッスンで伝えて行きたいです。

生徒さんで、レッスンで学んだことを自宅で再現してみる方もいらっしゃるんですよ。自分で生花をドライフラワーにして、アレンジを楽しんだり。学んだことを自分でいかせるのも、フラワーサロンのレッスンの魅力のひとつです。


しっかりとした技術が身に付く「資格取得コース」と
単発レッスンで人気を集めているクリスマスリースのレッスン

資格取得コースは内容が充実していて、プリザーブドフラワーをふんだんに使ったアレンジに挑戦します。ブライダルブーケを作る技術を身に着けることができます。しっかりした技術を身に着けたい人におすすめですね。

合格すると講師を名乗れるだけではなく、材料屋さんとの取引が出来る様になります。半値で材料を仕入れられるので、開業やネット販売をお考えの方にはメリットが大きいです。自分自身で活動したい方におすすめです。

また、1年を通して1番人気を集めているのがクリスマスリースのレッスンです。お正月のしめ縄飾りも人気がありますね。縄から編むわけではなく縄にお花の飾りをつけて行くので簡単です。単発レッスンは、ベースとなるシーズナルなものがありますが、それに加えてリクエストやトレンドも取り入れています。

最近だとコロナ禍でオンライン会議が増え、壁を華やかにするためにドライフラワーのスワッグが注目を集めているのです。こうしたトレンドを取り入れたりご紹介することで、「花のある生活がより身近になってほしい」と思います。


お子様連れも歓迎しています

レッスンに、お子様を連れて来てくださる方は1~2割くらいでしょうか…。赤ちゃんを抱っこして来る方もいらっしゃいますね。赤ちゃんがいると自分の時間を持ちにくいですよね。そういう方にこそ楽しんでいただきたいと思います。

子どもの頃から花に触れるのは、情操教育のためにもとても良いと思うんです。私自身の子も、一緒にレッスンをすることもあるのですが、今は上のお姉ちゃんよりも下の男の子の方が興味を持ってくれています。「お花の水やり、どうしようか」って声をかけてくれたりするんですよ。

子どもって、即決即断なんです。アレジメントでも、大人だと難しく考えてしまうけど、子どもは決めるのが早いんです。(笑)パッと決めていくのに、出来あがると本当に素敵な作品になるんですよ。


色んな方がお花に触れるきっかけを提供していきたい

嬉しいことに、生徒さんの中でも自分で作品作りを楽しむ方が増えてきてくださって。「私でもこんなに素敵なアレンジが出来るんですね!」という生徒さんの声を聞いたときに、この上ない喜びを感じます。生徒さんが作った作品をより多くの方に見て頂きたいので、今後は作品展やイベント出店などもしてみたいと思います。

それと、お花って女性のイメージが強いかもしれませんが、男性でもお花好きの方もいらっしゃるので。老若男女を問わずどんな方でも楽しめるように、自宅レッスンだけではなくイベントでの単発レッスンなども行いたいですね。

お花に触れることで癒しになるので、老人ホームとかでもレッスンが出来る様になれば良いなと思います。年齢や性別にとらわれずに、色んな方がお花に触れるきっかけを提供していきたいです。


コロナ禍で変わったことはありますか?

レッスンは予約制なので、密にならないように調整しています。新型コロナウイルスの感染防止のために、マスクを着用し、入り口でアルコール消毒、窓を開けて換気もしています。以前はレッスン後にお茶とお菓子をお出しして、参加者の方とティータイムを楽しんでいたのですが、コロナ禍が落ち着くまでは中止です。

HPにスケジュールを掲載しておりますので、気になった方はそちらをご確認くださると嬉しいです。

また、コロナ禍や遠方の方のためにお家でアレンジメントを楽しめる「手作りキット」をブログで販売しています。興味をお持ちの方はこちらもあわせてご利用ください。


中野 真弓(なかの まゆみ)

「フラワーサロンHANARA-ハナラ-」主宰

ご主人の転勤を機に、花の勉強を始め、FEJ認定講師を取得。
2016年9月に奈良県で自宅兼フラワーサロンをオープン。
各種コンテスト入賞歴あり。
花の持つ魅力を多くの人に伝えるため、多彩な活動に取り組んでいる。

フラワーサロン HANARA-ハナラ

奈良県宇陀市

TEL:090-9151-8445

WEB

Instagram

ショップ掲載について

New Articles

観葉植物のある暮らしのモーニングルーティン

観葉植物のある暮らしのモーニングルーティン

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

可愛くて長持ち!プレゼントにもおすすめなプリザーブドフラワーのアレンジメント

東京ミッドタウン日比谷「HIBIYA BLOSSOM 2021」のご紹介<br>2021年3月26日(金) 〜 4月18日(日)

東京ミッドタウン日比谷「HIBIYA BLOSSOM 2021」のご紹介
2021年3月26日(金) 〜 4月18日(日)

Populer

1

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

その花まだ捨てないで!しおれた花の復活方法をチェック

2

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

初心者の方におすすめ!少ない花で簡単おしゃれに飾る方法

3

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

バラってこんなに持つの?簡単に切り花を長持ちさせる方法

4

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

生花の正しい生け方とは?花を生ける上での大切な基本を紹介

5

花屋での独立開業後の平均年収って一体どれくらい?

花屋での独立開業後の平均年収って一体どれくらい?

6

ポプリとサシェの違いとは?香りを楽しむアイテムの活用法

ポプリとサシェの違いとは?香りを楽しむアイテムの活用法